AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 03日 ( 1 )


2018年 07月 03日

老舗の閉店情報

 関根進・葉子夫妻の「オー・シザーブル」が、6月30日で閉店。
 1978年開店。
 歴代シェフには、勝又登氏・川本謙一氏・五十嵐安雄氏・川崎誠也氏・谷昇氏・濱中良和氏・河井健司氏…ら。(…まさに「源」…)
 (「ビストロ・ド・ラ・シテ」(depuis1973)の方は存続するのであまり言うのもアレだが)1970年代以前から続く仏料理レストラン(ロオジエレカン、トキなど)はかなり少なくなってきた。

●金沢 つる幸
 2018年11月末に閉店。
 1965年創業。
 ご主人河田康雄氏は「高岡町周辺でカウンター主体の小料理店を来年オープン予定」と報じられている。
 …シザーブルもそうだけど、コア部分は俺らからは“仰ぎ見る上の世代”の名店、ガキの頃に小説やエッセイで読んで憧れましたよ…って存在なのだが、もちろん現在もミシュラン2つ星の大名店で、河田康雄氏は2代目であるから3代目4代目と続いていくんだろうな…と勝手に思っていたところに、「閉店」という決断は驚き。
 中東久人氏・髙橋義弘氏をはじめ、「つる幸で修業」した料理人はものすごく多かった。

●ひばりが丘 たなか
 (FBでNdCさんに聞きました)
 6月30日で閉店。
 名店「明月庵田中屋」(1958年創業)のご主人田中國安氏が一旦身を引いた後に気さくな店として復活したのが「たなか」。田中氏はもう90代であられるよう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

行きつけの店 (新潮文庫) [ 山口瞳 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2018/7/4時点)



[PR]

by aqishii | 2018-07-03 13:26 | ニュース・情報(日本) | Comments(0)