AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

懐古譚 : 2002 Guide Michelin France

 本ブログはまだ始めて数ヶ月。
 かつての、Guide Michelin France 発表時の空気を回顧してみる。

-------------------------------------------------------------------------------
e0254271_1831194.jpg参考:2002版発表時の感想

 ~ 2002版…、つまり10年前。「ミシュラン…の、中の人」…というベルナール・ネジュラン編集長が辞して2年目、まだその後任のデレク・ブラウンの時代ですね。今から見ると、どこか、ノンビリしている…。 ~

****************

 ムッシュ平松、おめでとうございます。…というわけで、日本のジャーナリズムも騒がしき2002年度版。…というわけで、眺めながらブツブツ呟いてみよう。

 平松氏であるが、氏に限らず、まともに取り組めば、ミシュランの実質の星に相当する日本人は数多くいると思われる。障壁となるとすれば、ともすれば「政治的姿勢」を色濃く見せるミシュランの体質だろう。その点、2001年10月に開店したばかりなのに、取材に疑問を抱かせるほどの早さで星に辿り着いたヒラマツの、根回しには万全の努力が感じられる。…なんてぇんだけど、まぁ、それはいいや。

 それより、ギ・サヴォアが念願の3つ星ですね。ギにしてみれば、「やった~」というより、「ハァ、待たされたよ」って感じかもしれないけど。昨年、
http://aq.webtech.co.jp/restmfr2.html#GSAV
ということがあったので、調子いいのかな、とは思ってました。うう、予約が入ってればなぁ。アルページュグラン・ヴェフールは、ワシらが行った翌年に、3つ星に昇格してるんです。ミシェル・ブラスも予約を入れたときには2つ星だったんです。「行ったら3つ星に…」が4軒目となると、自称「青い鳥」になれたのにぃ…。(^^;)

 それと、ルドワイヤンが3つ星。ちょとビクーリ。今のシェフは98年からで、食べてないから何とも言えないのだけど。ただ、ルドワイヤンも、ミシュラン好みの「由緒」とか「建物・雰囲気」とかの店なんで、そちらの側面が強いのかもしれないが。
 そのルドワイヤンの前任、何と「ベルギー人女性」シェフにして、落ち目のルドワイヤンを2つ星に復興したジスレーヌ・アラビアン料理長は、自分のレストランで1つ星を獲得した模様。ここは行ってみたい。ハチャメチャで旨い、才能を感じさせる人でした。ギィ・マルタンとかデヴィドヴァンラエの料理を追い込んだような印象。またベルギービールとの相性も追求していたりするのか。

 l'Arnsbourg Untermuhltal pres de Baerenthal (Moselle)が3つ星。これ、知ら~ん(^^;)。1998年に2つ星に昇格したばかりだそうで。Baerenthalはストラスブール近郊のようで、ル・クロコディルが2つ星に降格したのとのバランス?、なんて感じも。
 ムーランドムージャンが2つに戻し、トロワマルシェが1つに落ち(アタリマエじゃ、って感じ)、などなど。

****************

 読者の方から、メールで情報をいただいた。新3つ星「ルドワイヤン」について、である。

●ルドワイヤンの新シェフは才能溢れる優れた人物であり、
●ルドワイヤンも承知の上、3つ星に勝負を賭けて彼を引き抜いたのだろう

とのことだ。おおお、これは魅力あるぞ、ルドワイヤン! 声を大にして注釈訂正しておきたい。

****************

-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-29 23:29 | Michelin | Comments(0)
2012年 02月 28日

Guide Michelin France 2012

e0254271_1755197.jpg 2月27日、ミシュランから Guide rouge France 2012 の正式の発表があった。michelin.com の Communiqués de presse に星の一覧表が上がっている。
 今回の内容の主だった点は、事前の予想&リークの通りで、とくに誤報も無し。
 再掲になるが、

●新3つ星に Emmanuel Renaut の Flocons de Sel (Megève)
●新2つ星に、パリの Thierry Marx、Philippe Labbé はじめ10軒
●小林圭の Kei、吉武広樹の Sola という「ビバ日本、おめでとう」2軒を含め、噂のあったパリの新しい風(Cobea,Akrame,39V,Diane,,)にも続々星が

