AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

世田谷「しらとり」、閉店(してた)

 世田谷通りをクルマで走ってたら、「しらとり」が暗い。
 「アレ?」と思ってお店のオフィシャル・サイトを覗いてみたら、4月一杯で閉店されていた。

『しらとり』は2013年4月末を持ちまして、閉店させていただくことになりました。
これまでのご愛顧、誠にありがとうございました。


 名店「しらとり」のオープンは1992年。20年超のベテラン店だった。
 白鳥恒夫シェフが「ビストロ・ド・ラ・シテ」「」と歴任した後、世田谷区桜に自店として開店。
 日本のフランス料理史を語る上で、重い一店であった。
 長い間、ありがとうございました。
 白鳥さんはたしか還暦過ぎてるし、引退…なのかなあ? その辺はまったくわかりません。

 西麻布に「ロワゾー・ブルー」なんて店も持ってて、ホイチョイが「三つ股」をつけてたのも、日本のフランス料理史を語る上で大きい点ですなあ!(違)


[PR]

by aqishii | 2013-06-29 17:07 | ニュース・情報(日本) | Comments(0)
2013年 06月 27日

Helvaる来たぜ、イスタンブール (5)

e0254271_1305270.jpg
 (4)で店を紹介した、Şekerci Aytekin Erol の Fıstıklı Helva がコレ。
 ヘルヴァらしく(笑)、無造作な包装(ロクムなどは綺麗にパッケージしてくれます)。
e0254271_1324266.jpg

 手作り感満載のビニールを破り開ける。
 ヘルヴァの表面が、テカっ…というか、ツヤっ…というか、濡れ光っているように見える。特徴的だ。
 いただいてみる。
 食感は、シャクっ…というより、サクっ…な歯触り。
 胡麻・ピスターシュの香りが非常に高い。生生しい…と言ってもいいくらい。
e0254271_133990.jpg

 この瞬間風速のウマさ、ヴィヴィッドな魅力は、今回のこのタイプのヘルヴァ中でも白眉のモノと感じた。
 ただし(^^;)、この作りの宿命なのか、圧倒的に開封後劣化が激しい(^^;)。ラップかけといても駄目。グジュっとしてしまう。
 「開けたら食べ切り」…と思った方が良いのかも。

トルココーヒー銅製カフェタイムセット・ブ...

トルココーヒー銅製カフェタイムセット・ブ...
価格:12,000円(税込、送料込)



 しかし、ヘルヴァって、ウマイけど猛烈に甘いので、たかがこれくらいのサイズといえども、2人で食べ切るのはちょっと、需頁が痛い(笑)。多分。


[PR]

by aqishii | 2013-06-27 13:02 | 美味しい日々 | Comments(0)
2013年 06月 26日

西麻布「ラ・グラップ」、今月で閉店

e0254271_21315025.jpg
 ラ・グラップオフィシャル・サイトの伝えるところによれば、

ラ グラップは 6/30をもって閉店することになりました。
2004年のオープンから約9年間、支えて頂いたお客様はもちろんのこと友人、家族、スタッフ、
取引業者様に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました!!


 とのこと。まことに残念です。9年間、ありがとう!!
e0254271_2133073.jpg

 さて、写真は「スッコフ」。…鼈を使ったベッコフである(笑)。
 ファンの間では「まことに珍にして傑作なスペシャリテ!」と賞される逸品は、今度は何処でいただけることになるのでしょうか? ヽ(^~^;)ノ




[PR]

by aqishii | 2013-06-26 21:33 | ニュース・情報(日本) | Comments(0)
2013年 06月 25日

「すきやばし次郎」倉庫でボヤ

 ニュース、…ってか、「年代記」としてメモっときますか。
 24日、「すきやばし次郎」の地下2階倉庫から出火し、天井約3平方メートルなどが焼けたそうな。
 「かつおのたたき」仕込みでカツオをわらであぶった後、店員が燃えがらをブリキの缶に入れて倉庫に運んだものが燃えたらしい。


 中途半端な店なら色んな方向から責められそうな話だがそんなことも無さそうだし、中途半端な店なら言われなそうな辛辣な冗談はネット上を飛び交っている。…と、スケッチ(笑)。


[PR]

by aqishii | 2013-06-25 04:40 | ニュース・情報(日本) | Comments(0)
2013年 06月 24日

Francois Lamarche dies in tractor accident

 あのLa Grand Rueを所有するドメーヌ・ラマルシュのフランソワ・ラマルシュ氏が亡くなったそうだ。享年69歳。
 合掌。

ラ・グラン・リュ[2010] フラ...

