AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 31日

10th anniversary "akordu" (4)

 アコルドゥ10周年記念レセプションパーティーで、先週は弾丸関西行。
------------------------

e0254271_12013632.jpg
 ~
 *"NIKU-TAIKETSU" 岩手短角と赤牛 伊藤シェフとけんしん
 *吉崎シェフのスペシャル・かき氷
 ~
 *スペインの生ハム
 *ボケロネス
 *海老の香りのポテチ
 *マリネしたオリーブ
 *テリーヌ最中 干し柿
 *醤SU-NI-HIRU-TSUKI-KATETE-鯛-NEGAU
 *三輪山本の海藻麺 パープルバジルと海の記憶
 *奈良のビーツとスイカのガスパチョ 二つのミネラル
 *イカスミのテリーナと焼いた烏賊
 *倭鴨とりんご 大和肉鶏とラベンダー
 *ばあく豚のYAWARAKA-NI
 *バラとココ・マカロン 川島家のブラックベリー

e0254271_12015358.jpg
 近鉄の冷房が西日に負けている。…いや、たまたま調子の悪い車両だったんだろうが。
 すごい夏だ。
 近鉄奈良からアコルドゥの程よい距離が、歩く気にならない(^_^;)。循環バスが来るのをコンビニから見張って、飛び乗る。

 外壁に地味に「akordu」の文字…以前は無かったっけ?
 その館へ身なりのいい紳士淑女が吸い込まれて行く。

 我々も扉へ歩を進める、と、横手から覗く庭に、火が熾っている。
 おっと、ロレオール伊藤シェフ・ミヤモトけんしんシェフの姿が…。庭で焼肉対決の準備、の模様。

 受付も行列。
 おめでとうございます♪
 2階でうだうだw。
 「10th anniversary "akordu"」…そう、富雄駅前の前店の開業2008年から10周年となる。ボクらが初めて訪れたのが翌年5月。
 まあこの時ほど、すべてに驚き感激する訪問も珍しかった。あの設えと内容は、ちょっと現実離れしているほどのファンタジーだった。まだ10年…ではあるが、日本の料理店史上に残る伝説…となった富雄駅前でしたねえ。

e0254271_12020490.jpg
 さて定刻、下に降りて庭に出て、ベルモットなどドリンクをいただいてセレモニーのスタート。
 お庭で、十七絃/笙・龍笛の調べを聴く…と、古都の気分の盛り上げ。
 乾杯♪
e0254271_12022230.jpg
 ちょこちょこと抓めるパーティーフードだが、本日は「全体でコースとなるように順次お出しします」という趣向。
 さすがに到着する毎に、おおお・うむうむ♪…と卓がさんざめく上質さだ。
 目玉企画が、先ほどチラ見した、伊藤シェフ・けんしんシェフの『赤牛VS岩手短角』対決!
 国内では最も力強いサイドの両牛を庭で存分に焼き上げた、とあってか、けっこー「ありゃあウマイぢゃん!!」と感心。
e0254271_12023929.jpg
e0254271_12025543.jpg
 店内は、1階・2階ともパッツンパッツン…の大盛況。
 奈良のこの地に開店するにあたって尽力いただいた方々への感謝…の意味合いで、とくに1階は重厚に祝われている。
 ボクらは2階で、出来ればお会いしたかった先生方から今回も貴重な話を色々伺えて、大変にハッピー♪

 締めの海鮮カルドソはメニュー記載外…かな。実に食べやすい、腹具合の調整も兼ねて3杯食うた(^^;)。
 で、最後に控えし企画は、「氷匠 ル・クレール」。「ビストロ ル・クレール」が期間限定で供するかき氷だそうで、整理券が出るような人気だそう。
『トロピカル イエロー』
 アップルマンゴーとパイナップル/オレンジの皮のゼスト/パッションフルーツ・シロップ/ミルク・シロップ/パッションフルーツ・ゼリーとココナッツミルク・ブラマンジェ
 ホワっとした氷に、複雑で豊かな味わい♪

e0254271_12031070.jpg
 夜は更けて行く。
 次の10年…20周年に向けて、期待と励ましの言葉を残して、奈良の闇に消えるづら♪



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【東大寺型 四天王 古代色仕上】 木製
価格:480000円(税込、送料無料) (2018/8/2時点)



[PR]

by aqishii | 2018-07-31 12:01 | 美味しい日々 | Comments(0)


<< エッフェル塔のレストラン、デュ...      10th anniversar... >>