AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 22日

the Elite 100 Restaurants 2017

e0254271_16221797.jpg
 The Elite Travellerのレストランランキングの2017版。
 相変わらず、ちょいアメリケンに派手派手しいリスト。

 10位以上の順位変動には↑↓を付けてみたのだが、2016-2017は「あまり動かさなかった」のが特徴だな~。

2 ALINEA
3 ELEVEN MADISON PARK
4 RESTAURANT B.Violier ↑
6 ROBUCHON AU DOME
8 THE RESTAURANT AT MEADOWOOD ↑
10 The Fat Duck new
12 D.O.M.
14 DANIEL
15 DINNER BY HESTON BLUMENTHAL
e0254271_09523406.jpg
17 LA PERGOLA
18 STEIRERECK
19 PUJOL
22 RESTAURANT GORDON RAMSAY
23 Grace ↑
24 JEAN GEORGES
25 LE CALANDRE
26 DIE SCHWARZWALDSTUBE
29 THE FRENCH LAUNDRY
32 DiverXO
33 AQUA
34 DA VITTORIO
36 THE LEDBURY ↓
38 BIKO
39 AMBER
40 ALAIN DUCASSE LE LOUIS XV
41 Next
42 ASTRANCE
43 Voctor's Fine Dining
45 THE TEST KITCHEN
e0254271_21134517.jpg
50 Saison
53 MADE IN CHINA
55 Epicure new
56 AL SORRISO
57 The No Mad
58 Manresa
61 Alain Ducasse au Plaza Athenee new
62 MAISON BRAS ↓
63 TANTRIS
65 Chef's Table at Brooklyn Fare
66 Toque
67 ARZAK
68 LA VAGUE D'OR
e0254271_1337127.jpg
70 VUE DE MONDE
71 Coi
73 SCHLOSS SCHAUENSTEIN
75 RESTAURANT PATRICK GUILBAUD
76 KITCHO
78 Atelier Crenn new
79 QUAY
81 De Librije new
82 Quintonil
83 Mirazur
84 Benu
e0254271_12304708.jpg
85 Adaa at Falaknuma Palace
86 Le Cinq
87 La Palme d'Or new
88 Cosme ↓
89 MELISSE
91 Marea
93 CAPRICE
94 Sat Bains new
95 Quince new
96 Joel Robuchon Las Vegas
97 Sepia
98 Kohaku
99 Spondi
100 Funky Gourmet ↓

 ま、とにもかくにも世界ランキングなので、眺めてて楽しくなくはないw。
 ハイデラバードのAdaa…って、世界戦で見るのは珍しい名前…インディアン豪華絢爛だけど、おもろいんスカ? 写真は美味しそう。

 昨年のランキングから消えたのは、
SUSHI SAITO
RESTAURANT ANDREW FAIRLIE
AMAYA
MR & MRS BUND
LE GAVROCHE
Restaurant Locavore
 だが、移転・閉店・オールドネーム…など、まあそっか的。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



[PR]

# by aqishii | 2017-05-22 19:59 | 情報(海外) | Comments(0)
2017年 05月 19日

テイスティングメニュー高価格ランキングだって

e0254271_1492719.jpg
 Business Insiderが発表した、華麗にもケバケバしく香ばしいリスト(^^;)。

 眺めていると、まあ色々なパターンでもあるんだなあ…ともわかるし、パフォーマンス系がちょろちょろ入ってくるし…ってのもあるし、なんだかんだ言って高額食材系に追いやられるとそこはかとなく品良さからは遠ざかるのかな…とかもなー(^^;)。

 Brasもel BulliもNomaもCan Rocaも、天下を取った当時はビックリするほど安かったことを思うと、これからはどーなんでしょうねえ(笑)。

01. Sublimotion, Ibiza, Spain
02. Ultraviolet, Shanghai, China
03. Masa, New York, New York
04. Kitcho Arashiyama Honten, Kyoto, Japan
05. Joël Robuchon, Las Vegas, Nevada
07 (TIE). Alain Ducasse au Plaza Athenee, Paris, France
09. Restaurant Le Meurice Alain Ducasse, Paris, France
10. Saison, San Francisco, California
11. Restaurant de l’Hôtel de Ville, Crissier, Switzerland
12. Alinea, Chicago, Illinois
e0254271_15063838.jpg
14. Le Louis XV, Monte Carlo, Monaco
15. Chef's Table at Brooklyn Fare, Brooklyn, New York
16 (TIE). Ithaa Undersea Restaurant, Alifu Dhaalu Atoll, Maldives
18. The French Laundry, Yountville, California
19 (TIE). Kurumazushi, New York, New York
21. Eleven Madison Park, New York, New York
22. Dinner by Heston Blumenthal, London, UK
23 (TIE). The Restaurant at Meadowood, St. Helena, California
23 (TIE). Sukiyabashi Jiro, Tokyo, Japan
23 (TIE). Minibar by José Andrés, Washington, DC
26. Amber, Hong Kong
27. La Pergola, Rome, Italy
28. Schauenstein Schloss Restaurant Hotel, Fürstenau, Switzerland
30. Addison at the Grand Del Mar, San Diego, California
31 (TIE). O Ya, Boston, Massachusetts
e0254271_03847.jpg





[PR]

# by aqishii | 2017-05-19 23:02 | 情報(海外) | Comments(0)
2017年 05月 18日

Top 100+ European Restaurants 2017

e0254271_927869.jpg

 「Opinionated About Dining」の欧州ランキング、2017版。
 紹介・ランキング全体の感想は、過去のを見てください(^^;)。

 まあ何となく、ランキング鑑賞者wとしては楽しく眺められるリスト。
 で、やはり「欧州」って括りは、ミシュラン・サンペリ・ゴーミヨ・OADくらい見ると「把握できた気になる」ところが、気分は良い(^^;)。
 アジアとか…って、幾つもランキングや格付けを見せられたところで、所詮、カオスだからなあ(笑)。

