AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 07日

栄耀映画を極めない

e0254271_15055312.jpg
 「オマージュ」でいただいたYves-Marie Le Bourdonnecのブラックアンガスがあまりに素敵だったので…記念、最近見た映画メモヽ(^~^;)ノ。(ネタばれ、あり)

 最近と言っても昨年末だが、見ましたよ、ステーキ・レボリューション。
 入りはガラガラ。
 煽りは「肉の常識がひっくりかえる」「世界中の牛を巡り、「世界一おいしいステーキ」ベスト10を決める、映画史上最も腹の減るドキュメンタリー」。
 たしかに、腹が減る(^^;)。
 以前「ステーキ! - 世界一の牛肉を探す旅」って本があったのを思い出す。
 事前知識ほとんど無しで行ってまずビックリしたのが、主演(案内役・司会)がYves-Marie Le Bourdonnecだった(^^;)。
 このヒト、パリじゃHugo Desnoyerと並ぶ人気精肉業者で本映画に起用されるのもわかるのだが、何故だか数年前ワタシがFBを始めたばかりの頃に友達申請を送ってきて、以来すっかり、タイムライン上に馬鹿な写真を撒き散らす愉快なオッサン…のイメージになっていた。いきなりスクリーンに現れて、ワラタ(^^;)。
 映画はなかなか面白かった。
 プロデューサー・監督のフランク・リビエラ(シャロレー牛の繁殖農家の出)は
「なぜフランスの牛肉は、他の国で食べる牛肉とは別物のように思えるのか突き止めたくなった」
 からこのフィルムを撮ったという。
 で、完成した映画の主張は「これはこうだ」という結論の断定より「色々な問題・色々な考え方・色々な美味しさの捉え方…がある」という投げかけ的な色彩が強く、そこが評価できる。
 食肉ギョーカイ特有の、、、ダークさ…がチラつくのもイイ。
 Yves-Marie Le Bourdonnecがフランスの生産者に訴えるポイントは示唆に富むものが多く、映画鑑賞者としても、後々にいただくステーキの旨みを増したと思う♪

 「実はあまり意味がない」と思った方がいいような(笑)世界ステーキランキングであるが、

1位 Bodega El Capricho(レオン・スペイン)
2位 Hawksmoor(ロンドン)
3位 さとう(東京)
4位 Peter Lugar(ニューヨーク)
5位 Joe Beef(モントリオール)
7位 Cabana Las Lilas(ブエノスアイレス)
8位 Templo da Carne(サンパウロ)
10位 Officina Della Bistecca(キャンティ)

 だった。
 まあしかし、スペインのチュレータはやっぱサイコーだよなあ、とは思わされる(笑)。
 本編で出てきた牛の中では、何処の店なら食えるという明示はなかったけど、スコットランドの長毛種は食ってみたかったなあ。


 これも昨年末だっけな、見た。
 煽りは「料理は、星の数より笑顔の数だ」「美食を超えたおいしい革命」「料理で世界は変えられる」「料理は国と人々の生活を変えることができる、最高の武器」で、そのものズバリ、ガストンの半生記。
 「いいお話」で、カンドーしろゴルァ的演出もまあ見てとれるんだけど、やっぱ感動する(^^;)…いい映画だった。
 大感動…ってんじゃなくて、ちょっと感動する…くらいがいい感じ。ペルーの雰囲気が感じ取れる。
 「ステーキレボリューション」は「何かモチャモチャしてスッキリしない」ところがイイ映画、「ガストン」は「バサっと一刀両断する快感」。
 Rene Redzepi, Andoni Luis Aduriz, Massimo Bottura, Alex Atala…らが出演してた。


 先月、京都で見た。
 煽りは「<食べる>を極めるフーディーズ」「地球は「美味しい」で出来ている」「三ツ星レストランから秘境の味覚、食の最先端から伝統料理まで」。…って秘境になんか行ってないがヽ( ´▽`)丿。
 最近のフーディーズのドキュメンタリーフィルム。まあ映画としてはカスやろな…とは思ってたけど、おまけに退屈(^^;)。
 それでもレストラン・シーンが現れると見てしまうんで、いい時間潰しではあった。
 オトモダチのYさんが「フーディーのシーンをカットしてレストラン・シーンだけのカット版を作りたい」なんて書いててハゲドウだったけど、実際、かなり色んな店で撮影してるのだろうが雑な使われ方しかしていない。レストランで回したフィルムだけ…のメイキングでも出してくれたらそこそこ資料だと思うんだけどなあ。
 ただ、OADのスティーブとアンディ・ヘイラーの普段の活動は、別段、評価してないことはない。
 アジア人枠で選ばれた若いの2人が「さあ皆さん、世の中にはこーゆー痛い奴もいるんですねえ」扱いなのは、この映画の印象をより悪くしてるかな。

 出てくる店は↓こんな感じ。
41 grados, Barcelona
Sushi Saito, Tokyo
Miyako Sushi, Tokyo
Jimbocho Den, Tokyo
Flocons de Sel, Megève
Jade Dragon, Macau
Amber, Hong Kong
Longjing Manor, Hangzhou
Hedone, London
Saturne, Paris
Ziya, Bombaj
Thaker Bhojanalay, Bombaj
Daniel, New York
Marea, New York
Eleven Madison Park, New York

近江牛A4 1頭ま...

近江牛A4 1頭ま...
価格:3,400,000円(税込、送料込)

el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2016-03-07 15:16 | 年代記(海外) | Comments(0)


<< Sentralen Resta...      捨てないで食べちゃおう >>