2017年 03月 30日

Top 100+ Classical & Heritage Restaurants 2017

e0254271_12010100.jpg
 OADが昨年に新設したランキング、「Les Meuillers Restaurant Classiques et d'Histoire」。2017年版が発表されている。
 特徴は、眺め渡していて、ホッとするというか落ち着くところ(笑)?

 リスト、昨年のトップ100から大幅な変化(10位以上)があった店には↑↓マークを打った。
 …が、それ以上に、2年目のこのランキングは、まだ、ジャンルの「定義の模索」中、なようだ。
 『昨年は「古い店」リストだったが今年は「新しくない店」リスト』、みたいな感じ(それも結構あたらしい店入ってるし)。
 それと、昨年はこのランキングにもアジア・アメリカの店を入れていたのだが、今年は欧州限定にしたようだ。

01 Hôtel de Ville – B. Violier ↑
05 Waldhotel Sonnora
07 Le Cinq ↑
08 Alain Ducasse- Louis XV
09 Ibai ↑
10 Schwarzwaldstube
11 Guy Savoy ↑
e0254271_15063838.jpg
13 Pic ↑
14 Restaurant Bareiss ↑
15 Hof van Cleve ↑
17 Elkano ↑
18 Bras ↑
19 Lameloise ↑
20 Alain Ducasse au Le Meurice
21 Restaurant Heinz Winkler
22 Le Petit Nice ↑
23 Cheval Blanc ↑
24 Epicure ↑
25 Da Vittorio ↑
29 La Bouitte ↑
31 D'Berto ↑
32 Gordon Ramsay ↑
33 La Pergola ↑
34 Patrick Guilbaud
35 Joël Robuchon Monaco ↑
36 La Mere Brazier ↑
37 Al Sorriso
e0254271_22495195.jpg
39 Château de la Chèvre d’Or ↓
40 Taillevent ↓
42 Paul Bocuse
43 Enoteca Pinchiorri
44 Don Alfonso 1890 ↑
45 Tantris
46 Luca Carton ↑
47 Oustaù de Baumanière ↑
48 de Bokkedoorns ↑
49 La Maison Des Bois ↑
50 Château les Crayères ↓
51 Alain Ducasse at the Dorchester
52 Le Manoir aux Quat’Saisons ↓
53 Auberge de l’Ile Lyon ↑
54 Spondi ↑
55 Zuberoa ↑
56 Sea Grill ↑
57 Casa Julian ↑
58 Konigshof ↑
59 El Farallo ↑
60 L’Atelier de Joël Robuchon Paris
61 Kong Hans Kaelder ↓
e0254271_13022110.jpg
62 Akelare ↑
63 Antica Corte Pallavicina ↑
64 Antica Corona Reale da Renzo ↓
65 Dallmayr ↑
66 The Ritz
67 Casa Gerardo ↓
69 Kaia Kaipe ↓
70 Le Gavroche ↑
71 Fischers Fritz
72 Koffman’s ↓
73 Tour d'Argent ↑
74 Santceloni ↓
75 Le Duc ↓
76 L’Ami Louis ↓
e0254271_20305337.jpg
77 Grand Véfour ↓
78 Alain Ducasse at the Plaza Athenee ↑
79 Rias de Gallicia ↓
80 De Lindenhof ↑
83 Apicius ↓
84 Alameda ↑
86 Het Gebaar ↑
87 Le Montrachet ↑
88 L’Atelier de Joël Robuchon London
89 Jacobs ↓
90 Trattoria della Posta ↑
92 Greenhouse ↑
93 Clairefontaine ↑
94 Romano ↓
95 Restaurant Albert 1er ↓
96 Grand Hotel a Villa Feltrinelli ↑
97 Hostellerie de Plaisance ↑
98 Vissani ↑
99 Waterside Inn ↑
100 Lorenzo ↓
101 Domaine de Châteauvieux
e0254271_16002855.jpg
103 Caino ↓
104 Tétou ↓
105 Hélène Darroze at the Connaught
106 Gravetye Manor
108 Falsled Kro
109 Arnolfo
110 Gidleigh Park ↓
111 Lasserre
112 Le Pont de Brent
113 Perbellini ↓
114 Ca l’Isidre
115 Pied à Terre
116 Benoît
117 Il Pellicano
118 Wolseley
119 Rico’s Kunststuben
120 Combarro
121 Zafferano
122 Osteria del Pomiroeu
123 L’Atelier Etoile de Joel Robuchon
124 Bastide de Capelongue
125 Le Chabichou ↓
126 Le Chalet de la Forêt ↓
127 La Rive
128 Bastide St-Antoine
129 Haerlin ↓
130 Echaurren ↓
131 Miramonti l’Altro ↓
132 Bacon ↓
133 Le Moissonier ↓
134 La Rosetta
135 Gener Neuv
136 Splendido
137 Schloßberg
138 Guido
139 Nobu London
e0254271_18153468.jpg
141 Varoulko ↓
142 Passadis des Pep
143 Hispania ↓
144 Botafumeiro
145 Rekondo
147 Josy-Jo
148 Da Fiore
149 Ivy
150 Sa Nansa
151 O’Pazo
152 Anne-Sophie Pic au Beau Rivage
153 Wilton’s
154 L’Amphitryon ↓
155 Casa Vicina
156 La Trota
157 Schwarzer Adler
158 Jules Verne
159 Rules
160 Restaurant-Hotel Obauer
161 Grand Hôtel du Lion d’Or
e0254271_14125564.jpg
163 21 Rue Mazarine
164 Taverna del Capitano
165 Il Desco
166 River Café
167 Dominique Bouchet
168 Antica Osteria Cera
169 Dolce Stil Novo
170 Quattro Passi
171 Le Dôme ↓
172 Balzi Rossi
173 Joséphine "Chez Dumonet"
174 Antonello Colonna
175 Seafood Restaurant, The + Rick Stein's
176 Cocchi
177 J. Sheeky
178 Imàgo (Hassler Rooftop)
179 Paolo e Barbara
180 Walnut Tree Inn
181 Sadler
182 La Beaugravière
183 Il Cascinalenuovo
184 Il Convivio-Troiani
185 La Trainera
187 El Capriccho
188 Laurent ↓
189 La Tupina
190 La Colombe d’Or
191 Goring
192 Colline Ciociare
193 Casa Lucio
194 Kronenhalle
195 Zalacain
196 Restaurant Elckerlijc
197 a'Riccione
198 Hunan
199 Diana
200 Casa Urola

 まあ、細かく「リスト鑑賞」すると、それなりに面白い。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー・ラトゥール[1999]【RCP】【wine】
価格:75600円(税込、送料無料) (2017/3/30時点)


LoDoc

AQ! / Lo.doc 【CD】 【送料無料】
価格:2,500円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-30 14:14 | OAD | Comments(0)
2017年 03月 29日

2017 Top 100+ Asian Restaurants

e0254271_20053254.jpg
 Steve Plotnicki率いる投票制ランキングOAD。

 え~と、この括りは初めて?…だっけ?
 2016は、
Japanese / Fresh List / Classical & Heritage / U.S. Restaurants / European Restaurants
 の5部門…だっけ?