 アルページュが連覇。2位となったSchloss Schauenstein (Andreas Caminada)は大躍進。
 まあしかし上位は変動が少ない。

 10位以上の順位変動には↑↓を付けてみた。

002 ANDREAS CAMINADA ↑
007 Kadeau Bornholm ↑
009 LE CALANDRE
011 ASTRANCE
012 LA MARINE
013 DANIEL BERLIN
017 SCHLOSS BERG
018 FLOCONS DE SEL ↑
019 Fat Duck ↑
e0254271_14574051.jpg
020 GERANIUM ↑
021 GästeHaus Klaus Erfort. ↑
022 LA VIE
024 HERTOG JAN ↑
026 MAAEMO
027 DIVERXO ↓
028 AOC ↑
029 Disfrutar
031 L'AIR DU TEMPS
032 TIM RAUE
033 AQUA ↑
034 Seta ↑
035 Henne Kirkeby Kro ↑
036 Aponiente ↑
037 TICKETS
039 MIRAZUR ↑
040 Bord’eau ↑
041 DE LEEST ↑
042 Reale ↑
043 ARZAK ↑
044 Ca l’Enric ↑
045 Lume ↑
047 STEIRERECK ↑
048 LEDBURY, THE ↑
e0254271_1122514.jpg
050 La Vague d’Or
051 PASSAGE 53
052 Kadeau Copenhagen ↑
053 DAVID TOUTAIN ↑
054 L’ Assiette Champenoise ↑
055 The Jane ↑
056 RELAE ↓
057 TORRE DEL SARACINO ↓
058 KITCHEN TABLE AT BUBBLEDOGS ↑
059 OAXEN
060 HEDONE
061 Studio ↓
062 ULIASSI ↓
063 Taubenkobel ↑
e0254271_15372076.jpg
065 Clove Club ↑
066 PURE C
068 Table by Kevin Fehling, The ↑
069 ESPERANTO ↑
070 Alchemist ↑
071 SPORTSMAN, THE ↓
072 La Madia ↑
073 Bon-Bon
074 L’Enclume ↑
075 JIN ↓
076 Lido84
077 Pages ↑
078 Koks ↑
079 COMBAL.ZERO ↓
080 Araki ↓
081 Agli Amici a Udine dal 1887 ↑
082 Neige d’Eté ↑
083 SUSHI TETSU ↑
084 HKK
085 Konstantin Filippou ↑
e0254271_14294847.jpg
086 A.T.
087 PAKTA ↑
088 Enrico Bartolini ↑
089 La Peca ↑
090 Dinner by Heston Blumenthal ↑
091 Überfahrt ↑
092 Table (Bruno Verjus) ↑
093 JEAN SULPICE
094 Güeyu Mar ↑
095 Souvenir ↑
096 YAM’TCHA ↑
097 Abac ↑
098 Cinc Sentits ↑
099 Lorenz Adlon ↑
100 Duomo ↑
101 Del Cambio ↓
102 Librije's Zusje Amsterdam ↑
103 Lasarte ↑
104 EKSTEDT ↓
105 Il Pagliaccio ↑
106 Mraz & Sohn ↑
107 Hostellerie Jérôme
108 AKRAME ↑
109 Tokuyoshi ↑
110 Cracco
111 Fera ↑
e0254271_1212749.jpg
113 KOY SHUNKA
114 Villa Archange ↑
115 Kei ↓
116 Le Grand Restaurant ↑
117 Falco ↑
118 AM par Alexandre MAZZIA ↑
119 Marzapane ↑
120 Inkiostro ↑
121 LA PAIX ↑
122 Espai Kru by Rías de Galicia ↑
123 Inter Scaldes ↓
125 LE CHATEAUBRIAND
126 Le Clarence ↑
127 Frenchie ↑
128 Le Coq aux Champs ↑
129 Amass ↑
130 Gymkhana ↑
131 Belcanto ↑
132 Spring ↑
133 SATURNE ↓
134 Noor ↑
135 Silvio Nickol ↑
136 Gastrologic ↓
137 Bonhams ↑
138 Nuance ↑
140 Okuda ↓
141 MARCUS WAREING ↑
142 ES Restaurant ↑
143 Casa Perbellini ↑
144 Facil ↑
145 Madonnina del Pescatore ↓
146 Restaurant Sat Bains ↑
147 DE JONKMAN
148 White Rabbit ↑
149 Midsummer House
150 De Treeswijkhoeve ↑
151 horvath ↑
e0254271_14032716.jpg
152 Bror ↑
153 The Kitchin ↑
154 Umu
155 Papillon ↑
156 Aulis at Fera ↑
157 A. Wong ↑
158 Reinstoff ↑
159 La Tana ↑
160 Dos Palilos ↑
161 Heart ↑
162 Moments ↑
163 Ikarus ↑
164 Nerua ↑
166 Michel Sarran ↑
167 Neptune ↑
168 Bartholomeus ↓
169 Pollen Street Social ↑
170 Garance ↑
171 Club Allard ↓
172 Restaurant Taller ↑
173 Vila Joya ↓
174 Portland ↑
175 Samhoud ↓
176 Ilario Vinciguerra ↑
177 Atelier ↑
178 Quadri ↓
179 Sushi Ginza Onodera ↑
180 Simon Taxacher ↑
181 De Kristalijn ↑
182 Magis ↓
183 Kontrast ↑
184 Vincents ↑
185 Ricard Camarena ↑
e0254271_19240066.jpg
186 Abantal ↑
187 Alkimia ↑
188 Dill ↑
189 Lysverket ↑
190 Les Bacchanales ↓
191 Nathan Outlaw ↓
192 Dabbous ↑
193 Dani Garcia ↑
194 t Zilte ↓
195 Alyn Williams at the Westbury ↓
196 Alliance ↑
197 Laite ↑
198 Sur Mesure par Thierry Marx ↓
199 Benoit et Bernard Dewitte ↓
200 Coque ↑

 バラエティに富んでいて、店名を見てるのも楽しくは、ある。

 このランキングTop10の超常連「In de Wulf」の名前が無いのは如何にも寂しい(閉店)。
 ここ最近はエリアによってはミシュラン・サンペリ並の注目を受けるようになったOADだが、数年前まで戻ると「In de Wulf」を支えるほどの影響力は無かった…か(^^;)。
 また、移転休店のNoma, Frantzenの名前も今年はお休み。

 さて、昨年版と見比べると、やはり、枠組みがガラっと変わったなあ…ということになる。
 「Classical & Heritage」というジャンルに分けられた店は、こちらの欧州ランキングからは消えた…っちゅうことですな。
 主だったところでは、Bras, Guy Savoy, Le Cinq, Pic, Hof Van Cleve, Le Petit Nice, La Pergola, Gilles Goujon, Don Alfonso 1890, Ibai, La Bouitte, Da Vittorio…なんてところ。
 うーん、どうなんでしょうねえ、コレ。
「まあ明らかに違うクラッシックだねえ」という店を分けたかったんだろうけど、「そりゃそうだね」ってのもある一方、「ええ何でコレがコッチでソレがソッチなの?」とか判然としない例も多い。(そんでなんで、L'Arpègeはコッチ…なんだよ?(笑))
 またこれでウジャウジャ言われて、来年も枠を組み替え…とかなったりして、、、。
 まあ毎年括りが違うランキング…というのもおもろいかもしれないが、連続的な観点は持ちにくい印象だ。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

LoDoc

AQ! / Lo.doc 【CD】 【送料無料】
価格:2,500円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-05-18 00:11 | OAD | Comments(0)
2017年 05月 17日

続・秘密の小部屋 93.

