AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

青家×Yoshi Morié

 多忙のため、ブログが8月上旬の内容をゆっくり牛歩しておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

-------------------------------------------------
e0254271_03114355.jpg

 異色の興味深いコラボイベントのメモ。

 Auberge du 15の守江慶智シェフとRelais Louis XIIIの建部洋平ソムリエが、中目黒の京おばんざいとコラボするという。
 パリのバコンス組の凱旋帰国休暇イベント。

 *Beurre de charbon de poireaux de Joël/ pain 100% blé Honoka 365
 *Concombre/vanille-sansho
  congre"anago"/ poivre des cimes/moroheiya-epine de vinette
 *Crabes"kégani d'été"/courgette
  espèce indigène/gelée de grain de coriandre/huile de pruneaux
 *Tsurumurasaki rafraîchi/ oursin de Hokkaido cru/ colatura-huile de fumée
 *Chinchard"Séki-Aji Ikéjimé" brûlée/ pavot/ junsaï/fleur de gambos
 *Calamar"shiro-ika"Toyama/papaye verte de Okinawa/ kinoa/ tadé-kinomé-bôfu/ao-yuzu (d'été) /bouillon de céréales&poulet de Aoya
 *Aubergine"kamo-nasu"Kyoto/Myrtilles Térada /huile de sureaux
 *Bavette aloyau de Wagyu"Ozaki"cuit en cocotte en terre cuite/jus de queue de bœuf d'Aoya au cardamome noire/ basilic de Kuma/ brioche de 365"patate douce"
 *"Nama fu" de Kyoto frite/reine des prés/ figues
 *Pêche blanche/ poivre timut/ verveine odorante
 +Champagne / Marguet
 +13 C de Marin / Dominique Lucas
 +09 Pernand-Vergelesses Ile des Vergelesses / Chandon de Briailles
 +14 Tavel Rose / Domaine l'Anglore
 +09 Beaune Les Bressandes / Domaine des Croix
 +04 Saumur Chamigny / Clos Rougeard
 +14 Cerdon méthode ancestrale / Alain Renardat-Fache
 +00-13 Grappa / Gino Barile

[AQ!]
 ヒッジョーに楽しい会!…ということもありーの♪、なんだけど、絶対値的素晴らしさにもクラクラしたヾ(〃^∇^)ノ。
 我が家の渡航先名簿順位、パリが急上昇(^^;)。

 内容的には、青家さんのダシや野菜をはじめとする日本食材とのコラボ…ということでパリとは異なるが、パリで出しているものと同一趣向のものやエスプリは入れて、という形。
 欧州リーグの気の優しいサイドバック(の縮尺を縮めた)ような守江シェフ♪が極めて精緻でヴィヴィドに香りと味を操る。
e0254271_03123625.jpg

 酒や旨し♪
 ペアリングコースのグラス芸もスバラし!…って、蕎麦猪口で飲むC de Marin(だっけ)なんてのも。
 点呼してるとキリがないけど、Saumur-Champigny、良かったですねえ、注いだだけで卓上に楽園が出来てました。

e0254271_03132736.jpg
e0254271_03135903.jpg
[へべ]
 自分たちの土地で得られる、季節ごとの素材。緑の濃淡や、白からグレイの陰影の美しさ。キャンバス一面に塗りを重ねた油彩ではなく、さらさらと筆を走らせた水墨画のような印象。
 清澄にして静謐、静かな音に耳を澄ますような味わい…「新北欧」料理に出会ってびっくりした、あの頃に胸をよぎった、ある思いがあった。

 「でもアプローチにしても、感性にしても、こういうのって、むしろ日本でアリな筈(なのに、なぜこれまでやられていなかったんだろうか…)」
e0254271_03150205.jpg
 ここへ来て、ついに時は満ちた! という感がある。L'Auberge du 15の守江シェフは、まさにそんな新世代の一人だと思う。本拠のパリでも、ぜひ食べてみたい。




el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-31 23:09 | 年代記(総合) | Comments(0)
2015年 08月 30日

越後文化へエッチ・ゴー! (14)

 夏休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

-------------------------------------------------
e0254271_03082864.jpg

 上越新幹線に飛び乗ってビュンと帰る。
 上越・東北からの帰りの夜は、例えば普段寄らない埼玉県の店などもよく漁るのだけどネタが尽き気味(^^;)。
 そうだ、もう一駅乗って上野…も普段寄らないよなあ。
 …という感じで♪

 *Pomme de terre SHISO Orange
 *Foie gras Caramel Ail noir
 *Moule Legumes Olive
 *AMADAI Poie vert Mais
 *Agneau Lentilles Tomate cerise
 *Fromage blanc Geniebre
 *Peche Raisin Mangue
 *Mignardises