1 Sushi Saito Tokyo, Japan
2 Matsukawa Tokyo, Japan
3 Ultra-Violet by Paul Pairet Shanghai, China
4 Kyo Aji Tokyo, Japan
6 Miyoshi Kyoto, Japan
7 Tenzushi Kyomachi-ten Fukuoka, Japan
8 Ogata Kyoto, Japan
9 Kimoto Kobe, Japan
e0254271_01031052.jpg
11 Ishikawa Tokyo, Japan
12 Waku Ghin Singapore
13 Sushi Sawada Tokyo, Japan
15 Kitcho Arashiyama Kyoto, Japan
16 Robuchon Au Dôme Macau
17 Yoroniku Tokyo, Japan
19 Azaby Yukimura Tokyo, Japan
21 Jade Dragon Macau
22 Lung King Heen Hong Kong
23 Aragawa Kobe, Japan
24 Sushi Mitani Tokyo, Japan
25 Ta Vie Hong Kong
26 Eight, The Hong Kong
29 Hashiguchi Sushi Tokyo, Japan
30 Ryugin Hong Kong
31 Kohaku Tokyo, Japan
35 Sushi Sho Tokyo, Japan
e0254271_12154154.jpg
39 Shima Tokyo, Japan
42 Morikawa Tokyo, Japan
43 Tori-Shiki Tokyo, Japan
44 Sushi Yoshitake Tokyo, Japan
45 Sugita Tokyo, Japan
47 Nakahara Tokyo, Japan
48 Sukiyabashi Jiro Tokyo, Japan
50 Nakamura Tokyo, Japan
51 7 Chome Kyobashi Tokyo, Japan
53 Nakashima Tokyo, Japan
54 Harutaka Tokyo, Japan
57 Amber Hong Kong
58 Fu He Hui Shanghai, China
59 Aragawa Tokyo, Japan
60 Mikawa Zezankyo Tokyo, Japan
61 Pierre Singapore
62 Kadowaki Tokyo, Japan
63 Ajiman Tokyo, Japan
65 Sushiso Masa Tokyo, Japan
66 Wagyu Takumi Hong Kong
67 Sushi Shikon Hong Kong
68 Kurogi Tokyo, Japan
69 Kabuto Unagi Tokyo, Japan
70 Ifuki Kyoto, Japan
e0254271_22061779.jpg
74 Kawamura Tokyo, Japan
75 Jungsik Seoul, Korea
76 Sushiya Tokyo, Japan
78 Kikunoi Kyoto, Japan
79 Ginza Koju Tokyo, Japan
80 Kichisen Tokyo, Japan
82 Jaan Hong Kong
83 Sushi Tokami Tokyo, Japan
84 Kahala Tokyo, Japan
85 Joel Robuchon Singapore
86 Sukiyabashi Jiro Tokyo, Japan
87 Seizan Tokyo, Japan
88 Man Wah Hong Kong
91 Chairman, The Hong Kong
92 Suzue Kyoto, Japan
93 Sushi Nakamura Tokyo, Japan
94 Shinji By Kanesaka Singapore
95 Obana Tokyo, Japan
e0254271_20253139.jpg
97 Koryu Osaka, Japan
98 Ukai-tei Ginza Tokyo, Japan
99 Kanda Tokyo, Japan
100 8 1/ 2 Otto E Mezzo Hong Kong
103 Sushi Kaneseka Tokyo, Japan
104 Ginza Okamoto Tokyo, Japan
105 Tin Lung Heen Hong Kong
106 Sushi Kiyota Tokyo, Japan
107 Mott 32 Hong Kong
108 Sugalabo Tokyo, Japan
109 Dons de la Nature Tokyo, Japan
110 Don Alfonso 1890 Mac au
112 Taian Osaka, Japan
114 Hiyama Tokyo, Japan
115 Nodaiwa Tokyo, Japan
118 Ho Lee Fook Hong Kong
120 Toricho Tokyo, Japan
121 JG Tokyo Tokyo, Japan
e0254271_644397.jpg
123 Sushi Takumi Shingo Tokyo, Japan
127 Sushi Tokami Hong Kong
128 Caprice Hong Kong
129 Kikunoi Tokyo, Japan
130 Ginza Okuda Tokyo, Japan
131 Yat Lok Hong Kong
133 Yanagiya Gifu, Japan
134 Sushi Dai Tokyo, Japan
135 Makino Tokyo, Japan
136 Kyubey Tokyo, Japan
139 Tate Dining Room Hong Kong
140 Jumbo Tokyo, Japan
142 Da Dong Beijing, China
143 Mr. & Mrs. Bund Shanghai, China
146 Tapas Molecular Tokyo, Japan
147 Ristorante Aso Tokyo, Japan
148 Otomezushi Kanazawa, Japan
149 Sushi Iwa Tokyo, Japan
150 Gunthers Singapore
151 22 Ships Hong Kong
152 Jean Georges Shanghai, China
153 l' Equator Tokyo, Japan
154 Wakuden Kodaiji Kyoto, Japan
e0254271_193288.jpg
157 Zi Yat Heen Hong Kong
158 L'Atelier de Joël Robuchon Tokyo, Japan
159 Sushi Gyoten Tokyo, Japan
160 L'Atelier de Joel Robuchon Hong Kong
161 Umi Tokyo, Japan
162 Sung Tung Lok Hong Kong
163 Gion Sasaki Kyoto, Japan
164 La Bombance Tokyo, Japan
165 Sushi Takahashi Tokyo, Japan
166 Odette Singapore
167 Sushi Tanabe Sapporo, Japan
168 Twenty Six by Hong Kong
169 Ginza Shimada Tokyo, Japan
170 Ginza Toyoda Tokyo, Japan
e0254271_2292043.jpg
173 Sushi Ichi Tokyo, Japan
174 Summer Palace Beijing, China
175 Ah Yat Harbour Hong Kong
176 Goryukubu Tokyo, Japan
177 Imahan Tokyo, Japan
179 Makimura Tokyo, Japan
182 Family Li Imperial Shanghai, China
183 Above & Beyond Hong Kong
184 Sushi Masuda Tokyo, Japan
185 Gaddi's Hong Kong
186 Celebrity Cuisine Hong Kong
187 Hatsunezushi Tokyo, Japan
189 TimsKitchen Macau
190 Fish School Hong Kong
191 Yee Tung Heen Hong Kong
192 Cafe Gray Deluxe Hong Kong
193 Sushi Arai Tokyo, Japan
194 Jade Palace Singapore
e0254271_0235921.jpg
196 Ishibashi Tokyo, Japan
197 Sushi Osamu Tokyo, Japan
198 Daisan Harumi Sushi Tokyo, Japan
199 Bird Land Tokyo, Japan
200 Tim Ho Wan Hong Kong

 なんつーか、OAD的プレゼンス♪…って感じはよく出てる。…ってアタリマエか(^^;)。

 特徴は、誤植が多い(^^;)。とりわけ日本語版。どーしてもオールドタイマーは「やる気あんのか、オマー」…ってまず思ってしまうレベルだが、まあ今は世の中のジャーナリスティックなコンテンツ全体が「廉価劣悪」化する理屈になっている以上、「そんなもんだべ」と言わないといけませんか。

 …あとは、ま、しかし、ボソッと言えば、ま、昨今酒席などで誰かがよくボソッとこぼし出したりするけど、「今って世界Sushiバブルですよねえ」「そうだね~」(^^;)。って。
 まあ、イイんだけど、ぶっちゃけ予約の取れない鮨店の名前とか、つい読み飛ばしてしまうっていう…ヽ( ´▽`)丿