 以上は色々なところで取り上げられることとなりましょう。

 さて、正式版が出てみての、「え?え?え?」「ありゃりゃ、、、?」…だが、ワタシの目をひいたのは、まず

● Youpala Bistrot の無星転落
Le Jardin des Sens の一つ星転落

 である。
 「ワタシの…」と書いたが、プドロの速報ブログなど見ても、多くの読者が「サプライズ」としていたのは、この2点であった(既報分は既知だから…)。

 Youpala のシェフ J.M.Baudic は、ガニェールやエレーヌ・ダローズのスー・シェフを歴任した後、サン・ブリューの Aux Pesked で一つ星。独立して出した自店も順調に一つ星獲得。…と好調だった筈の若手。
 Alex GauthierAlex Bourdas とともに、「北仏のこれからを担うホープ」として取り上げられることが多かった、と記憶する。
 本来は、星が増えることはあっても、減ることは考えられない頃合の筈。「何があったんだ?」…って感じだけど、実際に「何かあった」可能性もあるわけで、気になるところである。

e0254271_18153468.jpg さて、Le Jardin des Sens は、言わずと知れた元三つ星。ワタシらのことを言うと、訪れたのは二つ星に落ちてた2009年年末で、まあ正直に言うと料理もサービスもボロっとしてて「二つもチビしいね」などと話してた(双子とも、在店してたんですがね)、そんな意味では、一つ星転落もウチ的には驚きに値しない筈…なんだけど、やはり、この転落劇は衝撃がありますね。
 プドロの所に確定的情報で「落ちた」と出ていても、「嘘だ! ミシュラン見るまで信じない」という書き込みがあったくらい、良かった時代を知っているファンにはショックかも。
 改めてひも解いてみると、Le Jardin des Sens の三つ星は1998-2006年で、Pourcel兄弟の年齢は34-42歳のようだ。若くして三つ星を得たエリート中のエリート(双子がブラスとトラマのスーシェフ出身…というのも、なんつーか見事)が、未だ40代のうちにずるずると一つ星まで落ちてしまう…というのは、前例があっただろうか?

● Les oubliés

 フランスのサイトを見てると、↑のような見出しがチラホラと立っている。
 今年は、とくに、パリで上記のKei, Akrame, Sola …の星獲得に対比される、
「おい、そんで、Agapé Substance, Chateaubriand, Septime …はどうしたんだよ?」
 という話(これらの店は無星のまま、ガン無視)。
 ミシュランは以前から、「他のメディアが高評価する店に冷たい」と揶揄されるところがあるが、アガペSとシャトーブリアンの落選は、そういう向きには、「絶好の餌を与えてしまった」ような感アリ…ですな(^^;)。

e0254271_18254650.jpg ってな2012版でしょうか。
 あとは、「ひとりごとメモ」(^^;)。
○ Quimper のL'Ambroisie が一つ星獲得。あの、名前が紛らわしいこと(パリのL'Ambroisieと…)だけが日本人にユーメーな店(^^;)(←シツレイな)、今までは無星だったのか(^^;)。Auberge de L'IllL'AmphitryonCheval Blanc らの「紛らわしい星付きレストラン協会」へようこそ!(^^;)
 さらに、ついでに見て行くと、マコンの L'Ambroisie という店はBib Gourmandを獲得したようだ。ああ紛らわしい(笑)。
○ Valmont の Le Bec au Cauchois が一つ星獲得。Pierre Caillet は、昨年のMOF獲得に続いて…と順調。発展途上の店とは思うが、田舎愛好家としてはたまらないド田舎ぶりは、応援したいところ。
○ 日本人では更に、まだ開店1年にも満たない Restaurant KIGAWA が Bib 獲得。一方、タカタカこと Takao Takano (ex.Nicolas Le Bec の…)が星を失ってしまったのは残念。
○ Moulin de Mougins は「逆襲が始まったか?」とか前向きな噂を聞いていたのに、また無星に舞い戻ってしまった。Fogon が落ちた、というのはパリの人には結構大ニュースらしい。
○ Jacques Cagna 無星転落。カーニャは店を手放したいらしい…という噂も聞こえたりもし、何だかんだ言ってこれは「引退に伴う…」というニュアンスに近いものであるかもしれない。何せ、「Jacques Cagna」オープンが1975年(それ以前に既に星は持っていた)・1978年には二つ星、…とほとんど“歴史上の”大シェフ。
 僕らは縁無く、伺うことなく終わってしまいそうだけど、何故か、パリの路上で犬の散歩中のカーニャとばったり遭遇、無駄話をさせていただいたことだけ、あった。本当に、日本語が「ペラペラ」に近かった。
○ Ingouville の Les Hêtres が、「一つ星を失う」欄に入ってるけど、この店が例の、「2011版で星がついたのだが、本が出た時には既に閉店していた」ので話題になったレストラン。
○ ルーションのワインリストの素晴らしい L'Almandin (St.Cyprien) の無星転落、故・見田先生の好きだったLes Allobroges (Paris) のBib転落…などは、個人的には懐古的心地に。