 キエチュードは「ぽたじえ」の肥田先生に辻調の縁の方ということで教わってた店。
 稲荷町駅が最寄ではあるが、上野から歩いても5分くらい。下谷神社目の前、というロケーション。
 今年開業したばかり。「おまかせ5000円」型…で、素軽い店作り。
e0254271_03112117.jpg

 料理は「所謂モダンイノベイティブ」範疇になろうか。
 …いやあ実はこのジャンルは、我が家、去年・今年の新規開店組を色々食べ歩いてもいるのだが、アレですよ、いきなりトップを脅かす奴もいれば入り江の中で氷塊にぶつかって沈没しちまう奴もあり…で、“なんかもう大~変”なんだけど(^^;)、こちらはその点、
「処女航海、漕ぎ出だしました!」
 って感じがシックリ来てて、なんというか落ち着く(^^;)。
e0254271_03115003.jpg
 より個性を発揮していく舵取りはまあこれから、…として、実力や感性は見せている。
 今日で言えば、フォアグラなんか美味しい。
 安価・面白い立地…は追い風になりそうで、満席に近い入り、まずは順風満帆でしょうか。




el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-30 23:07 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 27日

越後文化へエッチ・ゴー! (13)

 夏休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

-------------------------------------------------
e0254271_04140541.jpg

 じゃ~ん、“真打ち”は、
【扇辰・彦いち二人会】
 である♪

 林家彦いち/入船亭扇辰 師匠の落語を石打で満喫すべ~…という会。
 オーベルジュ美食&落語堪能の企画だったのでありんす。
 経緯などは詳しくはアンドラモンターニュ関連のとこを見ていただきたいが、
・火災見舞
・BS日テレ「皿の上の物語」(いい番組でしたなぁ)の「モンタ&彦いち」の回の縁
・彦いち師匠がよく共演している扇辰師匠が近所の長岡出身
 という辺りが基本動機で、更に裏で色々な偶然やら因縁やら(笑)あって、開催の運びとなったようだ。

 会場は、アンドラ・モンターニュのお隣「駒形さん宅」♪
 うーんと、豪農さんとか庄屋さんとかなイメージ?…の古い邸宅。
 成行き上、高座から手作りだ♪ おつかれさまです。ま、ワシらの本業で言うと「101人コンサート」じゃね(笑)。
 高座の想定高さ…って結構高い。師匠の仕草で手を出した時に、手がお客さんの目の高さよりちょい上、くらいなんだと。
e0254271_04143811.jpg

入船亭扇辰「片棒」
林家彦いち「ちりとてちん」
 …いやあ笑った笑った♪
 は、言うまでもないかもしれないけど、この距離の近さはメガインパクトであった(^^;)。ほとんど眼の前だよ~ん♪
 表情や仕草がよくわかる…どころの騒ぎじゃないヾ(〃^∇^)ノ
 風が吹き抜ける落語、噺家さんの背後が向かいの山まで開放されてる落語、いやいや気分も爽快どした。

 師匠たちはアンドラ・モンターニュにお泊り(さぞや賑やかでしたでしょーなー)。
 我々は前日泊だったので、レンタカーを返して帰京する。




el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-27 23:13 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 26日

越後文化へエッチ・ゴー! (12)

 夏休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

 …と言う訳で、場合によってはネタバレになり得ますので、行く方は御注意あれ♪ (アーティスト敬称略)

-------------------------------------------------
e0254271_10413990.jpg

(一泊二日旅行の写真日記のまとめがダラダラと続いている(^^;)。
 紅茶にマドレーヌを浸しているようだ(^^;))

 「うぶすなの家」から更に歩いて5分ほど入る。天気が良過ぎて暑いのなんの…

古郡弘「胞衣―みしゃぐち」
 まるで古代遺跡に迷い込んだかのような、土を掘った不思議な空間。
 エリアの端も端っこで、この存在感は凄い。
 天気が良過ぎて暑過ぎて、そうそう居られたものではないが、ノーマルな気象環境なら小一時間も座っていたい感覚…
e0254271_10420405.jpg
 さてそうこうする昼下がり、我々は石打に舞い戻るのである。
 旅のもう一つの主眼が待ち受けている♪




el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-26 23:40 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 25日

越後文化へエッチ・ゴー! (11)

 夏休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

 …と言う訳で、場合によってはネタバレになり得ますので、行く方は御注意あれ♪ (アーティスト敬称略)