 小部屋…すなわち古典落書風に言うと「思考と空想の部屋」(笑)についての考現学。
 まことにお店にはアイスマヌ的ゴメソな話ですが、そこに語られる表情が面白いってんだもん(^^;)。

--------------------------------------------------------------------------------

2011年 ヌーダ
e0254271_10483537.jpg
「ヌーダ…って何だっけ?」、って、もう忘れてません?(笑)
 現「bb9」(2014年から)、その改名前「ヌーダ」の開店した年の小部屋。



e0254271_10494449.jpg

 実に蕎麦屋らしい小部屋である。
 …いやしかし、この日の記憶は何と言ってもアントン、、、(^^;) ↓当時の日記。
-----------------------------------------------------------------
 「何かデカイ奴が一番奥で食ってるなあ…」と思っていたら、どうもあの顎は…アントンやんか! ビックリ! 居合わせた客の実名なんか書くもんじゃねーよ…と思っても、アントニオ猪木様は別枠だ、バカヤロー!(笑)
 …いや「オシノビ系」でも無さそうだったし。
 何となく店内にも「ん?」「ん?」という空気が漂い始めていたのだが、一番乗りの客だった猪木一行が席を立ち始めたところで、意を決したかのような隣席の若い男性が、握手を求めた。…ビンタじゃないよ(笑)。ニカッと笑う猪木、さすがにサマになっている。一時期、病気をしていたと聞くが、とても元気そうだ。
 …と、ドドッと、店のこちら側半分の男性客はみな立ち上がり、次々の握手の送り出し(^^;)。タイガージェットシンとの抗争だってみんな見ていた俺も、勿論(^^;)。皆の頭の中には「イノキ、ボンバイエ♪」が鳴り響いていたことであろう(^^;)。
 ダーっ!!
 いやあ… なんだか… (^^;)
 しかし、イノキともなると、「横目でチラチラ・ひそひそ…」より、いっそ、こうなってしまった方が清清しいわ、たしかに(笑)。関西だから、というのもあるのかなあ?


e0254271_10510734.jpg

 大阪本町、ぽたじぇに初めてお邪魔した時。
 …つまりコチラも、「今は懐かし、旧店舗」の小部屋…の扉に輝いていた小便小僧である。
 現店は玉出。本町も居心地いい店でした~。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロレス最強列伝DVD10枚組
価格:10622円(税込、送料無料) (2017/5/20時点)



[PR]

# by aqishii | 2017-05-17 10:46 | 小部屋考現学 | Comments(0)
2017年 05月 16日

50 Best、2018年の式典はビルバオで

e0254271_2343621.jpg
 2016年ニューヨーク、2017年メルボルンに続いては、モダンガストロのメッカ、バスクへ向かう。

 まあ式典なんか何処でもええじゃろ…と思う一方、「いやいやイレブンマジソンが2017年1位を取れたのは、2016年に審査員をまとめてニューヨークに呼べたからだぜ」…なんて囁きがフツーに聞かれる昨今、“大問題”でもあるんでせう。
 まあスペインは、現状でもベスト10に、カンロカ・エチェバリ・ムガリツと3軒も入ってるけどw。


[PR]

# by aqishii | 2017-05-16 00:34 | 50 Best | Comments(0)
2017年 05月 15日

Pop-up [ Salmon & Trout x Masaki Tai ]

 5/11の話。
----------------------

e0254271_11460545.jpg
 “まったく近頃の若いもんは恐ろしい”というアンファンてり坊の代表のようなサモトラ幹シェフが、なんか、“まったく近頃の若いもんは恐ろしいんですよ”と言う。
 ほへ?
 …いや何でも、最近はハタチそこそこくらいの世代にも優秀な料理人が出てきてて、賑やかなことになっているらしい。
 …と言ったってコチラ爺婆から見れば誤差みたいな年齢差だが(^^;)、まあ、約30歳vs.約20歳の当事者にとっては1.5倍の年の差であるのだなw。

 *こごみ、モツァレッラ
 *十割・御前・挽きぐるみ 3種の蕎麦サラダ
 *ヤマトイモ、ヤマノモノ
 *鰹、Vino Rosso、小茄子と辛子
 *アスパラ、古代小麦
 *Iwana & Fukinotou
 *大町黒豚、林檎、山椒
 *信州牛のラグー、タヤリン
 *月・信州 x ミラノ
 *青豆とMochizukiのデザート
 +14 Vini Rabasco Bianco Vivace Igt Colline Pescares
 +職人館厳選そば焼酎 知的美邂逅 峠
 +国権
 +davide Spillare Bianco Rugoli
 +14 Contadino IGT Terre Siciliane Rosso
 +Vini Rabasco Vino Rosato La Salita

 …で、5月。
 ワシらが「Noma Mexico」から成田に帰り着いた2時間前、幹シェフは「Noma Mexico」に向けて飛び立った。
 入れ違いw。
 幹シェフのメキシコ視察中の留守サモトラでは、ハイジャック・ポップアップ企画が催される。
 その内の一つとして、その、ハタチそこそこテリ坊のヒトも一晩、料理すると言う。
「鯛クンの才能にはビビりますよ」
「それはメデ鯛なあ~」
 …ということで参加することにした。…ら、鯛クンではなくてThaiクンでもなくて田井クンであった(^^;)。
 田井將貴氏。少年。
 イタリアンをベースに修業。現在は展望を広げるべく、佐久の職人館で働いている。

e0254271_11470064.jpg
 そんな訳で本日ポップアップテーマ、もう一つのコラボ相手は「長野の山」。
 「落ちるな危険!」な崖にへばりついてw採取した山の幸を駆使してのコースを繰り広げる。

こごみ、モツァレッラ
 佐久市ボスケソチーズラボFUSE
 38℃…38という数値も何回か聞いて覚えてきた…という温度で扱う。

十割・御前・挽きぐるみ 3種の蕎麦サラダ
 職人館からの蕎麦湯・桜塩漬を温かいソースとしてかけたサラダ 葉野菜 人参 オオイタドリ アザミ 山ウド 胡麻菜 オクラっぽい奴
 これは興味深く味わい深い一品。蕎麦湯ソースという面白いアイディア…だが野菜山菜をそのまんま食ってる感が強く…でも考えてみるとまんま食ってるのとは全然違う…そんな交錯。

ヤマトイモ、ヤマノモノ
 ヤマトイモは80度練り…だっけか、狙った温度帯でフワっとすると言う。
 アケビ香 ウコギ苦 イタドリ酸 / コウタケ・カラスダケ・マイタケ…だっけか…のスーゴ
 個人的には最も面白く最も美味しかったかなー♪ サラダもそうだが、まんまストレートなようでいて、なりそうでならない…あたりのポイントを突いている。フツーに思いつきそうでいて、鋭い取り合わせ。

e0254271_11475477.jpg
鰹、Vino Rosso、小茄子と辛子
 内之浦の鰹 朴葉・山桜枝スモーク 小茄子辛子漬 辛子ソース・玉ねぎ赤ワインソース ニリンソウ アオアジ
 こちらはグッと料理性の高いひと皿。
 ニリンソウがいただけた。トリカブトそっくり(^^;)なのだが春に白い花が咲いてたらニリンソウだとか。オイスターリーフじゃないけど、すんごく牡蠣の香り。