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




[PR]

# by aqishii | 2017-03-29 23:04 | OAD | Comments(0)
2017年 03月 28日

やっ千葉ったな! (6)

 連休の話。
-------------------

e0254271_14541412.jpg
 *棒々鶏
 *熊本産天然真鯛のカルパッチョ
 *岩手産牡蠣の甘酢唐辛子炒め
 *下関団扇海老のチリソース
 *ベルギー産鴨むね肉とうど・こごみの醤油炒め
 *佐賀産ホワイトアスパラの佐渡産黒鮑の肝ソース
 *佐渡産黒鮑の醤油煮 うるい添え
 *勝浦産金目鯛と香川産ロメインレタスの水煮
 *陳麻婆豆腐 ごはん
 *杏仁豆腐
 +凍年紹興貴酒陳年五年
 +茶

 九十九里浜をうろつく千葉旅行も終わり、東京に帰る晩。
 まあしかし、夕食は普段来ない千葉県内で食べていきましょうよ。
 で、江戸川区〜千葉市くらいをググる。
 で、何となく目に止まったのが、幕張本郷の四川「蔓山」さんである。

e0254271_15084113.jpg
 幕張本郷…見当つかない(^^;)が、幕張の隣(笑)。総武線で千葉駅から5つめ。
 この駅、かなり大規模な車両基地があり、長〜い跨線橋がかかっているような作り。…なので、独特の雰囲気。鉄の香り。または、昔のATG映画のような。
 様々な列車の止まってる上の橋を渡るのに多少の時間はかかるのだが、蔓山の立地自体は、ジャスト「駅前」と言える場所。

 小ぶりな店舗、店内はなかなかスマート。
 黒板に並ぶ本日オススメ料理が粋で、これは期待が持てる・悩ましい…みたいなとこだが、フフフ、今夜の我々は事前にオマカセでお願いしてある。
 ビールで乾杯してるとご主人が出てきて、ご挨拶と本日料理の説明・確認。
 電話での簡単なリクエストの意を汲んでいただけたようで、“楽しみなラインナップです・その通りお願いいたします・ヒアウイゴー!”

e0254271_15091407.jpg
 まずは、棒々鶏。…なんかランブロワジーのアミューズみたいなサイズだな。
 香りにゾクっとする切れ味があって、クラクラと引き込まれる。骨付なのがいい。

 熊本産天然真鯛は3日の熟成で頃合いよろしく中華刺身。

 岩手産牡蠣はとても大粒で、それがオーソドックスな衣揚げ甘酢炒めにピッタリ。
 牡蠣の中から湧き出る精がスウっと絡め取られて一体となる。

 お次がなんとウチワ海老で、チリソース。青菜。
 いかめしい顔の殻付きで登場。ご主人が「伊勢海老より好き」と言う魅力をいかんなく発揮。
 ソースは和式中華チリソースとは関係ない本格仕立てで、よく機能する。

 鴨・山菜炒め、この「独活と鴨」は、「!」。香りの相性に小躍りしたくなる。こんなん、有ったか!
 コゴミもナイスアシスト。

e0254271_15095133.jpg
 趣向の一品、白アスパラの鮑肝ソース。
 綺麗な仕立ての下で、山菜的な春の強さがのたくる。
「皮の剥き方をギリに抑えて持ち味を残して、、、人によっては、食感が触るよ、って言われちゃうくらい、で(笑)」

 ウオッホ! はっ! 絶品の鮑蒸し煮。最低限の調味料と、あとは鮑自身の煮汁から。美味。
 後の水煮もそうだが、ご主人は「中華スープは使わない」…という点を強調する。
 ごった煮的な味の濁りを避ける、と言う。
 四川料理の料理理論や精神は尊重するけど、「中国人がやってるから」「現地でやってたから」「教わったから」という理由だけの料理はしない、と言う。
 この湯のハナシは、ボクらも多くの部分、賛同でござる。
 ピュアでウルっと艶めく鮑の下に敷いているのは、ウルイ。なんて品良くウマイのだろう。
 なんか、このヒト、すげーな♪

「(電話で)本格四川料理っぽいのも、と言ってらしたので…」水煮…を、金目鯛で。水煮金目。
 これが、水煮のコアを備えながらピュア、金目鯛の旨味(また、沢山使ってくれて)がどーんとあって、ビビる(笑)。
 うまいなあ。
 もうね、辛味も相当にはあるんだけど、スープとして飲んじゃうんだわ。
 結局、次の麻婆+ごはんまで居てもらって、スープとして。
 また、ロメインレタスを使ってるのが、びっくりするくらいナイス。これは合う。

e0254271_15103580.jpg
「辛くないですか?」とマダムが不思議な顔で聞く(笑)。いや、多少…はね、と笑う。
 そういえばこれより前、マダムは不思議な顔で我々に聞いたものだ。
「お客さん、ウチ初めてですよね? なんでいきなりオマカセ特撰コースなんですか?(笑)」
 “ほら、だって、こんなにウマイじゃん”…とこの時点なら言うけど(^^;)、まあ、何でだろう。
 なんかね、お店のサイトを睨んでいたら、フトそんな気になったんだけどねー。
 んー、オレらもベテランだからねー、勘が働く時は働くのさ(^^;)。
 “何かピーンと来て”…、正解♪

 量的にはストロングなコースで、ご主人も「アレま、よく食ったね~」と笑ってるが、大団円の麻婆豆腐はそれでもズンズンと消えて行く(笑)。具合は聞いてくれて「辛みだけ、激辛よりはちょっと手前で」お願い、だっけかなあ。
 腰が入ってるけど、綺麗なので進みやすい。「ごはん要りますか?」には「勿論!」な、麻婆。

 杏仁豆腐、品良くリフレッシュ。

 ちょっと変わったノリのおもろい主人だけど、料理は驚くほど凛々しい。品格があって、誘惑性が高い。うりうりうり~♪
 首都圏の、四川&四川インスパイアドの中でも気の合う一軒だ。ウチからは阿呆みたいに行きにくいが(^^;)。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

陳年 紹興貴酒15年 壺 3000ml
価格:13980円(税込、送料別) (2017/3/29時点)


el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-28 15:07 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 03月 25日

やっ千葉ったな! (5)

 連休の話。
-------------------

e0254271_03111213.jpg
 なんかね、苺狩りらしいよ♪
 …と、へべが言う。3月の千葉、は、そうらしい。
 ははあ、なるほど。爆心地は同じ山武市内、成東近辺らしい。松尾にも数軒ある。
 よっしゃよっしゃ、と成東に向かってみる。
 相葉苺園というのが評判なので行ってみる。…「本日閉園」。アレ?
 順子の苺園…ってのも評判なので行ってみる。…「終了」。アレレ?
 …そか! 今日は3連休の3日目。人気の苺園は“食い尽くされて”しまったようなのである(^^;)。
 あらまコレは、急がねば。

 順子の近くの緑川苺園が規模があるようで、営業中。こにゃにゃちわ。
 ハウスが10棟ほど。「案内の指示する棟に入ってくださいね」
 緑から滴る赤い可愛うい奴! 紅ほっぺからいただいていく。…わ、ウマ♪
 苺狩りって、すんげー久しぶりだけど、直に食べるの、美味い。やっぱ、酸の質が、違う気がする。軽くてよく通る酸。その辺りは輸送で消えやすいのかもしれない。
 続けて、章姫・やよい姫・チーバベリーをいただく。
 案外(?)好きなのが章姫。タイプだわん。
 チーバベリーは千葉の期待の星(なんと本格デビューは今年!)。大粒なのだが、甘・酸もバランス良い。遠隔に運んでもこの特質が残れば、かなりイケるんじゃなかろか。原型は、みつるx章姫…だそう。

