AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 22日 ( 1 )


2018年 02月 22日

続・秘密の小部屋 101.

 小部屋…すなわち古典落書風に言うと「思考と空想の部屋」(笑)についての考現学。
 まことにお店にはアイスマヌ的ゴメソな話ですが、そこに語られる表情が面白いってんだもん(^^;)。

--------------------------------------------------------------------------------

e0254271_14424427.jpg
2011年 ラッセ

 2011年オープンのこの店に、同年内3回目の訪問。
 イタリアンのシェフは帰国数年の変化が激しい…のをこの頃は改めて学べたようで、良い体験だった。
 小部屋は、今もそうだが、わりと地味w。





e0254271_14432894.jpg
 以後、我が家が偏愛するようになるこの一軒は、この前年あたりから行きだしている。
 小部屋は「古い民家改造型」店舗である面影を残す、エスニックあるある調w。



e0254271_14440931.jpg
2011年 北島亭

 は、自分は熱心に行っていたのが20世紀中なので、改装後の小部屋は馴染みがない。…と言って、改装前を覚えているかと問えば、覚えてない(店内風景はボンヤリ覚えているが)。
 いずれにしても、んなことを言おうが言うまいが、「幌」が変わってないのは偉大だ♪ (まだ変わってません、よね?)




LoDoc

AQ! / Lo.doc 【CD】
価格:2,500円


[PR]

by aqishii | 2018-02-22 14:47 | 小部屋考現学 | Comments(0)