アスパラ、古代小麦
 佐久のアスパラ アスパラの皮・古代小麦粉パスタ茹で
 完全にアスパラ主役、パスタは一本だけ添えるw。小麦粉茹で汁でパスタが上がる、シンプル贅沢。

Iwana & Fukinotou
 八千穂漁業養殖岩魚 しな大根おろし 蕗で挟んで蒸焼き 蕗の薹味噌 ニワトコ・クスクス 自生クレソン
 お、鉄鍋に大ネタが仕込まれ始めた。おろしたイワナの間にに緑色の大根おろしを詰める…鮨を握ってるように見えるw。蕗の茎・葉を何層か敷詰めた上に置いていく。
 しな大根は職人館で使っているものだそう。
 良い岩魚で旨い。ニワトコクスクスは個人的ヒット♪

e0254271_11490049.jpg
大町黒豚、林檎、山椒
 飯嶌養豚所大町黒豚 花山椒 信州林檎(とそのソース)・長芋・ケール
 黒豚の花山椒ロール…考えようによってはめちゃ贅沢w。フォークナイフの方が食いやすそうだけどサモトラなんで箸で(^^;)。山採りの花山椒は「お代わりアリ!!!」…(いくらでも食える(^^;))。
 ケールが良質。

信州牛のラグー、タヤリン
 信州牛白ネギ・ラグー 漢方卵卵黄のタヤリン ボスケソチーズラボKARAMATU
 王道なタヤリン♪
「今日は『和vs.伊』って言ったら『7:3』くらいの意識ですw」

e0254271_11495133.jpg
月・信州 x ミラノ
 メゾンドジャンボンドヒメキ生ハム骨スーゴのリゾット ターメリック風味
 梔子を使う予定がなんかトラブったらしく、サモトラにあったターメリックで。本人はガッカリしてた(笑)。

青豆とMochizukiのデザート
 望月地粉のパン YUSHIcafeコーヒー浸し 豆腐・ボスケソチーズラボMOCHIZUKI(白カビチーズ)のエスプーマ 青豆きな粉
 ティラミス仕立て。濃厚さ・凝縮感のある甘味で、見た目は地味だけど好きなタイプ。

 *****

e0254271_11502212.jpg
 …と興味深い一夜を過ごした。
 まずは「長野の山」を満喫、その空気を吸ったような心地で大満足。
 そして田井青年のしなやかでピュアな料理♪
 工夫を凝らしながらも抑制が効いて、スッキリとシンプルに着地している。
 印象に残るのは、持って生まれた感性ということもあろうが、味決めのとこの感覚のヴィヴィッドさ。
 …まあしかし、引き算も含めた計算の巧みも合わせ、オトナっぽい(笑)。幹シェフが嘆く(笑)わけだ。
 ま、しかし、表現芸術の一般論として言えば、往々にして「若い」ヒトは「渋好み」だったりするもんだしw。

 ところでこの日の“サポート”は、薄幸…じゃない「発酵ブラザース」のShohei & Kentaro氏(…物件がみつかるまでは薄幸…でもいっか(笑))。
 任せて安心Kentaroペアリングと、かいがいしくアシスタントする今日は兄貴分役Shoheiシェフ。
 …で、この翌日からサモトラでは、
[ Shohei & Kentaro with Kiriko Nakamura at Salmon &trout ]
 がスタート。
 我々も何日もおかず、また下北沢駅から15分歩くハメになったのであった。
 兄貴分ポップアップは、より暴力的wでパワフルにファンタスティック! 鼻血ブーでありましたよ♪
 こちらも今回は「長野の山とのコラボ」風味。





[PR]

# by aqishii | 2017-05-15 11:44 | 年代記(日本) | Comments(0)
2017年 05月 12日

ユカタンの君は酢漬けのハラペーニョ (10)

 GWの話。
------------------

e0254271_15425154.jpg
 [Spring Season 2017]
 *Lavender / Lime
 *Mezcal Express
 *Cebadina
 *Tangerine Margarita
 *Caesar's
 *Sikil Pak + Fish Rind
 *Corn + Mole Prieto
 *Pecan from Saltillo  *Foie + Gazpacho Moreliano
 *Infladita + Black Bean + Cricket
 *Hoja Santa + Crispy Potatoes + Trotters
 *Rajas con Crema
 *Chaya Leaf
 *Aged Ramonetti + Raspberries
 *Quail Egg + Pipicha + Chicatana
 *Marrow + Escamoles + Chichilo
 *Octopus Pambazo
 *Acocil TOstada
 *The Sea...
 *Aguachile + Hamachi + Green Apple
 *Suckling Pig + Eggplant + Chirmole + Spicy Leaves
 *Beef Tongue ... Mole Negro
 *Flowers Pot
 *Edam(Bola) Cheese + Marquesita + Toffee
 *Kinder Surprise
 *Tazcalate
 *Ocultos by Dolcenero
 +Champagne, Brut Rose Imperial Moet & Chandon
 +16 Chenin Blanc, Suvignon Blanc, Moscatel Silvana Vinas Pijoan Guadalupe Valley
 +13 Pinot Gris La Crema Monterey USA
 +16 Chardonnay Piedra del Sol Casa Piedra Ensenada, Mexico
 +15 Tempranillo, Syrah, Grenache Mariatinto Valle de Guadalupe
 +13 Cabernet Sauvignon, Nebbiolo Rafael Adobe Guadalupe
 +12 Passito di Soave Arzimo La Capuccina Soave
 +Tequila Reposado Clase Azul Jalisco

e0254271_15441106.jpg
 さて、楽しいユカタンの旅(笑)も最後の一食となった。
 Tulum~Cancunでレストラン探し…浮上してきたのが、この「Le Chique」。世界シーンにもぼちぼち名を売り始めてる?かなあ…くらいの一軒。
 モダン・メキシカン、所謂イノベイティブな料理らしい。
 2008年オープン、シェフJonatán Gómez Lunaは、el bulli/Can Roca/Noma…で修業と言う(「あんまりにも」堂々として、当たり外れの大き過ぎるタイプの「経歴」だが…(笑))。

 場所は、Puerto Morelos…まあ見当もつかないが、CancunとPlaya del Carmenの真ん中くらいに位置する。
 Cancun空港からは30km程度なので、まあ「タクシーでいっか」圏。
 タクシーで30分弱。530ペソだった…ホテルの料金目安表でもこの値段だったので、こんなもんだろう。
 カンクントゥルム道をどんどん南下する。Puerto Morelosのちょい手前でビーチサイドに左折。
 この辺りの自動車道は、ビーチから3kmほど内陸を走っているのだが、この左折ポイントで早くも「検閲ゲート」がある(^^;)。
「おまーら何処さ行くだ?」「Azul Sensatoriホテルづら」
 えー、こっから延々と「ご領地」なんかなあ?