 ま、まだ品種はあるのだが、数パック分?いただいて満足。苺園を後にする…と受付を見ると「本日終了」の札。
 あ、危なかったぜい(^^;)。

e0254271_03123404.jpg
 道の駅でも行ってみべか。
 「道の駅 オライはすぬま」
 …オライ、ってわかりますw? 承前…でワタシは千葉語を解すので、オライったらオライってわかるけど。ココナイ、ったらココナイだし(笑)。
 オライは「俺ん家」のこと、となります♪ ココナイだったら「此処の家」。ちなみに、この辺りは女性1人称もけっこう「オレ」です。
 オオコエオオコエ、とか、アンダオッカ、とか、アニスッダエエ、とか、コラニメシカース、とか、千葉語はどん臭くてよろしいのだ(^^;)。
 フロニシーツケル、とかも言うけど、これは東京語も同じ…と東京&千葉のバイリンおやぢのワシである。ヽ( ´▽`)丿

e0254271_03144322.jpg
 ナガラミに海水ねぎ(だいぶ知られてきたけど、海水ぶっかけて育てた葱。ここだと安い)に鰯ごま漬。
 手がのびかけるが、レンタカーはいいけど帰りは歩きじゃと思うとタイヘンなので、目の保養に留める。
 何か食おうかとも思ったが、レストランはすごい列。…ってか、駐車場も溢れて臨時駐車場がオープンしてる。人気あるなあ、、、

 で、次に向かうは、九十九里ハーブガーデン。山武市界隈をうろちょろうろちょろ。
 こっちも人出だが、レストラン行列は短め。ハーブを眺めながら待つ。
 九十九里オーシャンの今日はスタウト、それに浅利ソーセージにポテトフライ…と親父セットw。ドライバーは水(^^;)。
 なかなか広大なジャルダン。砂地…ハーブは基本、つおいな。
 果樹系か、桜が咲いてる。兎もいる。子供だましの遊具もある。

e0254271_03151677.jpg
 一服、珈琲を決めに行く。
 成東のブルームコーヒー。マットに「since 2016」と書いてある、若い店。若いオニーチャンがやってる。
 モダン・まったり系、で、だらんだらん♪

 さて帰ろう。
 途中、落書きがえらくカッコいい倉庫(?)など、あり~の。
 四街道近くは、渋滞箇所が少なくない。
 なども含め、ほぼ予定時間にレンタカーを返す。



el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-25 03:13 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 03月 24日

やっ千葉ったな! (4)

 連休の話。
-------------------

e0254271_15543036.jpg
 夕飯は松尾のウシマルである。
 今回の千葉の旅のメインの眼目となるイタリアン・リストランテ。

 千葉の片田舎に面白い店がある、と聞いたのは、実はけっこう前。
 (…いや、いきなり片田舎とかド田舎、って言葉は普段使うもんじゃないが、以後おわかりのように今回は…(^^;))
 へえ…と思ったのだけど、場所を聞いてクラっ、ときた。
 松尾かよ!? (オールドファンには、松尾嘉代?)
 千葉県山武市松尾町木刀。地図で見ると、そう、松尾の隣町にあるウチの亡母の実家から歩けるような場所なのである。
 何せ母親の実家だから、ワタシも小学校の夏休みなど何週間も避暑に来ていたエリアで、光町から栗山川を渡ればすぐ松尾…で遊んでいたのである。
 実はもっと言えば、ワタシ自身、母親の「里帰り出産」なので「出生地」という言い方をすれば、隣の横芝の病院なのである。(生後1週間しかいなかったので、自分は知ったこっちゃないが(^^;)。しかも藪で、出産時に片目の視力を失っているので、ワタシにはあまりいい縁ではないがw) この病院もウシマルから歩けるような距離だ。
 まあそんな訳で、自分にとって「土地勘のある」場所なのだ。
 えーと、『あんなド田舎にイタリアン、だってか!?』…なのである(^^;)。

 松尾だと、まったく付き合いは途絶してるけど遠縁の親戚とかもいるよなあ。
 まあしかし、勘が効く場所というのもナニなものでありまして、ウシマルなんか評判との兼ね合いで言うと、「知らないとこ」だったらもっとさっさと行っていたかもしんない(^^;)。
 ついで…とかがある訳もなく、ボヤっとしてると何時までも行けないねえ…ってことで、今回はわざわざウシマルを訪ねるための旅、をプランしたのでありました。

e0254271_15551836.jpg
 *朝どり伊勢海老の炙り 温かい頭ソース
 *勝浦産黒鮑とその歯 紅大根おろしと鬼おろしソース 香草
 *ヒラツメガニと菜の花のカッペリーニ
 *夷隅産孟宗竹の平目ソース
 *天然椎茸・木耳・金目鯛胃袋
 *牛タルタル・ハム漬黄身・土筆・フロマッジョ
 *金目鯛ウロコ焼・金目鯛白子・自家製柚子胡椒
 *九十九里産北寄貝・トピナンブールピュレ
 *焼き立てパン
 *金目鯛カマ焼 緑ソース
 *メバルのカルパッチョ
 *野菜サラダ 大豆ソース
 *ジャージー牛と富里産豚の炭火焼 自家製柚子胡椒・サルサヴェルデ
 *ホエーのグラニテ
 *鮟鱇のスープパスタ 田芹
 *ミルクアイスとヨーグルト クレームブリュレ
 *黒砂糖
 +九十九里オーシャンビール ピルスナー
 +16 マスカット・ベーリーA / T.S.Wine
 +11 Ch.Roland La Garde (glass)

e0254271_15555616.jpg
 蓮沼海浜公園に隣接する宿は、ウシマルの指定宿(お泊りでしたらこちらへどうぞ)。
 レンタカーで向かう(帰りは代行を呼びます、もウシマルのお勧め)。
 この蓮沼の公園ってのもけっこう古くて、ここのプールには小学生の頃、来てたものだ。ん、約半世紀前か…。
 昨晩のラ・サレッタ同様、畑・田んぼ・畑・畑・牛丸…、である。

 ラ・サレッタのクールさ、にちょい可愛らしさも加わるのがウシマルかな。
 こちらはやや広くて、個室もあるので25席とかありそう。
 シェフ・メートル・マルチな女性…の3人でやられていたので、満席にはしないかなあ/もしくはヘルプ入れるか。かなあ?…くらい。
 最初は「お店から…」で、(道路脇で看板を見て期待してた)九十九里オーシャンビールのピルスナー。
 プハっ。寒菊銘醸のブランド。日本酒醸造んとこのビール、って幾つかあるけど、特有の個性・好みがある気がするねー。

e0254271_15565653.jpg
朝どり伊勢海老の炙り 温かい頭ソース
 常温に近い伊勢海老に対し、頭の味噌は少し温めてあるのが面白い。さすがの身質。

勝浦産黒鮑とその歯 紅大根おろしと鬼おろしソース 香草
 黒鮑、勝浦産キターーー♪ 凄いっす。紫色のおろし。
 鮑本体が何とも優れた食感。温刺身みたいな感じなんだけど、まったく硬さはほぐれてて、しなやか。「どーしてんのコレ?」「企業ひ・み・つ(笑)。いや、フレッシュをすぐ蒸す、とか大事ですけどねー」

