AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 30日

「In de Wulf」、2016年一杯で閉店へ

e0254271_01011725.jpg
 また一軒、“最高”のレストランが消える。

 Dranouter「In de Wulf」のKobe Desramualtsが
「俺にはreflectする時間、breakが必要だ」
 と語り、2016年12月で閉店の意思を示したという。

---
 Joël RobuchonFerran Adriàの引退が50歳、Sergio Hermanが40歳…に対し、Kobeはまだ35歳である。
 まあKobeは「自分が引退するということではない」と言っているようだが。
 Sergioの「“引退”ではあるけど、実質的にはモードチェンジ」みたいな感じになるのだろうか。
 ただKobeの場合、アフターの「具体的な」プランは無い、という。すぐに新店を立ち上げるnoma閉店のようなこととは違う。

---
 しかしKobe、「Opinionated About Dining」全欧州ランキング1位(2014年。2013.5位/2015.4位)という頂点に立ったとはいえ、Joël/Ferran/Sergioのような「誰から見ても世界一」の眺めによる達成感に至った…とは思えない。
e0254271_01070026.jpg

---
 だけど何となく気持ちはわかる気もする。
 Kobeが店の主となったのは弱冠23歳の時。そこから走り出して12年間。もともと「向こうのシェフ」は短距離ランナー型が多いということもある。
 料理の世界全体にデビュー年齢が若くなる傾向は、アスリートの世界を思わせる…となると、パラレルに考えて引退・締め括りが若くなるのも、ありそうな話だ。

 アスリートが年齢が進んで、コーチ兼任になったり・シングルからダブルスに行ったり・バレーからビーチバレーに変わったり・サッカーからフットサルに転じたり…するように、アーリースタートのシェフが何処かの時点でギアをチェンジする必要にかられる…ことも出てくるのだろう。
e0254271_01095769.jpg
 渺々と広がる草原に宇宙から激しい風が吹き付ける中、ポツリと置かれた宝石箱の蓋が静かに閉まる。
 寂しい、ことは寂しい。

el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-10-30 01:05 | ニュース(海外) | Comments(0)


<< BEPOCAH x JORGE...      Noma is moving ... >>