ラ・グラン・リュ[2010] フラ...
価格:24,990円(税込、送料別)



 トラクターで別荘の草刈中に池に転倒、トラクターの下敷に…、というちょっと珍しい事故だそうで、たいへんに残念。
 lejslは「火曜の午後」の事故、と伝え、読売新聞のサイトは「25日」としているが、25日の火曜は明日だし、ちょっと珍しい予言…誤植?(^^;)


[PR]

by aqishii | 2013-06-24 12:39 | ニュース(海外) | Comments(0)
2013年 06月 21日

Xavier Pellicer, asesor gastronómico de la Arrocería Barraca

e0254271_9345097.jpg 今年、Can Fabesのシェフを辞して自身のプロジェクトに向かうと発表したシャビエル・ペジセルだが、まず当面の動きが一つ、明らかになった。
 Barcelonetaの新しいアロセリア「la arrocería Barraca」の、2階レストラン部の料理コンサルタントに就任…とのことだ。

【送料無料】家庭で作れるスペイン料理...

【送料無料】家庭で作れるスペイン料理...
価格:1,680円(税込、送料込)



 ま、こんなとこから、…ってとこでしょうか。絶品の(?)パエリャでもつつきながら、次の動きを待ちましょう、って?
 chefsbookのサイトに元気そうな近影(笑)!


[PR]

by aqishii | 2013-06-21 09:35 | Guide : Spain | Comments(0)
2013年 06月 20日

カンテサンス、御殿山に移転

 なんかいつのまにか公開情報(?)みたいになってるので、ここにもメモっときましょ。
 カンテサンスが今夏に御殿山に移転だそうです。…ま、場所的には、そんなに変わらんか…(笑)。
 広くなって・席数は同じ、だとか。




[PR]

by aqishii | 2013-06-20 10:46 | ニュース・情報(日本) | Comments(0)
2013年 06月 19日

北国の春 (1)

e0254271_18515941.jpg
 札幌まつりで湧き立つ札幌へ。

 …、なんちって、「祭り」なんて知らなかったんだよん。
 札幌に着くと、妙に地下鉄が混んでいる。地上に出れば人がウヨウヨ、しかも浴衣・和服姿も目立つ。お面をかぶってたり…。
 …へ?、と、投宿してから検索してみると、これが

「北海道神宮例祭」(札幌まつり)

 というもので、中島公園には露店が500出て、日曜には1500人以上の行列が練り歩く、…というのだから大した規模のもの。
 ウーン、こちらでは巨大イヴェントだ。内地ではそんなにゆーめーでない…と思うんだけど、まあ「6月」って観光といわれるとビミョー(^^;)。
e0254271_18523012.jpg

 ま、しかし、ワシらは食べ歩き。
 まずは、昨年に続いてのバンケット
 西18丁目界隈もだいぶ見慣れたが、今年はちょっと眺めが違う(笑)。
 ベルギー・デンマークでの料理修業を終えたゲンキ君がこちらで働いているのだ。
 バンケットのコーヘーさんは、ゲンキ君のフランスでの修業の地ウジェニー・レ・バンでの大先輩である。ゲンキ君からすると、さんざんお世話になった恩人。その縁。
 店では、「国内のフロア経験」=メートル・ソムリエ業を中心としてマルチ・ヘルパー・モードで活躍中。

 前回はコーヘーさんに「20時に出られるように」(新千歳最終便)…と無理なお願いだったのだが、今回はその点は「好きにやってくらさい」(笑)。
e0254271_18525227.jpg
 *バンケットの白い恋人
 *山うどとボタン海老
 *栗山町産ホワイトアスパラガスとウフ・ポシェ サマートリュフ
 *オマール海老と釣りきんき パッションフルーツの香り
 *フランス産仔牛のロティとアーティチョークのリゾット、オニオン・ヌーボー
 *道産フロマージュ
 *ベルベンヌのアイス、チョコレート、苺のパフェ仕立て
 *コーヒーのブランマンジェ、道産クリームチーズのアイス、アマレットのジュレ パフェ仕立て
 +11 Hautes Cotes de Nuits Les Dames Huguettes / Maurice Gavignet

 いやー、結論から言うと、

 凄かった(笑)!