ヒラツメガニと菜の花のカッペリーニ
 平爪蟹(マルガニ)はガザミ類。春らしく菜の花と冷製。

 さてワインの方だが、「なんか赤1本、重過ぎないので…」で現れるのが3本。
 パッと見、日本・ブル・ボルドー。
 ここのメートル氏、ちょっとフシギ人間風味(笑)なのだが(某中華のO氏にも似てるのだが)、とくに断りもせず、3本抜栓してしまう(^^;)。
「へ、どーすんの?」「用の無いのはグラスで売りますんで♪」
 で、3杯、お味見。
e0254271_15575280.jpg
 まあしかしここでは「日本」の話をしよう(通例なら我々は暗黙のうちに最初にハズしてしまうがw)
 T.S.Wine。マスカットベリーAなのである。ベリーAだが、とても綺麗にイヤゲない仕上がりになってる。
「ま、裏ラベルをご覧になってください」
 ~齊藤ぶどう園 山武郡横芝光町横芝1074~
 ガビン! 「え、え、え、まさか、、、」
 まさかまさかの、隣町のワインなのである。っつうか、ね、ワタシにとっては出生の地のワインなのである(^^;)。
 いや、まいったね。
 それも、最近…って訳ではなく、since1930のぶどう園で、1938年から葡萄酒を作っているそう。ってことは、小学生のワシがきゃーって走ってた頃もワインを作っていたんだねー。(思えば、とても遠縁の親戚が、成東あたりで生食の葡萄は作ってたっけなあ)
 聞いてなかったよー。ま、ウチ、この辺の母方の親戚ってほぼ全員、アルコールが弱いのだ。饅頭食って宴会してたものだ。そのせいもあるかも。(東京の父方は大酒なんだけど)
 このマスカットベリーAを飲まないわけには、いかんでしょ♪ (ちなみに人気があって、値段は安いのだが入手はかなり困難らしい。千葉県唯一?のワイナリー)

e0254271_15585846.jpg
夷隅産孟宗竹の平目ソース
 春、ちょっと期待してたがここでタケノコ! 千葉は筍、多いのだ。
 平目をソースにしてしまう贅沢で。

天然椎茸・木耳・金目鯛胃袋
 昨日に続き椎茸フェスだが、この取り合わせはラヴ♪ 誘惑のひと皿。

牛タルタル・ハム漬黄身・土筆・フロマッジョ
 土筆イイよなあ、この土筆は畑から。「道端のは可愛くても問題ある?かもしれないですから(笑)」
 ハムに漬けた…みたいなこと言ってたけど、黄身が働く。

金目鯛ウロコ焼・金目鯛白子・自家製柚子胡椒
 先ほど胃袋が先触れで登場していたが、今宵のスタアは金目、ウマ。
 温かい焼身、常温に近い白子、冷た~いお皿。冒頭の伊勢海老もそうだったが、温度感性が細かい。ひじょーに重要だ。
 今でも若干そうだが、日本人はアツアツとヒヤヒヤが好きで、ティエドな中間帯が大雑把な感じがあるのだが、思えば「生温い」帯の温度にも限りなく段階があるのを教えてくれたのは90年代の小林幸司シェフであったことだなあ。…とイタリアン繋がりで思い出す。
 柚子胡椒が自家製、柚子がよく効いておりたいへん機能的。

e0254271_16000179.jpg
九十九里産北寄貝・トピナンブールピュレ
 「北海道だと思ってるでしょ、九十九里もとれるんですよ~」
 菊芋相性もばっちり。

金目鯛カマ焼 緑ソース
 ちゃんとカマも焼いてくれる♪
 「鯛の鯛」「*の*」…の類って、探すと大概あるが今日の「金目の金目」は実に見事!

メバルのカルパッチョ
 ここでメバル? ちょい余計くない?…と思うのは食べるまで(笑)。

e0254271_16015708.jpg
野菜サラダ 大豆ソース
ジャージー牛と富里産豚の炭火焼 自家製柚子胡椒・サルサヴェルデ
 シェフがハーフオープン・キッチンの最前線の炭火で塊肉を焼き出す。いえいっ!
 ちょと面白いのは、今日の客は我々含め3組。ボクらは18時スタートで、次の組が来たのは30分後くらいかな。その次がまた30分後とか?
 …なのだが、どこだろう、金目焼あたりかなあ…の皿から、3組への出しが同期している。同じものが出て行ってる。そして、今は塊肉焼いてる。
 ん~、仮説だけど、コースの長さでスタート時間を調整してるのかなあ。思えば、ボクらは最長コースを注文で、向こうから「18時で」と言われていた。他の2組は、チラ見だけだけど、アタマの方はボクらほどの「皿数」は出ていないように思われる。
 賢い?
 牛豚ともに具合よろしく、またここでも柚子胡椒、さらにサルサヴェルデもいい加減♪
 ベリーAを呑み終わっちゃったので、先ほど抜栓のCh.Roland La Garde (glass)、ピッタリ。メートルの計略に嵌る(笑)。

e0254271_16023929.jpg
鮟鱇のスープパスタ 田芹
 最後がパスタだ。そして調整可能型。現代だね~。
 標準を聞いたら「40g」とのことで、ソレ。
 鮟鱇でスープ型…というのが「巧い裏切り」でスルっといただける。芹がイイ、美味。


ミルクアイスとヨーグルト クレームブリュレ
 口直しのホエーのグラニテも良かったんだけど、この牛乳アイスはぎょえ~ってくらい美味い。
 店のオーナー家が牧畜の方、と言うのは読んではきたんだけど、まあとにかく素晴らしい。物凄くシンプル。
 いやいやお見事、大団円。
 千産千消、面白み、繊細さ、豪胆さ、取り混ぜて3時間を踊る♪

e0254271_16030895.jpg
 いやー美味しかったですヨ、シェフ!
 …ってんで打矢シェフの話をちょっとだけ。
 シェフは、ま、最前線で肉を焼いてる時もあるのだけど、客席には出ず、厨房でもハーフオープンの隠れてる半分にすぐす~っと引っ込んで行く。
 まああまり客と話したりするタイプじゃないんだろうなあ。
 ボクら普段、あまりそのタイプの人を引っ張り出したりしない方なんだけど、此処は聞きたいこともあったので。
 ま、全卓にデザートも出終えたし。
 厨房のシェフに「美味しかったです~、**が、、、」の類を投げかけると、「良かったです」とそれは嬉しそうなんだけど、足元は裏にす~っと、、。いや、ま、ちょっと(^^;)。
 打矢シェフは、新潟の人で、とくにこの辺の地縁では無いそうなのだが、こういう環境では働きたかった…ということのようだ。それは料理によく出てる。
 それと我々、打矢さんとは初対面だけど、打矢さんの使ってる食材とは出会っている。昨年12月に都立大で開店したフレンチ「Fukushima」で福島シェフが「USHIMARUの打矢シェフに貰った深海鮫のパテです」というのを出していたのだ。
 その話を聞くと、「ああハイハイそうでしたか。アレはたしか、カスザメでした」とのこと。
 …と、その時の御礼はあわせ申し上げたかったのでありました。
 また来ます、おやすみなさい♪




septieme

AQ! / septieme 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-24 16:03 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 03月 23日