 ビーチに行き当たる辺り一帯がAzul Sensatori(その中に「Le Chique」はある)。
 とーぜん此処でまた検閲(^^;)。今回は「おまーらは誰だ?」調だ。
「部屋番号は?」
「ル・シック・レストランで食事あるねー」
「ル・シック? …ああ『チック・レスタウランテ』か、名前は?」
「アキラ・イシー言いますねん」
「(手元のリストをめくり)んん、そーかそーか。20時予約だな、随分と早く着いたものだな。入ってよろし」
 …へ~え。ご領地侵入者は完全把握という訳なんだねー。セキュリティーだねえ。
 予約自体はOpen Tableで簡単に取れるけど、門番にまでリスト回してるとは恐れ入谷。

e0254271_15450583.jpg
 ホテルロビーで「ちょっと待ってて」、お迎えが来て「ワタシの後についてらっさい」。
 エスコートサービス万端…であるけど、「外来は完全監視ね」って気分でもある、タハハ(^^;)。
 『チック』はホテル正面から5分ほど歩いた奥。
 キョロキョロと「超高級ほにゃららリゾート」なるものを拝見する(^^;)。
 何たって、たしか、いちばん安い部屋でもウチらがTulumで泊まってたHip Hotelの4,5倍はする。
 豪奢だわ、ピカピカだ。…ま、でも、感覚的に、というか嗜好としてはペカペカな気もして、Hip Hotelと同じ値段だとしてもあんまし泊まりたい感じではないかなあ(^^;)。

「こちらです」
 と、レストランのサービスに引き継がれる。
「ようこそ『チック』へ」
 …一貫して『チック』らしい(笑)。
 店内のサービスは、外よりサンパでいい感じ。
 内装は、案外気取らず、とにかくリラックス路線。個室?がワインボトルに囲まれて外からも見える作りでワッハッハ路線。
 テーブル横に小型コート掛けみたいなスタンドが用意され、それがハンドバック掛け。…へえコレはなかなかスマートな解決。あんま見たことないな。
 料理はテイスティングメニュー1本。ワインコースが「安上がり」「メキシコ産中心」「高級」の3本で「メキシコ」をチョイス。

e0254271_15460112.jpg
Mezcal Express
 オレンジ色の袋と鋏を持った男が石の台をセットする。
 オレンジの凍結物?が、ドカチンと石に叩きつけられると液化する。鋏で開封、さあどうぞ。
 ウエルカム・メスカル。木椀の縁にオレンジ球・塩・カカオ?など塗り付けられているのと共に。星一徹のように♪

Lavender / Lime
 試験管で提供されるドロっとした感覚のラベンダー・ライム。
 キャップを開けて啜りこむ。

Cebadina
Tangerine Margarita
Caesar's
Sikil Pak + Fish Rind
Corn + Mole Prieto
 5品船団がズラっと並ぶアミューズ・パレード♪
・Cebadinaは赤ピンク色の、メキシコ伝統大麦発酵飲料。小瓶に入りストローで啜る。オリジナルを呑んだことがない(^^;)ので、「まんま」なのか捻りがあるのかわからないが(^^;)。
・Tangerine Margaritaは冷やっこいボール、ひと口で。まさにタンジェリンのマルガリータ仕立て。「下のタンジェリンは飾りだからね」…食ってしまえば食えそうだが(笑)。
・分厚い本が卓上に置かれる。開くと真ん中が繰り抜かれ、ティファナ風Caesar'sが現れる。…って、ロメインレタスサラダじゃなくてハム巻の香草サラダという捻りはどっから来てるのか、よくわかんなかったが。味は旨く、シャンパンにいいアテ。
・漁網の上に、揚げた干し魚皮と小チューブ。チューブには、Sikil Pak:クリーミーなパンプキンシード・ディップが入っている。塗りつけていただく。このディップが旨い、搾り出す。
・オブラート状の三角錐袋にサクサクのコーン粒、別添のモレソースをつけて。「袋ごと食べられます」

e0254271_15465702.jpg
Pecan from Saltillo
 「ど~れだ?」スタイル。Saltilloはメキシコ北部コアウイラ州の町。ピーカンナッツチョコボール、フォアグラ入り。
「飾りは食べられませんよ」
「歯が折れちゃいますね(笑)」

Foie + Gazpacho Moreliano
 ガスパチョ・モレリアノはメキシカンガスパチョの、一般的な名称のよう。底にフォアグラを敷いている。
 軽快な仕上がり。Guadalupe ValleyのChenin Blanc, Suvignon Blanc, Moscatelと共に。
 「始まった」感じ。

Infladita + Black Bean + Cricket
Hoja Santa + Crispy Potatoes + Trotters
Rajas con Crema
 3品、並ぶ。この段は「若干ボリューミーなオツマミ」風。
・膨れた黒豆のInfladita、アボカドクリーム。バッタは食感はあまり感じさせず。
・ストリング状のポテト揚げに、豚足ペースト・オハサンタ葉を挟み込むような感じ。
・Rajas con Cremaもポピュラーな料理のようだ、その現代版ひと口。フワっとムース的感触。
 食べ応えが地に足のついた感じに進行している。
e0254271_15475708.jpg
Chaya Leaf
 見立てた葉のチップ、下にチャヤのクレーム。

Aged Ramonetti + Raspberries
 Ramonettiチーズにラズベリー・パウダー。
 ワインはUSA、Montereyのピノグリ。

Quail Egg + Pipicha + Chicatana
 Nomaの“新古典”鶉玉子の、メキシコ版オマージュ…みたいな一品。何ともイイ薫香とともに。
 Pipichaはシラントロ系メキシカンハーブ・Chicatanaは葉切蟻で、パウダー状で玉子になすりつけられている。微かな酸が、グッとこの料理を上げている。

e0254271_15485302.jpg
Marrow + Escamoles + Chichilo
 !…とまずは、この旅で「もう一回」エスカモレスに会えた喜び。
 !!!…美味いじゃん♪
 骨を器として骨髄とエスカモレス(蟻の卵)、香草。
 Chichilo (mole)は「オアハカの7つのモレ」の一つ。後で見るとChichiloはビーフストックからのモレのようなので、Marrow + ChichiloにEscamolesを闖入させたようなアイディアなのかもしれない。
 卓上に置かれた南瓜…型の容器を開けるとトルティーヤ(極上)。

Octopus Pambazo
 Pambazoはグアヒーヨで赤くした白パン…みたいな。
 こちらでは、ほぼ「タコヤキ」やね(^^;)。「おまー、コレはTakoyakiか?」と聞けばヨカタか?
 木製台に乗ってくるが、食後にこの台を中ほどの割れ目から持ち上げると、下に次の皿用の小型のクチャーラが現れる。

e0254271_15493211.jpg
Acocil Tostada
 Acocilは赤ザリガニ、そのトスターダ。葱・香草。
 ホワホワの藻の面白い皿。その上のご本尊にグッと近寄ると小さなハサミなど、見える。
e0254271_15504067.jpg
e0254271_15505723.jpg
The Sea...
 また大船団が卓上に航海を始める。
「はろー、はわゆどいん?」
「べりふぁいんダネー」
「ワタシがシェフでごぜます」
 …あれま! Jonatán Gómez Luna氏である。お世話になっておりますw。
 ガハハと強く押し出してきはしないが、静かに自信満々…というところ。
「楽しんでくれてるなら何よりだね、さ、俺の海をどーぞ」
 …と去り際に海草に隠れたドライアイスに水をぶっかけ、白煙に隠れるように厨房へ戻る(笑)。
 雲丹フラン・牡蠣に真珠・ムール・海老・鱿魚・スープ…、竜宮城かい♪
 それぞれに手抜かりなく美味しい。
 ワインはメキシカン・シャルドネ。