-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-28 18:11 | Michelin | Comments(2)
2012年 02月 27日

噂(3) le Guide Michelin France 2012

 現在パリ時間午前3時過ぎ、発表まで数時間、というところだが、「リスト漏れましたよ~」…というような報道も出ている。

新3つ星 1軒
Megève (74) Flocons de Sel N

新2つ星 10軒
Carcassonne (11) Le Parc Franck Putelat N
Chaudes-Aigues (15) Serge Viera N
Courchevel / Courchevel 1850 (73) Le Strato N
Le Havre (76) Jean-Luc Tartarin N
Jongieux (73) Auberge Les Morainières N
Menton (06) Mirazur N
Nice (06) Chantecler N
Paris 1er Sur Mesure par Thierry Marx N
Paris 16e L’Abeille N
Reims (51) Le Parc Les Crayères N

Passage53はがっちりキープ。

新1つ星
Albertville (73) Million N
Ambronay (01) Auberge de l’Abbaye N
Antibes / Cap d’Antibes (06) Bacon N
Astaffort (47) Une Auberge en Gascogne N
Aumont-Aubrac (48) Cyril Attrazic N
Le Bar-sur-Loup (06) L’Hostellerie du Château N
Bormes-les-Mimosas (83) L’Escundudo N
Bully (69) Auberge du Château N
Caen (14) A Contre Sens N
Chamonix-Mont-Blanc (74) Auberge du Bois Prin N
Charolles (71) De la Poste N
Clermont-Ferrand (63) Le Pré Carré N
La Colle-sur-Loup (06) Alain Llorca N
Colmar (68) Rendez-vous de Chasse N
Faulquemont (57) Toya N
Grasse / Magnosc (06) Au Fil du Temps N
Honfleur (14) La Ferme St-Siméon N
Issoudun / Saint-Valentin (36) Au 14 Février N
Lachassagne (69) La Table de Lachassagne N
Lille / Gruson (59) L’Arbre N
Lyon (69) Les Loges N
Neuville-de-Poitou (86) St-Fortunat N
Nice (06) Le Bistrot Gourmand N
Paris 1er Kei N
Paris 4e Sola N
Paris 5e La Truffière N
Paris 8e Le Diane N
Paris 8e Le 39V N
Paris 9e Le Lumière N
Paris 14e Cobéa N
Paris 15e Le Quinzième-Cyril Lignac N
Paris 16e Akrame N
Paris 16e Shang Palace N
Paris 16e Les Tablettes de JL Nomicos N
Périgueux / Champcevinel (24) La Table du Pouyaud N
Puligny-Montrachet (21) Le Montrachet N
Rostrenen (22) L’Eventail des Saveurs N
Saintes (17) La Table de Marion N
Tarare (69) Jean Brouilly N
Toulouse (31) Stéphane Tournié Les Jardins de l’Opéra N
Tourrettes-sur-Loup (06) Clovis N
Tréguier (22) Aigue Marine N
Val-d’Isère (73) L’Atelier d’Edmond N
Valenciennes (59) Le Musigny N
Valmont (76) Le Bec au Cauchois N
Vannes (56) La Gourmandière-La Table d’Olivier N
Vaux-en-Beaujolais (69) Auberge de Clochemerle N
Villefranche-sur-Saône (69) Le Juliénas N

-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-27 11:20 | Michelin | Comments(0)
2012年 02月 24日

Claus Meyer : Food as a Weapon against Poverty

e0254271_18153924.jpg 昨日facebookで「Villa AiDA」のウォールを見ていたら、「今 地方レストランにできること」というマニフェストが上がっていた(うーん今年はまた何とか行きたい、と強く思った(^^;))。
 勿論、これは、Claus Meyer の The New Nordic Cuisine Movement Manifesto のもじりであるが、

 (Manifestoをもう一度見ておこう)
*****************************************
Manifesto for the New Nordic Kitchen
As Nordic chefs we find that the time has now come for us to create a New Nordic Kitchen, which in virtue of its good taste and special character compares favourable with the standard of the greatest kitchens of the world.

The aims of New Nordic Cuisine are:

1. To express the purity, freshness, simplicity and ethics we wish to associate with our region.

2. To reflect the changing of the seasons in the meals we make.

3. To base our cooking on ingredients and produce whose characteristics are particularly excellent in our climates, landscapes and waters.

4. To combine the demand for good taste with modern knowledge of health and well-being.

5. To promote Nordic products and the variety of Nordic producers – and to spread the word about their underlying cultures.