やっ千葉ったな! (3)

 連休の話。
-------------------

e0254271_20580356.jpg
 快晴。昼は19度になる、との噂。
 バスで茂原駅。茂原~中里海岸は480円、と結構するが、走ってるだけありがたい、ってとこか。
 茂原~千葉。人身事故でこの次の列車は来ないという、ラッキー。この連休は人身事故アナウンス多かったなあ。
 千葉~四街道。寝過ごすと成田空港だw。
 四街道~大日。千葉内陸バス…という堂々とした名前のバス。

 *Gheimeh
 *Tikka Karahi

 さて、なんでワシらは四街道へ、と言うと、この辺がアフガニスタン・タウン化してるから…と聞いたから。
 …と言ったらオーバーで、四街道で400人程度なのだが、中国人より多い最多の外国人がアフガニスタン人だそう。
 自動車解体などしてるそうで、つまり「リトルブラジル大泉」みたいな感じか。最近のワシらの行動で言うと「八潮スタンへパキスタン料理を食いに」…の続編的な。
 (「八潮スタン」は検索にかかるが、「四街道スタン」はまだだ(笑)。語呂が悪いしなあ)

 街道沿い、大日郵便局向かい。
 黄壁に赤い看板。「ペルシア・アフガニスタン・トルコ・インド専門店」…と書いてある。“4つも書いちゃ専門じゃないじゃ~ん”…と一応、ツッこむ(笑)。
 経営側はペルシアらしいのだが、客はほとんどアフガン。らしい。

 ネットでは「日曜昼はアラカルトだけ」になってたが、日曜もランチバイキングをやってた。
 アラカルトもやってるとのことで、カルトから。
 主菜の各ページには上部に国旗が置かれ、何処料理かわかるようになってる。(…が、えーとこの黒っぽいのがアフガニスタン旗だったよな(^^;)状態、だが)

e0254271_20585188.jpg
 注文は、

イラン代表~♪ Gheimeh:A delicious classic cuisine from Iran. トマト・牛肉・レンズ豆・ポテトのシチュー。サフランライスがおすすめ。
アフガニスタン代表~♪ Tikka Karahi:ラム肉のシシケバブ トマトと数種のスパイスが混ぜ込まれ、とても口当たりのよい仕上がり。

 にした。サフランライス(すんごい大盛りで持ってくる。まあしかし後から来る客はみな、バイキングでもごはん超大盛りw)。
 シミジミしたゲイメ。華麗なラムカレーのテイカーカラーヒ。ともに腰がすわってて、うんまい。とくにテイカーカラーヒはグイグイ行ける。
 実にこの、ビールが合いそう…なのだが、メニューにも「HALAL」と大書されたこの店では、酒は諦めましょ~(^^;)。その点は、八潮スタンと一緒。

 12時近くになると、お客さんがどんどん入ってくる。見た感じ、おおアフガニスタンの人だ♪
 面白いのは、ほとんどの人が、入店するとまず真っ直ぐにトイレの前の洗面に行き、丁寧に手を洗う。基本のマナーシステムなんだなあ。それから席取りだが、この店はテーブル席が半分・小上がりの座敷席が半分くらいからなるが、座敷がお好みの模様。
 たまにアラカルトの人もいるが、大概がバイキングで、び~っくりするような大盛りを作っては席に運ぶ。食べ方は、サフランライスに丼的にぶっかけ飯を作る人・カレーの類は別皿に取る人…そこは分かれるようである。

 そういえば、エスニック食堂らしくテレビではインドのミュージックビデオが流れてる…と見てると、ちょっとテイストが違う。
 おお、「.af」じゃん。
 どうも、「Afghan Music Channel AMC」のようだ。

e0254271_21002240.jpg
 まあたしかに、アフガン食堂だ。何かしらんが、満喫した♪
 夜に4人くらいで来れば、色々食べられそうだ。酒、呑めんが(^^;)。

*****

 この後向かうのは山武市方向なのだが、茂原方面と比べてバスの便などが悪い。
 検討した結果、えいやと四街道でレンタカーを借りる。
 まずは食後の珈琲へ。

 四街道で昨年オープンしたカフェがクールそうなので行ってみる。
「コブケコーヒー」
 廃工場とか倉庫の改造なのかな、たしかにモダンな居心地良いカフェ。
 たいへんな人気で、席無いかな?と見えたが何とか滑り込み。
 一服、リフレッシュ。
 四街道駅から歩けそうな場所なのだが、住所は千葉市稲毛区になる。行政区画はわからんものだ(^^;)。

 四街道から山武市に向かう。…と、通りかかるのは八街市。
 元祖、やっちまった市である(笑)。
 八街を通るとなれば、そりゃあ落花生でしょう。
 天日干しの「ますだ」に寄る。
 試食。買物。半立は勿論だが、ナカテユタカも魅力的。
 かなりの数のお客さん。途方もなく大量に買ってくヒトもいる。…仕入れ、かなあ?
 店頭では、近隣農家の名前入りの野菜も多く置かれている。

e0254271_21012076.jpg
 八街と言えば、ウチでは「やちまたよしくら」のピーナッツバターも愛用しているのだが、「よしくら」の八街の実店舗は週休5日で休みなのである(^^;)。
 まあその他も、実店舗には力が入ってないとこは多い。落花生だからなー。

 四街道~八街を走っていると時に目立つのが、重機。色んなタイプの重機基地。
 さすが東京を取り巻く圏、である。
 重機ヲタ萌えな情景の数々。

 八街を越えれば、山武市。
 …なんだが、道を走ってて「山武」の読みが混乱してるぞ、ヲヒ。
 「さんぶ」か「さんむ」か…って、そりゃ「さんぶ」ちゃうんかい。でも、道路標識が「さんむ」だわ、、、
 成東~松尾~蓮沼。太平洋にぶつかった。
 今夜の海辺の宿のフロントで聞いてみる。
「ああ、今はサンムシですねえ。合併して市になった時に、何か変えてみべぇ…と言ってサンムにしたみたいですよ」
 Orz......
 ま、wikiを見ると「サンムの方が元々の古い読み方であるので」って理屈らしい。ただ、施設名や通称地名などには多く「サンブ」が残っている。

e0254271_21015809.jpg
 千葉地理ヲタ的に見れば、ほんとゴチャゴチャ。
 山武「郡」…というのもまだ残っているのだが、こちらはサンブグンだ。
 山武郡は、真ん中の現山武市が抜けてしまったので、完全に飛び地郡になっている。それも主要町であるのは横芝光町…、でも光町って元々は匝瑳郡やん。出鱈目やなあ。
 匝瑳と言えば、昔は妖怪千葉と呼ばれた八日市場市は今は無く、匝瑳市。
 …と、故あってこの辺の土地には明るいワタシだが、この機に見てみるまではまるで謎の行政区画綱引きなのであった。
 泊りの蓮沼は、最後まで「村」だったのだよー。
 まさに九十九里浜の真ん中付近で、でーーっと太平洋がべーーっと広がる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さやいり落花生
価格:1080円(税込、送料別) (2017/3/23時点)


LoDoc

AQ! / Lo.doc 【CD】 【送料無料】
価格:2,500円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-23 21:03 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 03月 22日