Aguachile + Hamachi + Green Apple
 見た目はガスパチョに似てる(似せてる?)、ハマチの…セビチェと言えばいいか…。香草。
 緑林檎は凍結パウダーとして、皿上50cmからスコールを降らす♪

Suckling Pig + Eggplant + Chirmole + Spicy Leaves
 まず椰子の実…型容器が登場。中に緑のトルティーヤ。(結論として、此処んちのトルティーヤはみな頗る美味いです)
 で、渾身にヴィアンドプラその1、仔豚焼。茄子・香草類。豚の上から、Chirmoleというモレをかける。
 コース中盤からの上昇曲線は見事にここに頂点を迎え、文句無く旨い。
 強靭ながら軽く仕上がり、軽いだけにモレのコクが楽しい。そのステージを支えるトルティーヤ。
 ワインはGuadalupeのTempranillo, Syrah, Grenache、バッチリである。

e0254271_15521117.jpg
Beef Tongue ... Mole Negro
 もう一段、ヴィアンドが来る、牛舌煮込。
 ウエルカム!…ってくらいで、腹は重くなってない、いいコース組みだね。
 じゃがいものクルクル焼、オキサリスのサラダ。牛舌にはモレネグロをかける。モレ、ずいぶん色んな種類がいただけたねー。茶色のトルティーヤ。
 ワインはGuadalupeのカベソ。

Flowers Pot
 ソアヴェのパッシートに続き、薔薇・香草…のポストレ。
 …なのだが、メートルの手は卓上の花瓶に伸びる。ずっと卓上にあった「Rosales Polyantha」と名札のかかった薔薇…。この薔薇を卓上に直接置き、花瓶に溜まったように見える薔薇水を、ポストレにかけた。
 オッサレ~♪
 …先月、某所のイベントでマルゴット加山シェフが「花瓶の桜を抜いてコンソメに浮べ」という一品を披露してたけど、そのタイプの工夫。
 器も面白い。

e0254271_15530004.jpg
Edam(Bola)Cheese + Marquesita + Toffee
Kinder Surprise
Tazcalate
Ocultos by Dolcenero
 Marquesitaミニコーンに、ソフトクリームっぽくエダムチーズ、トフィーを忍ばせ。
 陶器の瓶から注がれるレポサドのテキーラで、しみじみとメキシコに染まる。いい旅行だったなあ。
 ミニャルディーズ団…。
 Tazcalateは玉蜀黍・カカオ・アチオテ・シナモンなどの、通常は飲料、そのポストレ版。
 Ocultos by Dolcenero…「隠れドルチェ」?…訳わからんw変なガラス容器の窪みに、ナッツや黒砂糖なんかが潜んでいる。

 *****

e0254271_15534398.jpg
 …と、そんな『チック』であった。
 「イノベイティブ」は「革新的」の意というが、レストラン界の“イノベイティブ”の昨今は往々にして「定番の革新」みたいな所がある。「革新の定番」。
 『チック』の滑り出しはそんな感じで、液窒ボーイズか見立てガールズかケミカルブラザースか…みたいな(笑)。“ま、こんなだよね”“ま、わりと味がイイからいっか”みたいな。
 でも『チック』は、その後のシフトチェンジが、結構イイ。メキシコ特産を散らばめながらぐぐっとドライブ感を増す。
 おおお、なんか案外、「メキシコ愛」じゃ~ん♪…みたいな。
 刻みは細かいが、食べ応えはあり、パンチはあるけど腹には溜まらない。
 最終的には、堪能した。ヨカタ~♪

 自分らディテール事情的にも、昆虫たちにも「も一度」会えたし、モレ・モレ・モレ出来たし、トルティーヤ旨いし、で、ありがたし。

 *****

 で、帰りはAzul Sensatoriシステムでサクっと送り出される(^^;)。
 タクシーの若い子が「空港マリオット」を知らない。同業に聞いたけど、なんかよくわからん顔。
 結局、「空港の、だぞ」と何回も念押しして文字情報も見せたのだが、「リゾートマリオット」の方に着きやがった(^^;)。
 リゾートマリオットの門番に詳~しく道順を聞いて、何とか空港マリオットに、帰り着く…。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドン・フリオ レアル テキーラ 750ml 38度 正規品 kawahc
価格:49999円(税込、送料別) (2017/5/17時点)


LoDoc

AQ! / Lo.doc 【CD】 【送料無料】
価格:2,500円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-05-12 15:41 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 05月 11日

ユカタンの君は酢漬けのハラペーニョ (9)

 GWの話。
------------------

e0254271_14035286.jpg
 昨晩の雨は上がったけど、それまでのド晴天と比べると雲が多い。
 さて、ウチのホテルは敷地内はみな砂地。そか、ビーチの食堂の朝食も、裸足で行くのが気持ちよい。
 朝の注文は、
Tulum:Omelette with red chiaquiles
Huarache de Tinga:Delicious huarache with chicken tinga, fresh cheese, purple onion, cream and green sauce
 ワラチェ…ってのもトルティーヤ系の食べ物だが、ワラチェ(草履)という名前通り、草履型なのがキモらしい。tingaは、肉・トマト・唐辛子煮込。
 …って訳でオーソドックスなメキシカンスナックの一種だが、此処のはとっても食べやすい。
 オムレツは、ま、上手ではないけどw。

e0254271_14051873.jpg
 そんなこんなでダラダラさせていただいたこの宿ともお別れ。
 今回は旅行日程自体が短めなのだが、Tulumで3連泊取れたのはたいへんにヨカタ。
 個人的なハナシになるけど、ウチはどうにもボンヤリしたタチなせいか、同所に3泊くらいしてようやく其処に旅行した気になってくる…ということはある。
 眼前にかかった紗がすっと払われて町行くヒトが見え出し、その声が急に身近に聞こえだす、感じ。
 何ともノロマな話だが、1,2泊だと「え~と其処、通過したっけ」って感じに、なりがちだ(^^;)。
 ついでに言うと、1週間滞在…となるとまた次のスイッチが入る気がする。
 おそらくその次のステップ、1ヵ月滞在の旅行感はまた違うんだろうけど、それはしたことがないからなあ(^^;)。