 こいつぁ、日本有数のフランス料理ではあーりませんか!…と言わざるをえましぇんこ。
 北欧最前線を経験してきたゲンキ君と楽しくやってるのは随分と刺激にもなるらしく、技術・切り口・感性の「幅」が更に広がっている感じがある。
 その「広がり」感もとても心地良いのだが、客にとってより楽しいのは、視点が増えることによって「逆に」、コーヘーさんの本質的な持ち味である、豊かさ・純度の高さ・滑らかな深さ…つまり「フランスど根性」(笑)、、、みたいな美点が、より「感じやすく」なったこと、かも知れない。「幅」が広がって「深度」が見えやすくなった。不思議に、そう、思えた。
 それにしても、フランス料理の奥フトコロの継承者の少なくなっている今日コノゴロ(笑)、貴重な一軒です。
e0254271_18531939.jpg
 オマールは2人の「オマージュ・ミシェル・ゲラール」…の一皿だそうだ(「ああ、そうやってるんだ!」…なレシピ)。
 でも、
「ソースは本家よりちょっとだけウマイです(笑)」
 とのこと!(笑)


 仔牛にかかってるのは「削った芽キャベツ」!…でとても効いている。
e0254271_18535424.jpg




 なお、バンケットは来月7月前半に「店舗リニューアル」を行う。改装工事とともに、内容も、カジュアルさを多少減らしてより本格度の高いモノ…にしていくらしい。ワクワク♪


[PR]

by aqishii | 2013-06-19 18:54 | 美味しい日々 | Comments(0)
2013年 06月 18日

OAD : 2013 Top 100 European Restaurants

e0254271_2101052.jpg 「Opinionated About Dining」のランキング。
 アメリカ系、ネット版ザガットみたいな感じなのかなあ、基本は投票システムのようで、3800人以上の「審査員」が参加しているという。投票の「重み付け」とか工夫してるみたい。

 ランキング内容の方を拝見すると、ふうむナカナカ…何と言うか、欧州食べ歩きマニアの“ホットリスト”として割りとナチュラルに受け取られそうな感じ。

 各種ガイド・ランキングを見てて、
「サンペリは、新奇好きでオトモダチ倶楽部っぽくてフランスに冷たい」
 とか
「フーディーは、オッサンぽくて接待用かコリャ」
 とか
「90プラスは、所詮寄せ集め」
 とか
「ミシュランやゴーミヨは、各国版ディレクターが考えてることが、てんでバラバラ…」
 とか、と比べて、好き嫌いはあるけど「ああ、こんな店は入ってくるよなあ」感の強いリストかも。

