人気ブログランキング |

AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 03日

食の都じゃ、あ〜リマせんか (2)

e0254271_18592961.jpg
2日目。
曇天。リマはほとんど雨が降らないが霧の町と聞く。(ああじゃあいつもこんな天気なのかな、と思ったが、翌日からピーカン)
昼は移動だしまだ見当もつかんので、ホテルでしっかりめに朝食。玉子番長が焼いてくれるチョクロ入りペルアノ・オムレツがご機嫌。

タクシーを呼んでもらうが、ホテルの「いつもの」が出払ってるのか、コンシェルジェが荷物を持って「こっちへお願いします」と空港に戻る。
空港公式のグリーンタクシーに話を通して、それで出発。
空港周辺は渋滞箇所多し。渋滞してるとタクシー強盗が襲ってくる、という話(笑)なので身構えるが、まあ考えてみれば、公式じゃなくて流しのタクシーに逝くかなあフツー(笑)。
ルートは割とすぐに海岸線に出て下る道。カジャオを横に抜ける小道の類は、まああんまり歩きたくはないなあ…って荒み具合。

南下してサンイシドロの海岸側辺りまでくると、「いい波」が来てる。
「へえ、こんなん見たらサーファーなんか…」と話し始めるうちには、サーファー車が目立ち始め、いやあ乗ってる乗ってる、結構な数が波乗ってる。
土曜だしなあ!

ミラフローレスの海岸から町に入る。
ここでは海岸近くで崖になってる地形で、急な登り。
海岸から上の道への合流は万年渋滞らしく、車が止まると割りと紳士然の運転手氏だがおもむろにスポーツ紙を取り出しサッカー記事を読み出す(笑)。

e0254271_13314663.jpg
…などあって、ミラフローレスの町なかのホテル着。
カジャオと比べると落ち着き、「別の国」の眺め。
40室程度の規模、サンパなスタッフのホテル周りを散策。

ホテルと同ブロックにガイドによく出てくるセビーチェが売りのPunt Azulがある。土曜の昼下がりでこの人気店の前には待ち行列が出来てる。
賑やかなラルコ通り。でかいAtlantic City Casinoでは人造岩に水がほとばしる。
ホテルから2分くらいのとこにスーパーVivanda。なかなか高級そうな気分の照明だなと思ったが、実際、スーパーとしては最高級格らしい。豊かな品揃えで、以後お世話になることになる。

CasinoとVivandaの間くらいに、高級フゲテリア(ジュース屋)のLa Gran Frutaがあるのだけど、何か、寂れて見える。客もほとんどいないし。うーんどうしようか、と2回目に通りかかろうとしたら、Gran Frutaのテイクアウトを抱えたオネーサンとすれ違う。ま、やってはいるんだね、と入ってみると、フツーにやってた。同建物の隣区画が絶賛工事中なので寂れて見えるようだ。
此処の(基本は)10種類のフーゴはめちゃ旨。13ソル弱。以後、毎日訪れることになる。
6番のルクマはけっこー、軸になる。シン・アスカル。


el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)



by aqishii | 2016-05-03 23:49 | 美味しい日々 | Comments(0)


<< 食の都じゃ、あ〜リマせんか (3)      食の都じゃ、あ〜リマせんか (1) >>