6. To promote animal welfare and a sound production process in our seas, on our farmland and in the wild.

7. To develop potentially new applications of traditional Nordic food products.

8. To combine the best in Nordic cookery and culinary traditions with impulses from abroad.

9. To combine local self-sufficiency with regional sharing of high-quality products.

10. To join forces with consumer representatives, other cooking craftsmen, agriculture, the fishing, food , retail and wholesale industries, researchers, teachers, politicians and authorities on this project for the benefit and advantage of everyone in the Nordic countries.
*****************************************
e0254271_1821190.jpg noma に続く新スタイル店 Radio も好調な Claus は今や、世界最注目のシェフ…っつかレストラトゥール…っつか企業家…っつか飲食運動家(笑)の一人だが、その最近の動きが、表題の「Food as a Weapon against Poverty」。
 The Melting Pot Foundation という慈善財団を立上げ、手始めに、ボリビアの困窮層向けの料理学校設立・デンマークでの研修(Radio, Noma, Fiskebaren, Relæで!)を行い、土地の食の進化変革を通して経済的にも自立できる力を持とう。…ということのようだ。ブラヴォ!
 また、続いて、国内の刑務所にもクッキングスクールを開校している。…映画でも撮れそうな絵柄だな(笑)。

 Bernard Pacaud じゃないけど、「親に見捨てられた」子供だった Claus の生と食に対する(ポジティブな)飢餓感はとどまるところを知らぬようだ。
 ボリビアにまで食の知見を広めて行くことについて Claus は、
" I want to show that the new Nordic cuisine is not just about the Nordic region "
 と答えている。
 「今 地方レストランにできること」マニフェスト…という和歌山の形を知ったら、さぞや喜ぶことだろう(笑)。

【送料無料】ノーマ

【送料無料】ノーマ
価格:7,308円(税込、送料別)


-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-24 18:18 | 年代記(海外) | Comments(0)
2012年 02月 23日

SANTI restaurant will say goodbye to Singapore

e0254271_14112440.jpg Singapore の Marina Bay Sands のサイトの発表によると、2010年オープンの「Santi」が3月11日をもって閉店…とのこと。

 「Santi」は勿論、Can Fabes の Santi Santamaria によるシンガポール支店であり、昨年、まさにこの店でのフェアの折、急の心臓発作を起こして帰らぬ人となったのは記憶にまだ新たなところ。
 以後は弱冠26歳のSantiの娘、Regina Santamaria が指揮をとっていたが、このたび閉店となった。
 Santamaria Family はビジネスをかなり広範に広げているところに昨年の悲報であり、この閉店は、致し方ない…というか妥当な判断のような印象は受ける。
 今後は、スペイン国内に絞ってグループを運営して行くのが、Regina と母 Angels Serra、そして Xavier Pellicer の意向であるようだ。

-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-23 14:12 | ニュース(海外) | Comments(0)
2012年 02月 22日

Prosper Montagné 賞に Yu Sugimoto 氏

e0254271_1782069.jpg 62ème Prix Culinaire Prosper Montagné が2月7日にパリで行われ、Yu Sugimoto 氏が Lauréat de cette 62ème édition に選ばれた。氏は、le sous-chef de Yannick Alléno au Meurice である。
 プロスペル・モンタニュの名を冠するこの賞は、2年に1回催される若手の料理コンクール…ということでいいのかな。今年の審査委員長は、初の女性MOF(Chef de Cuisine)である Andrée Rosier氏。
 3位にも日本人の Akihiro Kikuchi氏。ちなみに前回2010年は、Yoshiyuski Aoyagi 氏が3位を獲得していた。

Lauréat : Yu Sugimoto, restaurant de l'Hôtel Le Meurice à Paris
2ème : Grégory Halgand, restaurant de l'Hôtel Dolce Chantilly à Chantilly (60)
3ème : Akihiro Kikuchi, restaurant Hills Club à Tokyo (Japon)

-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-22 17:09 | Guide : France | Comments(0)
2012年 02月 21日

噂(2) le Guide Michelin France 2012

 昨日の続き。
 昨日分に加えて、新2つ星の噂が出ているところ。

Serge Vieira : Serge Vieira à Chaudes-Aigues
Franck Putelat : Au parc à Carcassonne
Jean-Luc Tartarin : Jean-Luc Tartarin à Le Havre
Jean-Denis Rieubland : Le Chantecler à Nice
Philippe Mille : Les Crayères à Reims
Mauro Colagreco : Mirazur à Menton

 まあ、噂・予想だから当然といえば当然だけど、名シェフ・名門の「星の取り直し」や「アレ、まだ1つだっけ?」…ってのが目立つ(笑)。か。

-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-21 13:03 | Michelin | Comments(0)
2012年 02月 20日