 「マニアレベルでのミーハー」ではあるかなあ。
e0254271_21134517.jpg01.Quique Dacosta
02.Noma
03.Troisgros
04.L'Arpège
05.In de Wulf
06.FAT DUCK
07.Oud Sluis
08.ASTRANCE
09.Amador
10.Pierre Gagnaire
11.LE CALANDRE
12.ALAIN DUCASSE- LOUIS XV
13.Geranium
14.L’Arnsbourg
15.Bras
16.El Celler de Can Roca
17.Asador Etxebarri
18.FÄVIKEN
19.41 DEGREES/TICKETS
20.LA VIE
21.L'AIR DU TEMPS
22.SANT PAU
e0254271_21151328.jpg23.Dal Pescatore
24.Mugaritz
25.Piazza Duomo
26.LA MARINE
27.Combal.Zero
28.Ledoyen
29.LA GRENOUILLÈRE
30.AUBERGE DE L'ILL
31.ELKANO
32.Vendôme
33.Arzak
34.SCHWARZWALDSTUBE
35.Guy Savoy
36.RESTAURANT FRANTZEN
e0254271_2117221.jpg37.L’AMBROISIE
38.Hof van Cleve
39.SCHLOSS BERG
40.MARTÍN BERASATEGUI
41.Taillevent
42.MIRAZUR
43.STEIRERECK
44.Hertog Jan
45.De Librije
46.Osteria Francescana
47.LA PERGOLA
48.RÉGIS ET JACQUES MARCON
49.LE BRISTOL
50.LE CINQ
51.ULIASSI
52.LEDBURY, THE
53.SA.QUA.NA
54.MATHIAS DAHLGREN - MATSALEN (FORMAL)
55. Il Luogo di Aimo e Nadia
56.SPORTSMAN, THE
57.DIVERXO
58.MAISON PIC
e0254271_21185181.jpg59.Søllerød Kro
60.ALAIN DUCASSE AU PLAZA ATHÉNÉE
61.SATURNE
62.LE CHATEAUBRIAND
63.MICHEL GUÉRARD
64.HEDONE
65.COMME CHEZ SOI
66.RELAE
67.JEAN-FRANCOIS PIÈGE
68.IL CANTO
69.DA VITTORIO
70.FLOCONS DE SEL
71.CRACCO
72.MADONNINA DEL PESCATORE
73.BISTROT D'EYGALIÈRES ''CHEZ BRU''
74.CAN FABES
75.HKK
76.WALDHOTEL SONNORA
77.TORRE DEL SARACINO
78.SEPTIME
79.YOANN CONTE
80.SEA GRILL
81.GRAND VÉFOUR
e0254271_047437.jpg82.LE PETIT NICE
83.GORDON RAMSAY ROYAL HOSPITAL RD.
84.LE PRÉ CATELAN
85.Chez Dominique
86.DON ALFONSO 1890
87.BON-BON
88.BASTIDE DE CAPELONGUE
89.APICIUS
90.AL SORRISO
91.KOY SHUNKA
92.AQUA
93.KITCHEN TABLE AT BUBBLEDOGS
94.ALKIMIA
95.PERBELLINI
96.LE DUC
97.TANTRIS
98.LA PAIX
99.LE CHAMPIGNON SAUVAGE
100.AKRAME



 「いま旬」の一覧表、って感じは、「アリ」ですね。

2012版と見比べてみると、
 In de Wulf 30位→5位
 Geranium 24位→13位
 FÄVIKEN 圏外→18位
の躍進ぶりが目立つが、「そりゃそうでしょ!?」だよねー。

 へべに、
「この表の未訪で行ってみたいの、どれ?」
 と聞いてみた。
「The Sportsmanでしょ!!」
 とのことヽ(^。^)ノ。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2012版の話はコチラ
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


[PR]

by aqishii | 2013-06-18 21:18 | OAD | Comments(5)
2013年 06月 17日

René Redzepi on Noma Ownership: It's 'A New Era'

e0254271_1615362.jpg ノーマのシェフ、レネ・レゼピは、これまでも「ノーマの共同経営者の一人」であったが、Claus MeyerとKristian Byrgeの権利を大幅に譲り受け、名実ともに“オーナー・シェフ”となったようだ。
 クラウスらも部分的には、関わり続ける。
 また、オランダ人投資家Marc Blazerが、経営に大きく加わる、とか。

 ノーマも、店として、なんだかんだで「10周年」。当初は、クラウス・メイヤーの「The New Nordic Cuisine Movement Manifesto」のガストロ側の旗艦、現実化アンテナショップ的な色彩が濃かったのでは…と思われるが、これからはレネの言う通り、まさに「新しいエラ」へ入ることとなろう。

 この資本の移動と7月の厨房大改装、をあわせて考えると、恐れられていた(笑)「ノーマの早期の閉店」の噂は、だいぶ後退することになるように思われる。
 当面しばらくは頑張ってくれるんじゃないか、ということで、一安心ですね?(笑)

【送料無料】ノーマ [ レ...

【送料無料】ノーマ [ レ...
価格:7,308円(税込、送料込)



 クラウスについては、今、一番リキが入っているプロジェクトはボリビアの「Gustu」…ということも併せて報じられている。


[PR]

by aqishii | 2013-06-17 16:14 | ニュース(海外) | Comments(0)