-------------------------------------------------
e0254271_10300058.jpg

 山深い方向を目指してみる。
「うぶすなの家」
 1924年築、越後中門造りの茅葺き民家。
 こちらを舞台に、陶芸作品など。
 食堂も兼ねているので昼メシを…、と思っていたのだが、さすがに夏休みの日曜で1時間待ち。
 断念して、軒先の胡瓜とトマトをいただく(なんと無料!)(^^;)。

e0254271_10301198.jpg
e0254271_10301925.jpg
e0254271_10302880.jpg
e0254271_10303927.jpg






el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-25 23:28 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 24日

越後文化へエッチ・ゴー! (10)

 夏休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

 …と言う訳で、場合によってはネタバレになり得ますので、行く方は御注意あれ♪ (アーティスト敬称略)

-------------------------------------------------
e0254271_04103390.jpg

 キナーレ内「越後しなのがわバル」でひと休み。
 蔡國強を借景に、「糸瓜のプリン」と「夕顔のわたの生姜レモン」♪
 夏休みとあって人が押しかける十日町、スタッフも“総動員体制”が楽しい。
 アート施設受付のボランティアらしい中年さんたちは、人なつこい人が多い。
 バルの店員さんもバイトデビューくらいなのか、持ってきたお盆からデザートを卓上においたところで盆の上の偏った珈琲カップの配置のバランスをとるのに、テンパってしまった(笑)。
「大丈夫ですよ~」とお盆から直接ピックアップ。
e0254271_04105456.jpg
e0254271_04112077.jpg
開発好明「モグラTV」
 キナーレ正面の芝生広場にできた菜園に、謎のアート♪
 ちょっとした広場の小丘に野菜が植わっているのだが、近づくと「覗き見台」がある。乗ってみるとその前にマンホール大の穴があり、よく見ると穴の下は地下空間が掘られていて、何か蠢いている。
 ほへ?…と覗き込むと、モグラの着ぐるみのアーティスト本人がいて、手をふっている(笑)。
 ちょっとしたスタジオになっていて、毎日、Ustreamによって放映もしているようだ。
 なんかモグラの着ぐるみで徘徊するアートがあるらしいぞ…とは聞いていたが、実物の馬鹿馬鹿素晴らしさは実物ならでは。
 畑の地面の下に異空間、って、予想以上に、変♪
e0254271_04113762.jpg



el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-24 23:09 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 23日

越後文化へエッチ・ゴー! (9)

 夏休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

 …と言う訳で、場合によってはネタバレになり得ますので、行く方は御注意あれ♪

-------------------------------------------------
e0254271_04421926.jpg

 石打に朝が来る。
 定番のアンドラ・モンターニュ朝食でエネルギー充填♪

 シャキーン!…となって、とりあえず「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に戻る。
 今日はまず、中心地である十日町越後妻有里山現代美術館[キナーレ]を目指す。
 大沢山トンネル抜けてくのがラク、と聞いて、そっちの道。
e0254271_04434100.jpg
e0254271_04435772.jpg
 トリエンナーレ特別企画は、「蔡國強 蓬莱山—Penglai / Hõrai」。
 地元の人たちとのワークショップ的作品でもある。さすが蔡さん…的な説得力がある。
e0254271_04443811.jpg
e0254271_04450049.jpg
 2階常設展も面白い。
e0254271_04451715.jpg
 写真は無いが、鉄道模型を使った影絵の「クワクボリョウタ《LOST #6》」はめっさ気持ちよい。酷暑・人混み…でない時期に改めて見にきたい(^^;)。



el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-23 23:40 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 21日

越後文化へエッチ・ゴー! (8)

 お盆休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

-------------------------------------------------
e0254271_03562351.jpg


"Domburi" de foie-gras chaud: 新名物?フォアグラ丼
 自ら「新名物?」と称する通り(笑)、名物フォアグラサンドを擁するアンモンが放つ自信の新作♪
 コレが色々、意表をつかれる。丼のゴハンは、ちょっと粥みたいな調子。フォアグラとソースに、レフォールのシリシリがかかってる(これが効く)。
 そしていただくと、フワ~っと軽く、プファ~っと旨い。
 短い電報で言えば、
「新名物?」
「新名物!」
 ですねー(笑)。
e0254271_03571333.jpg

09 a'Kira / T.FX.T
 ここらでグラス赤ワインに進行する。
「俺のワイン!!!」
 どう見てもどう飲んでも俺のワインなのだが、ここに来るアキラさんは皆、「俺のワインだ」と言うらしい。
 変だなあ、、、