噂 le Guide Michelin France 2012

 ミシュランガイド・フランス2012は2月27日に内容が明かされるが、星の動向についての噂が流れ始めている。
 …といっても、昔は、年明け早々から星があーだこーだと喧しく騒がれたものであるから、今は、ミシュランガイドへの関心が薄れているのか、私の聞き耳が衰えているのか(笑)、、、だが。

 Le Point誌の記事が幾つかのマスコミに紹介されているが、

●新3つ星に Emmanuel Renaut の Flocons de Sel (Megève)
●パリの Thierry Marx、Philippe Labbé は2つ星を獲得

 ということのようだ。さて、如何なりますか。(ちなみに、ミシュランの星予想…って、マスコミ記事に上がったりしたようなものでも、案外、的中確率は大したことない)

-------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-20 20:18 | Michelin | Comments(0)
2012年 02月 17日

続・秘密の小部屋 11.

 旧・秘密の小部屋はこちら
 小部屋…すなわち古典落書風に言うと「思考と空想の部屋」(笑)についての考現学。
 まことにお店にはアイスマヌ的ゴメソな話ですが、そこに語られる表情が面白いってんだもん(^^;)。

--------------------------------------------------------------------------------
e0254271_0194240.jpg2005年 Les Maisons de Bricourt
e0254271_0195194.jpg

 オリヴィエ・ロランジェの瀟洒な館。まさかこの後、すごい勢いで三ツ星をとり、すごい勢いで引退する、…とは思わなかった(^^;)。




2005年 Manoir de la Boulaie
e0254271_020797.jpg

e0254271_0202650.jpg ナント郊外に「いったい誰の金で?(笑)」…ってくらい豪壮で新しい館がたっている。庭の池もでかい。まあ小部屋は、そんなに威張ってないが(笑)。
 ローラン・ソードーはこの年、開店わずか4年で二つ星を獲得、実際に料理の方もフランス勢としては革新的モダンを走っており、さりながら旨く、「このヒトあたりが次世代エース?」とすら思ったものだが、以後、あまり聞かない(^^;)。わからんもんだよなあ。…というか、フランスのこの世代のシェフは、多くが、なんとなくジャーナリズムに無視されている。






e0254271_0211951.jpg2005年 Aux Pesked
e0254271_0213130.jpg

 まだJ.M.Baudicがシェフだった頃。ここの店内は、スマートでお洒落…な感覚で統一されているのだが、小部屋だけ「若くてお茶目」な性格というか本性が垣間見えて、可愛い。
e0254271_0213883.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

by aqishii | 2012-02-17 00:17 | 小部屋考現学 | Comments(0)
2012年 02月 16日

サイト更新記録 エンリケ・マルエコス

 詳細はこちら

-------------------------------------------------------------------------------

e0254271_0135685.jpg2012年 1月 
 *ハリラ
 *人参とコリアンダーのサラダ
 *アディス
 *海老のピルピル
 *鶏とじゃがいものタジン
 *アルガンオイルとデーツのアイスクリーム
 +07 Tandem Syrah / A.Graillot

[AQ!]
 パリ~ランス~アルザス旅行帰りのあゆさんちへお年始。20時半「満席だけど21時過ぎには空きそう」…とのことで、様子を窺いながら。

 人参サラダ、アディス、海老ピルピルモロッコ風…と、初お試しだったが、いずれも、温かくまろくて、ふわっとたなびくようなスパイス・ハーブ感…と、モロッコ心に満ちて魅力的。
 いやあ、こちらも、注文戦線が激しいです(^^;)。だいたい2人だと、↑こんな具合の6品くらいに絞らんといかんからなあ…。
 タジンは、久しぶりに原点に戻って、鶏ジャガ。このジャガはたまらん。

 最近、お客さんのガイジン率がかなり高い。口コミ広がりでもしてんの?(笑)

【送料無料】家庭で楽しむモロッコ料理

【送料無料】家庭で楽しむモロッコ料理
価格:1,680円(税込、送料別)













e0254271_0151210.jpg
[へべ]
 アディスのぷっくりレンズ豆、たまりませんねえ。

 ちょっと早く着きすぎて店外でたたずんでいると、路上にも漂ってくる、えもいわれぬいい香り…。あゆさんの料理の、あの「はんなりと香りたつ」モロッコ感、不思議です。

-------------------------------------------------------------------------------
   AQ! Ishii web site
   「楽しいレストラン」

septieme

AQ! / septième 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2012-02-16 00:15 | サイト更新 | Comments(0)