やっ千葉ったな! (2)

 連休の話。
-------------------

e0254271_01104352.jpg
 夕食に向かうのは、一昨年にオープンした“隠れ家イタリアン”、「ラ・サレッタ」(小さなお部屋)。
 地図で見るとウチらのホテルから700mくらい?か、これは歩けるんでねーの…とスタート。
 街道沿いに畑・テニスコート・畑…、ですぐ農道(というか畦道というか)に入る。
 丁度、日没時間くらい。どんどん暗くなって行く。「側溝にはまらんようにな!」(笑)
 畑・畑・ハウス・畑。後で聞いたら、でかいハウスは葉モノの水耕なんからしい。
 だいぶ先に灯りが見えてきた。アレに違いない。あの光がラ・サレッタでなければ、俺らは遭難だ(笑)。

 植木に光があたる。エントランス、かっこいい♪ 横手に自家菜園。
 小体で小洒落た内装。まさに「小さなお部屋」…通常、3卓くらいかなあ。
 古ぼけ味の間仕切りがイカシてるんでアンティークかと思ったら、大工ワザだそう。洒落た親方だそう。トイレの扉などはリアルアンティーク。
 この小さなお部屋を、シェフとサービス(ソムリエール)の2人で営む。

 *函館産牡丹海老と雲丹、椎茸・バッカラ、メヒカリのフリット、蟹カクテル、蛸、平目の帆立詰め、帆立炙りボッタルガ添え
 *大原産平目のカルパッチョ ラディッキョ添え 黒オリーブ ルッコラ・甘夏ソース 蕪と塩麹
 *青森産蝦夷鮑温製 肝ピュレ オータムポエム 黒米リゾット 乾燥黒キャベツ
 *駿河湾産スカンピのタリオリーニ トマトソース
 *甘夏・八角のグラニテ
 *山形産雪降り和牛ロティ 緑アスパラ アワビ茸 牛蒡チップ 葉玉葱
 *チョコ・苺・カスタード
 *小菓子
 +ブラッドオレンジ・ミモザ
 +13 Il Groto Aldegheri
 +珈琲 グァテマラ・アンティグア・レタナ農園

e0254271_01112101.jpg
 おまかせコースの構成は標準的。
 ワインは赤でオススメ願ったものから、ヴェネトのコルヴィーナ主体で(合ってた)。

前菜盛合せ
 牡丹海老雲丹。
 椎茸バッカラ、これウマ♪ 椎茸が口の中いっぱいに広がる。椎茸を立てるよう、控え目なバッカラ。椎茸はこの辺の生産者だが、
「暖房入れるウチが多いんですが、ここんちのオジーサンは『量はいらない』と言って入れない。その分ゆっくり育つんで美味しいですね」
 とのこと。
 料理については、
「昔は料理の工夫を見せなきゃ…って椎茸のムースにしたり、みたいな感じもやってたんですが、此処を始めてからは『椎茸うまいんだから』焼けばいいよ、って。そのかわり(アラミニュイに)どのタイミングで焼くか?…みたいな点に気を使います」
 メヒカリって美味しいよね。メヒカリ使う人はつい信用してしまう(笑)。
 蟹コンソメジュレカクテル…で「ほほぉ」。スッキリと蟹の味でまとまる。この仕立て…ってさあ、往々にして“凄く旨く”しちゃうじゃん。濃い~の。アレ、やらない。…のかな。
 蛸。平目・帆立。
 帆立炙りボッタルガ。すんごく美味。帆立は炙って温刺身くらい。これ、も、簡単に言ってしまえば「薄味」。旨味で頑張り過ぎず、塩で吼えない。

e0254271_01120242.jpg
 前菜で感じた“キャラクター”は、全編通じて、そうだった。
 ボクらの感じで言うと、「大人の余裕」味。
 食材を立てて、真っ直ぐに。でも「余裕」を感じさせるには、キッチリ仕事せんといかんのだよ、という。
 榊原真一シェフ御自身も、この店は2年目だが50代のベテランである。東京・イタリアでの仕事から、千葉(九十九里町)で働き始めたのが1999年。

平目のカルパッチョ ラディッキョ添え 黒オリーブ ルッコラ・甘夏ソース 蕪と塩麹
 よく考えられた素晴らしいひと皿。
 大原で揚がった神経〆の平目は所要20分で店につく。捌いて塩をして寝かす、昆布水で調整。
 上に乗せるラディッキョ(わからない程度にボッタルガで和えている)とソースのルッコラは自家菜園(手入れはご母堂の手を借りてるそう)から。
 甘夏が典型的だが、どの要素も突出し過ぎず、柔らかくカルパッチョを引き立てる。
「カルパッチョは難しくて…」
 と漏らすシェフの、自覚的なシゴト。

e0254271_01124804.jpg
蝦夷鮑温製 肝ピュレ オータムポエム 黒米リゾット 乾燥黒キャベツ
 美味! スペシャリテ的なひと皿だそう。
 鮑は蒸してからバタ炒め的な感じ。
 オータムポエム・カーボロネロは自家菜園。
 こちら、野菜はほぼ全てが白子産&自家菜園だそう。魚介は、大原産を積極的に使いながら全国から。鮑は青森。
 黒米リゾットは鮑のオトモダチ。こーゆーの、よく、フォルマッジョを効かせてコッテリ旨くしてるのを見るが、やはりコチラではサッパリ仕立ての焼きリゾット。大人、かつ、食材真っ直ぐ。一貫している。

スカンピのタリオリーニ トマトソース
 手打タリオリーニ。ジャストな焼きの海老。

甘夏・八角のグラニテ
 案外、とっても、ウマイ♪ この組合せでドルチェが一品出来そうなw。

e0254271_01133133.jpg
雪降り和牛ロティ 緑アスパラ アワビ茸 牛蒡チップ 葉玉葱
 比較的タップリしたパスタ~主菜の牛、は、安心感に溢れる。場所柄・客層に広く対処し、正解だろう。
 ところでワシらは、ガルニの方につい目が行く。
 緑アスパラは出て来たてだそうで「まずはガルニからデビュー」時期。
 アワビ茸、グレイト!
 葉玉葱が素晴らしい。白子町・長生村の名産品であるそう。「葉玉葱で出荷するものはハウス栽培なので完全無農薬で出来るのもいいです」とのこと。露地モノは減農薬…くらい。
 シェフによると、白子にもそれぞれのコダワリを持った生産者さんが多くいるそうだが、「この辺のヒトはみんな『アピール』はしないんですよねえ(^^;)」。

チョコ・苺・カスタード
 簡単なミルフィーユ仕立て、というか。
 見た目、「ああハイハイ」なよくある系ドルチェなんだけど、苺とチョコの相性がめっさ良い。これ、珍しいんだよなあ、苺の酸のとこがよく合う塩梅のチョコ。いちばん底のフロランタン調の台もイイ。
 シェフ、「ああそうですか…」くらいな反応だったけど(^^;)、天性、舌がイイんだろうなあ。

 大満足の羽伸ばし。ごちそうさま♪
 天気も良いので、暗闇の農道へ足を進める。側溝に、落ちないように(笑)。






[PR]

# by aqishii | 2017-03-22 01:09 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 03月 21日

やっ千葉ったな! (1)

e0254271_21280553.jpg
 連休、千葉へ向かう。
 手始めのランチ、何処にしようかと思案したが、ここも前から行きたかった一軒、勝田台の「葉菜」へ。
 屋号通り野菜を得意とする南インド料理…と聞く。