 ダウンタウンのADOバスターミナル。
 Cancunターミナル便が1時間に1本くらい。Cancun空港までは1日5本。次の空港行きのチケットを買う。
 発車まで小一時間。
 やっぱ『Campanella Cremerie』に行ってしまう(便利だ~)。
 カカウエテ(落花生)と、キウイだっけかな。
 お世話になりました。

e0254271_14061375.jpg
 アウトブスADO。
 やや曇りがちなんで、来た時のドピーカンより外を眺めやすい。
 外に向けてテキトーにシャッターを押してても、どの一枚も「メヒコ!」って感じに映る。
 実にアタリマエだが、イイ感じなのら。
e0254271_14065659.jpg
e0254271_14072285.jpg
e0254271_14074970.jpg
 やはりプラヤデルカルメンでしばらく停車。
 プラヤデルカルメンから北のビーチ沿いは、超弩級リゾートホテルがぞろっと並んでて、門構えを見てるだけで壮観。
 一泊5万だ10万だ…なんだろうなあ。

 2時間半揺られて空港。
 今回は空港ホテルの送迎車がちょうど停まってる。
 チェックイン。
 ところでウチの明朝のエアは、6時の便だ(^^;)。午前4時に空港トランスポートはあるのか?…と聞くと、1日中1時間に1本は走らせているらしい。
 ホテルのエア表示板は「国際線は出発3時間前には空港においでください」と訴えているのだが、さすがに午前3時に出る気はしない。
 (早朝だし、空港に1時間半前で問題無かったけど、混む日・混む時間帯はあるんだろうなあ)




septieme

AQ! / septieme 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-05-11 14:02 | 美味しい日々 | Comments(0)
2017年 05月 10日

ユカタンの君は酢漬けのハラペーニョ (8)

 GWの話。
------------------

e0254271_01335893.jpg
 ホテルへ帰って、ビーチのバーでクラシックマルゲリータ(午後のフリードリンク)。
 とことんノンビリする。
 …ん、そうだ、水着もないし海水浴する気もないが、カリブ海と触れ合うくらいはしてこよう。
 …と、裾をまくってパチャパチャ。だいたい、見た感じの水温だった。
 風があるし、小波もパワフル。

 さて、「Noma Mexico」で沸き立つTulumの地だが、一軒、ジワジワとその名が知られだしている店がある。Tulumのエース格と言ってもよかろう。
 それがこの「Hartwood」だ。
 ジャンル的には、前々日に行った「Kitchen Table」とほとんど同じ…Tulumのジャングルサイドのレストランで、オープンエアの薪焼(というか熾火焼というか)を特徴とするBBQ店。
 エコ意識に富みサステナブルで、品書は日々の黒板メニュー…なんてのも、同上。
 ニューヨークで店をやっていたEric Werner / Mya Henry夫妻が移り住んできて2010年に開業、とのこと。

 *Ceviche de Yucatan
 *Dip de Pescado ahumado
 *Filete de Mero
 *Arrachera Angus
 +Victoria, Modelo Especial
 +La Redonda Malbec Queretaro

e0254271_01343431.jpg
 「Hartwood」はウチのホテルから700mほど。「Noma Mexico」よりは距離があるが、楽勝で徒歩圏。
 此処んちはサイトで言ってることがコロコロ変わるし予約方法もイマイチはっきりしないし…で、予約がうまく行かなかったハナシもネット上にはあるが、ウチは2月に入れたメールで予約が取れてて、当日の対応も大丈夫だった。
 まあしかし、不安になるほど、多くのヒトで溢れている。
 何と言っても人気店。
 それにロケーションも「Kitchen Table」近辺と比べて、この辺りはホテルが密集している。そもそも人が多いし、ホテルがこの店を推挙していることもあろう。
 まあただ、いきなりのウォークインでも「待ちさえすれば」席は用意されるので、ギスギスした感じはない。
 近辺にはバーなども多いので、「じゃ電話してね」と一杯ひっかけて待つ段取りをつけてる客も多そう。

e0254271_01365631.jpg
 席へ。
 ジャングルオープンエア、「Kitchen Table」がラフな中にエレガントな開け方・広さだったのに対し「Hartwood」はひたすらギューギュー詰めで、否が応でもコンビビアリテ感(^^;)。
 でかい黒板が席の横に持ってこられる。
 前菜7品、主に薪焼の主菜9品、サイドオーダー3品…くらい。
 今日もウマいメキシコで呑むメキシコビールで乾杯しながら検討。
 このメキシコでセビーチェはまだ…だから、行くか。2種あるけどユカタン風で。
 焼魚4種…うーん絞って、メロかジャックフィッシュ(今日の魚・骨付)か…ソースが面白そうなメロ(ガルーパ)かな。
 アンガスのArracheraは今日はピッタリな気分♪ …ところで、メキシコではステーキはアラチェラって言うんですなー。正確には、部位を指してるようで、うーん、バベットかハラミか…そんな辺りみたい。
 あとは、…ま、ペスカド・アウマドとか。

e0254271_01382301.jpg
 ベビーダがメキシカン・マルベックにかわった辺りで、前菜到着。
 今晩は19時予約だったので、既にかなり暗い。
 そう、この店は日が暮れると全体に薄暗い。エコだから。(「Kitchen Table」は光を卓上に集めて料理は明るいんだけど) しまいには闇鍋調になって行く。
 ヒジョーに気安い「やぁやぁやぁ」という食べ心地。ま、粗い。
 セビチェは快適と言えば快適だし、まあペルー人だったら怒っちゃうかな?…と思えばそんな出来。(食べたのは此処だけだけど、キョロキョロ観察したのも含めれば、メキシコのセビチェはペルーより“寛容”なのが多いかなあ(^^;))
 魚燻製はいいツマミ、トルティーヤはいくらなんでも焦がし過ぎだけど「ウチはラフだからね~、野蛮だからね~」という宣言にはなってる、赤く染まる酢玉子は妙にウマイ。

 続いては主菜。
 メロの焼きは「サスガ」で、強く焦がす中にホワッとジューシーだ。ソース・アボカドもいい感じ、ガルニは塩キツイ。
 それにも増して「こらタマラン」のはアンガスで、肉質・焼きともに極上♪ うっとり。ガルニは塩辛い(^^;)。まあこのステーキだけで色々と帳消しになるくらい、肉旨いw。

 …ん~、ま、「コンセプトだよ」と言われればその通りかもしれんが、料理は、ラフで粗い(笑)。
 勢いがある。
 「Kitchen Table」はとてもちゃんとした料理だから、ジャンル的には完全に同じなんだけど、この両店は、同じ引き出しに入れられるとお互い困っちゃうかもなあ(笑)。

e0254271_01385784.jpg
 …などと話してたのは主菜の後半くらいまで。そっから先は、違うアトラクションヽ(^~^;)ノが…。
 この日は夕方から雲が湧いてきていて、折り畳み傘も持参してたんだけど、いやあ来ましたよ。
 どっこーん、ごろごろごろごろ、、、ピカッビカッ、、、ずどーん
 遠雷は急速に近場に駆け寄ってきて、続いて大粒の雨がドガシャカと降ってきた。
 わーわーわーきゃーきゃーきゃー、逃げ惑う(笑)オープンエアの人々。
 …って、ワシらのテーブルんとこはね、屋根あるねん♪ フッフッフ。