 あ、ついでメモ。↑これは知る限り、最もアキラなワインだと思う。ブルゲンラント語らしい。
 俺の性格(?)上、アキラなワインは幾らかいただいているが、例えば覚えてるとこでは、
E.Bantiの「Aquilaia」
Mercureyを作ってる「Raquillet」
フリウリの「Aquila del Torre」
 とか、ね…
e0254271_03575172.jpg
Joue de veau au vin rouge: シャロレイ仔牛のホホ肉の赤ワイン煮 ズイキ入りじゃがいも添
 〆は肉ジャガでおじゃる♪ 贅沢肉ジャガじゃ~。
 すんごく透明ですんごく酒が呑める(笑)。汁はグビ飲みする。
 皿の縁に胡椒がふられていて、
「つけてもいいけど、香りくらいで十分だと思うんだよね~♪」
 も、ピュアリストな面目躍如。
 随喜がまたイイ。
e0254271_03582785.jpg

Gateau aralia: 巻機山で出会った季節はずれ?の山ウドのガトー
 ホッと、香りのデセール。
 教養講座は、「独活とかタラノキはaraliaっつうらしーぞー」と「マキキヤマちゃうねんマキハタヤマ:巻機山」ヽ(^~^;)ノ。

 ***

 いやあ、随分のご無沙汰ぶり(^^;)…になってしまいましたが、来られてよかったなあ♪
(んー、オツカレサマデシタ…とエチゴビールで乾杯などすると、エピローグ突入? ん、ナニナニ?…ラガヴリンの同一ラベルの2本:英国内流通と日本向輸出を比べるとどーなってるか…だって? とか を ベーコン とか…)




el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-21 23:55 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 20日

越後文化へエッチ・ゴー! (7)

 お盆休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

-------------------------------------------------
e0254271_03295134.jpg


Cru de poisson-tuile: 能生の甘ダイを生で ポルチーニのおからと共に
 5日間熟成グジ刺…の塩分を何で行くかのアドベンチャー。
 常日頃から“魚の刺身は出来れば醤油じゃないもので食べたい”…という傾向の強い我が家としては大いなる関心皿だが、いやあ来ました、ポルチーニ出汁おから!
 これはエエぞ~♪
 茸ダシはスポットライトのあたる昨今だが、受け台がオカラとは、やられましたの~。
e0254271_03301633.jpg

Frite des poissons: 能生の大ボタンエビと太刀魚のフリャー アンショワイヤードのタルタルソース
 エビフリャー、…って言いたかったのねえ~♪
 でかいボタンエビを揚げてしまいました(笑)。甘っ!
 あえて粗くゴロゴロのアンショワイヤード・タルタルがナイス。

Gaspaccio: きゅうり多めのガスパチョ
 表題の通りなのだが、胡瓜多くて見た目が、(グリーンカレー+スープドポワソン)/2…みたいになってる(笑)。
 とんでもない爽快汁で、いやあガストロの一品としてもいいけどさあ、これがペットボトルで冷蔵庫に入ってればなあ…と卓上で夢想してたら、後でシェフに聞くと「ペットボトルでぐいぐい飲んでるよ♪」だって~(^^;)。製造者はズルイな\(@▽@)/。



el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-20 23:27 | 美味しい日々 | Comments(0)
2015年 08月 19日

越後文化へエッチ・ゴー! (6)

 お盆休みだっつーに身辺が忙しく、ブログが牛歩になっておりますヽ(^~^;)ノ。
 ま、一つの、日々の生存報告ということでご寛恕下さい(^^;)。

-------------------------------------------------
e0254271_03542946.jpg


Amuse: 親不知海岸の岩ガキをトコロテンの様に ゴウヤ添え
 さてヨーイドンだぜい!
 …って、いきなり「岩牡蠣のトコロテン」!
 ダハハ…(^^;)
 熊さんが「朝、天啓を受けて…」ドンと突いた、のが、コレだっけかな。
 さすがでごぢゃります。思う以上に優しい味。そして確かに「ライ麦パンを呼ぶ」。ゴウヤも酢仕立てかな、ツンケンせずに牡蠣組の構成員としてお働き。
 で、アタマからニコライホフのエリザベートちゃん(後知恵だが娘の名前らしい)99(!)をいってしまう。
 凛として高貴、熟成からくる複雑さの奥行き、…だがそれ以上に、食事と合わせたときの親和性のステージの高さが印象的。
 リースリング・ニュアンスだが、(後知恵だが)リースリング・グリューナーフェルトリーナー・ノイブルガー・ピノ ブランの混醸だとか。酸が綺麗。
e0254271_03551709.jpg

Terrine de clabe: 能生のベニズワイガニのテリーヌ
 本日も能生からドドンと着いてます。
 まずカニカニ大作戦な蟹びっちりテリーヌ。剥くのを想像するとクラっとするような具合。
 (どれもそうだけど)酒が呑めるピュアリズム、熊さんらしい一皿。



el valle

AQ! / el valle 【CD】 【送料無料】
価格:2,000円(税込、送料込)


[PR]

by aqishii | 2015-08-19 23:53 | 美味しい日々 | Comments(0)