 勝田台…うーんわからん(^^;)。八千代市…土地勘無い。京成、謎(^^;)。
 …な我が家だが、行き方は色々あるが、例えば大手町の東西線には「東葉勝田台」行きというのがあり、それに乗ればそのまま着く。どこだかわからないけど、着く(^^;)。
 東京の反対側のウチからでも1時間半。

 葉菜はほぼ駅前、徒歩2分。サイトのMapでは、駅前にコンサートホールがある…と見えるので、どんなお上品な“**が丘”系の住宅街か?…と思ってたら、南口を出ると巨大なパチンコ要塞が建っており、そこに「コンサートホール」と看板がかかっているのであった(^^;)。
 駅前らしくごちゃごちゃとスナックとか飲み屋が並ぶ中に、可愛らしく「葉菜」はある。意表をつく、っちゃつく…気もする。俺は好きだけどなーw。(蒲田の「ミ・レイ」型の立地だなー)
 カラオケスナックからは「昼カラ」と称して、酔唄声がこぼれている。
 斜め向かいのつけ麺屋さんは人気らしく、整理券が出てる上、開店前から列が出来てる。

 *スペシャルミールス インディカ米
 +Birra Pilsner San Michele
 +Kingfisher strong

 11時半の開店、口開けの客。だいたい、南インド料理と聞いて期待するマナースタイル、その通り。優しい。
 昼のミールスはベジ/ノンベジだが、その両方が乗った「スペシャル」で。100円でインディカ米になるとのことでインディカ(自分的正解)。
 ビールとかあります?…と聞いたら「冷蔵庫にあるものですと」と目の前に並んだ。何故か1本あるSan Micheleと南印らしくキングフィッシャー。

 パパドをひと齧りしてから砕いてごはんに混ぜて、スタート。
 ミールス、美味しい♪
 「本日のベジ」は、カブとサツマイモのコロンブ。「本日のノンベジ」は、チキングリーンカレー。
 特徴を拾って感想を述べれば、お味が、優しい。食べやすい。自家栽培を含む野菜、美味。リアルに、毎日でもいい…そんなタイプ。辛み控え目。
 ミールスも、多くの場合、ダルとかラッサム…あたりかなあ…に、チロっと個性というか棘を入れてくるのをよく見るが、此処んちの食べ心地はどこまでもスンナリとしてる。
 ベジ部分は混ぜ心地も素晴らしく、へべは「全部をガーっと、でもヘテロに混ぜるのが美味しいのよね」と「混ぜ加減の美学」に走っているのでありました。

 ところで「Love India」というインド料理シェフの繋がりがあるようで、レトルト「にしきや」から9店舗ほどの店名入りの料理レトルトが出ている。店内でも販売。
『葉菜 ベジラッサム』~そのまま飲んでもよし 他のカレーと混ぜてもよし 御飯にかけてもよしの万能スープ~
 を購入♪

e0254271_21285319.jpg
*****

 さて、地理がわからんままに千葉県内を移動。
 東葉勝田台に隣接する(京成)勝田台から津田沼乗換で千葉。京成からJRへ。

 駅前。千葉、知事選だってさ。…隣県でも知らないもんだなあ(^^;)。
 えー、まだ森田健作だっけ? …どうもその通りで、3選を目指してるらしー。

 クラクラするくらい色んな電車が乗り入れている千葉駅で外房線に乗り、茂原へ。
 広大な千葉の中では、千葉~茂原は比較的近く約40分。
 茂原駅前から電車に接続するようにバスが出る。白子へ。

 小湊バスはまっすぐ太平洋へ向かい、長生村で直角に曲がり海辺を走る。
 その曲がる交差点の名前が「驚」。…と書いてある(^^;)
 「驚 Odoroki]…って、こっちがビックリするわい(笑)。

e0254271_21293453.jpg
 白子の中里海岸。千葉観光は温泉に迫力が無いのが弱点だが、この辺りはちょぼっと温泉地になっていて宿が並んでいる。
 大概の宿が「スポーツ合宿」辺りをメインターゲットにしてる雰囲気。
 町内も、畑・テニスコート・畑・テニスコート・畑・グラウンドゴルフ・田んぼ・フットサル・畑・テニスコート…みたいな感じ(笑)の作り。
 温泉ホテルの屋上展望露天でプファ~♪ さすが海沿いで塩の強い泉質。天下の名泉!…などとは言わない(^^;)が、それでも温泉、よく効きますわ♪
 どこまでも広がる太平洋。




septieme

AQ! / septieme 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-21 21:30 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 03月 18日

続・秘密の小部屋 91.

 小部屋…すなわち古典落書風に言うと「思考と空想の部屋」(笑)についての考現学。
 まことにお店にはアイスマヌ的ゴメソな話ですが、そこに語られる表情が面白いってんだもん(^^;)。

--------------------------------------------------------------------------------

e0254271_00064196.jpg
2011年 Oaxen Krog
e0254271_00065764.jpg
 スウェーデン、Oaxen KrogがまだホントにOaxen島にあった時。
 うーん、此処は「伝説の一軒」だなあ。島の雰囲気と相俟って、この世にありえない…ような感じ♪だった。
 小部屋は冷静だが。




e0254271_00073856.jpg
e0254271_00075003.jpg
e0254271_00080188.jpg
e0254271_00081231.jpg
 現在の「frantzen」。…で、いま移転中なので、小部屋は「いまや幻」の(笑)。
 料理スケッチ飾っておくのは、地味にオサレ♪かも。



e0254271_00084048.jpg
2011年 Esperanto
e0254271_00085312.jpg
 White Guideによればスウェーデン最高(笑)の、エスペラント。ま、アジア系シェフの活躍は嬉しい。
 此処んち、メートレスの制服が妙にエロいwのだが、小部屋にもそういう雰囲気は出ている?だろうか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ヴィンテージ】リサ・ラーソン (Lisa Larson) ABC-Flickor Dora Cromotryck
価格:264600円(税込、送料無料) (2017/3/18時点)


el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-18 00:09 | 小部屋考現学 | Comments(0)
2017年 03月 17日

「聘珍樓」の元運営会社、特別清算へ

e0254271_13232155.jpg
 明治17年創業の老舗「聘珍樓」の元運営会社「(株)平川物産」が東京地裁より特別清算開始決定を受けた、というニュース、だって。「聘珍樓」は新設された(株)聘珍樓が営業を継続している。

 まあ、呑み屋の会話レベルに超訳すると、
「聘珍樓が業績不振でつぶれたって?」「ああ、まあお店は新会社が引き継いだってさ」
 …というようなことなんだろうか。

 うーん、数は減ったけど現行店舗は変わらず営業が続くわけだし、そういう意味で部分的にはいいニュースでもあろうけど、やっぱ寂しいもんですなー。現代化に成功した巨人チェーン…ってイメージだったし(^^;)。
 サイトを見ると、現在の主要店舗は、国内6軒・香港4軒。

 平川物産は1967年設立。
 ちょっと興味深いことには、ピークは2000年だそうで売上高約119億。それが再生スキームに入った昨年には半分近くに減っていたようだ。負債総額は約25億円。



el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-03-17 13:25 | ニュース・情報(日本) | Comments(0)