 屋根無し席や待ち合いの人々が、我々の卓の回りにギューギューと逃げ込んでくる。
 まあ今日は降る可能性アリ…と思ってたので、「もし降って来たら、(まあ慣れてはいるだろうし)店がどんな席捌きや客捌きを見せるか、楽しみだね♪」…なんて意地悪い会話もしていたのではあるが、いざホントに降りだして、“さあさあどうなりますやら?”と見ていたら、うーん、店のスタッフも一緒になってワーワーキャーキャー言っているだけなのであったヽ(^~^;)ノ。
 スコールのたびにコレなんか~い(^^;)。

 ボクらの食事はほとんど終わり局面だったので、ベンチを詰めて、若いカップルを座らせてあげる。
 …と、「エンカンタード、グラシアス」じゃなくて「アンシャンテ、メルシー」だったw。マルセイユ・モンペリエの2人。
「Playa del Carmenから来たけど俗っぽかったわ。鄙びてるTulumの方が断然好き」
 と言ってた。旅する彼ら一番のお気に入りは、バリ島だそう。
 15分も旅バナをしてると小やみになる。折り畳みだが傘はあるので、退散するとする。
 実際に雨が完全にやむまでは結構かかったので、いい判断であった。




[PR]

# by aqishii | 2017-05-10 01:35 | 市場考現学 | Comments(0)
2017年 05月 09日

ユカタンの君は酢漬けのハラペーニョ (7)

 GWの話。
------------------

e0254271_10573303.jpg
 Tulum滞在3日目朝。
 朝食タケリア(タコス店)に行ってみる。…タケリアには朝食型があるようで、コチラは早朝6時オープンで午後1時半まで…だとか。
 評判店で、LATimesだっけかな、「Noma Mexicoに来た客の多くは、どうせ、行くw」と書いている。

 *Tacos:Cochinita Pibil
 *Tacos:Lechon al Horno (Baby pork, Marinated pork with white sauce and other spices. Cooked in stone oven)
 *Tacos:Relleno Negro de Pavo (Marinated turkey in various different smoked and roasted red chilis)
 *Quesadillas:Lechon al Horno
 +Coke

e0254271_10582669.jpg
 ダウンタウンへ繰り出そう!…でタクシー。
 トゥルム市街地の真ん中。トゥルム通りとサテリテ通りの交差点から見えるくらいのとこに、幌を張り出している。
 か~んたんな作りの店、英語の紹介ページで「makeshift」だ…って書いてあったけど、そーゆー感じ。
 幌の下にカウンター。それから隣接するスペース(googleストリートビューの2013写真を見ると駐車場であった所のようだ)にオープンエアで簡単なテーブルが数卓並ぶ。そちらへ陣取る。

 品書は、タコス・トルタスが選べて具が5種類ほど、あとケサディーヤ。エンパナーダにフラン。ビールなどアルコールは無い模様。
 卓上セットは、ライム・サルサメヒカナ・サルサヴェルデと何か唐辛子系の茶色いサルサ。
 通常は一人3個~、って見当みたい。

 タコス3つとケサディーヤを頼む。
 ビニールを被せた皿に乗ってくる。モノグサな下宿学生みたいだ(笑)。(ビニール被覆皿、メキシコではけっこー使われてるくさい)
 お味はたいへんにケッコー♪ 「美味いタコスの標準」…みたいな感じなんだろうなあ。
 Relleno Negro de Pavoはこっちではポピュラーみたいだけど、日本ではあまりいただけないんで、「こいつぁイイんでないかい!?」と卓上が賑やかになる。黒ソース、旨し。

e0254271_10590883.jpg
 トルティーヤ焼いてるオバサンのメキシコ衣装、Noma Mexicoのトルティーヤ班オバサンの衣装とだいたい同じデザイン。これが“雰囲気”なんだろうか?

*****

 町をぶらつく。

 ビルの屋根をかける工事をしている。椰子葺きだな。
 簡単なもんだ…と言ってしまっては申し訳ない(^^;)が、大雑把に言うと、簡単に出来上がってくものだなー。

 トゥルム通りは、土産物屋・工芸品店・ブティック・飲食店…。

 漫画ちっくなほど巨大な刃を持つ重機がやってきて、何すんのかとオモタら、いきなり道路を削り出した。
 囲いもせず、工事看板を出すわけでも声をかけるでもなく。
 アッと言う間に回りは砂煙(そもそも町中、白茶色く砂っぽいのだが)で視界が白んでくる。
 …と、土産物屋のオッチャン、飛んで出て来て、砂まみれにされたくない軒先の商品を慌てて取り込む。
 いやあイイ加減だなあ。ビバ・メヒコ(^^;)。
e0254271_11000098.gif
e0254271_11010651.jpg
 スーパーを覗いたりしながら更に進むと、町役場(みたいの)、公園Parque Dos Aguasの方向へ曲がる。
 地図上、その先に「Mercado de Tulum」と市場があるようなので。
 市場はあった、けど多くが閉まっていて、開いてる店も片付け中。そうか、機能するのは午前の早い時間かあ。
e0254271_11015730.jpg
e0254271_11021358.jpg
 まあ想定内なのでグルっと回ると、その先に大きい青果商があった。
 ウフフ、求めてたものはコレよコレ。
 メヒコのワンダーな産品が刺激的。
 ヒカマ・マメイ・チコサポーテ・マラクーヤ・グアナバナ・10種類ほどのチレ…。
 また、玉蜀黍・豆類・粉類…の棚は、建材売場にしか見えないw。
 市場の店もそうだったが、業種にカンケー無さそうな「得体の知れない人形」を天井から下げて売ってるのが、ん…、メヒコ♪
 お買物などもいたす…。ヒマでもあり、オッチャンが優しい。

 そこら中にあるコンビニチェーン「OXXO」のインストアカフェで水呑み休憩。
 散歩を続けると、ADOバスターミナルあたりまで戻った。
 前々日と同じく、『Campanella Cremerie』でジェラートにありつく。
 マラクーヤ・レッドベリー・ココナツ:エスプレッソ、うま♪
 女主人がテラスで伝票の計算をしながら、テキパキと店員に指示を出す。

 ビーチエリアへ戻る。
 ビーチサイドの土産物屋やブティックも見てみる。
 ダウンタウンより高い…そらそーだ。
 衣料品もオープンエアで、マネキンやハンガーがジャングルに突っ立ってる店が多数。
 …いやあリゾート地ですな~。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【倉庫直送品】 デル・ソル チポートレ 794g ★人気商品!
価格:997円(税込、送料別) (2017/5/15時点)


el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

# by aqishii | 2017-05-09 10:56 | 美味しい日々 | Comments(0)