AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 22日

これ以上は溢れまセーヌように (6)

 先週アタマはパリでした。
------------------------------

e0254271_11332281.jpg
 さて、月曜の夜。  日曜ほどではないが、パリ食べ歩きにとっては鬼門の日。
 …そこに、「土:イストワール~日:Atsushi/Evenコラボ」からの続きの日…という条件がつく。
 まあここらで気分転換系?…とかもいいかな?

 そんなとこで、またパリのTさんと連絡してたら、
「その日は宴会なんですけど、混ざります?」
 って話が。
「場所は116ですけど」
 んー、
「混ざってもヨイもの?」
 どうもOKなようなのでこいつぁ有り難いとお願いする。

 「116」というのは“イマをトキメク”「Pages」(残念ながら月曜休)がその隣にオープンした「Sumibiyaki(炭火焼)」の店。
 なんか「ちょうど良さそう」じゃないですか♪

e0254271_11342622.jpg
 *枝豆
 *空豆
 *鮪タルタル
 *カリフラワー・オリーブ・サラダ
 *炭焼鶏胸
 *鶏からあげ
 *炭焼蕪
 *炭焼蛸
 *炭焼根セロリ
 *炭焼アーティショー
 *トンカツ
 *和牛バーガー
 *炭焼ハラミ
 *フロマージュブラン

 駅で言うと、Kleber, Charles de Gaulle Étoile, GeorgeV…の真ん中あたりに「Pages」…ひょ~イイ場所だなあ。金主、金ありそ、、、(^^;)。
 その隣に「116」。
 とーぜんながら、作りも雰囲気もカジュアル。で、大繁盛…ひっきりなしのお客さん。
 品書を拝見すれば、ザ・居酒屋という感じ。
 枝豆にとりあえずビールか(笑)…って眺めんとこにパージュ手嶋シェフからご挨拶があってシャンパンが回ってきて、、、乾杯♪

e0254271_11360831.jpg
 炭火焼に、鶏カラ食べたい・トンカツも・バーガーを…などの声も上がり、Izakayaでござる。
 そこは、店は狙い通り・こちらは想定通り…って感じかな、まあイマ旬ガストロの出した炭火焼セカンドという角度からは「ひょっとして羊の皮を被った狼」的な切れ味の皿も?…という想像も幾分は持っていたのだが、そこは真っ直ぐの居酒屋調料理。羊の皮を被った山羊…くらい(笑)。
 まあしかし「居酒屋調」も、パリの変なIzakayaくらいしか知らないパリジャン相手には教育的にまっつぐなル・居酒屋を示しているのかな。

 シンプルな調理のものが多いので、何か来る度に在住組の「こっちの食材は…」的な解説や自慢や愚痴が、楽しい♪
 炭焼の、蕪や蛸はナカナカ良かった。

 宴席には、近日開店を控える某シェフも。
「またフランス人が間違った色のペンキを壁に塗っちゃった…(^^;)」
 なんて話も楽しく。
「**年頃は***におりまして…」
「え、その頃、行ったよそこ♪」
「**年くらいには***に回って…」
「ほんと?…ちょうど行ったよ!」
「ぎょぎょぎょ!(^^;)」
 などと因縁は繋がるものであった。
 そういえばAuberge du 15のMorieシェフも独立開店を表明されていたし、まだまだパリの日本人料理人たちの活躍は続くのであるなあ♪
 皆さん応援してます、健闘アレ!

el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)



by aqishii | 2016-06-22 11:32 | 美味しい日々 | Comments(0)


<< これ以上は溢れまセーヌように (7)      これ以上は溢れまセーヌように (5) >>