AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 27日

ヤバイ奴らが始まるって(笑)

e0254271_12191481.jpg
 ウチら界隈では「えと、どーしたっけ?」…と、つまり待望久しきであったヤバイ人たちが、ようやく準備整ったらしく走り出すらしい(笑)。
 5月頭に、足並みも揃ってw。(敬称略)

5月6日オープン 「TXOKO チョコ」(文京区水道) 関口晴朗
5月7日オープン 「荒木町 南三」(新宿区荒木町) 水岡孝和
e0254271_00444372.jpg
 こいつぁ熱いぜ♪
 あ~んど、どちらもネタ写真でゴメソ(^^;)。

 それから、界隈コード“のまとうきょう”と呼ばれていたnoma開発チームOBの話題の新店もオープン日が出たよう。
6月29日オープン 「INUA」(千代田区富士見) トーマス・フレベル

 noma東京の常打小屋が出来た、って?(笑)…まあ、nomaメキシコと比べると完成度など見劣りがした感のある東京の「アフター」が見られる…みたいなキョーミもある。高っかいけど、ね(^^;)。
 それにしてもThomas Frebelのfacebook、、、は、ザッカーバーグに叱られないんだろうか(笑)。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

進化するレストランNOMA [ レネ・レゼピ ]
価格:8640円(税込、送料無料) (2018/4/26時点)



[PR]

by aqishii | 2018-04-27 00:45 | ニュース・情報(日本) | Comments(0)
2018年 04月 26日

Top 100+ European Restaurants 2018

e0254271_18260155.jpg
 紹介・ランキング全体の感想は、過去のを見てください(^^;)。

 恒例(?)、ジャンル分けによる昨年からの“配置転換”を見ると、
SA.QUA.NAPIERRE GAGNAIRE、Bord’eau、La Vague d’Or、L’ Assiette Champenoise、JEAN SULPICE、Hostellerie Jérôme、Le Grand Restaurant、Inter ScaldesL’Atelier de Jean-Luc Rabanel、Sur Mesure par Thierry Marx…など
 は、このランキングから「Classical」へ転出。
 一方、Hof van Cleveなどは「Classical & Heritage」からコチラへご帰還。

 ま、イミフと言えばイミフ、
「いっそ、『European Classical Restaurants』と『European Restaurants』…じゃなくて、『フランス人シェフ店』と『非フランス人シェフ店』…にすれば、いいんじゃね?」
 …と、フランス人が言いそう(笑)。

 さて、ランキングだが、62→47→2位と躍進してきた ANDREAS CAMINADA - Schloss Schauenstein が初戴冠。
 (まったく個人的な話だが、長年行きたいと思ってる店なのだが果たせてないのは、やっぱウチらには、スイスというのが「高い壁」なんだろうか(^^;))

 20位以上の順位変動には↑↓を付けてみた。

001 ANDREAS CAMINADA
006 Chambre Séparée - Kobe Desremaults ↑
010 LE CALANDRE
012 Disfrutar
e0254271_13453976.jpg
014 LA MARINE
016 Victor’s Fine Dining by Christian Bau
017 Hiša Franko - Ana Roš ↑
018 MAAEMO
019 ASTRANCE
020 FLOCONS DE SEL
021 Lido84 ↑
024 LA VIE
026 GästeHaus Klaus Erfort.
028 Ca l’Enric
029 DANIEL BERLIN
030 Reale
033 DIVERXO
034 Fat Duck
035 L'AIR DU TEMPS
e0254271_16490432.jpg
036 Hof van Cleve ↑
037 Henne Kirkeby Kro
039 TICKETS
040 AQUA
041 AOC
042 OAXEN
043 Els Casals ↑
044 Enigma Concept - Oliver Peña ↑
045 Table by Kevin Fehling, The ↑
046 Koks ↑
047 Lume
048 STEIRERECK
050 LEDBURY, THE
051 ARZAK
052 PASSAGE 53
053 Taubenkobel
055 Güeyu Mar ↑
056 TIM RAUE ↓
057 Seta ↓
058 MIRAZUR
059 HEDONE
060 Clove Club
061 MUGARITZ ↓
062 Ernst - Dylan Watson ↑
063 Tokuyoshi ↑
064 Araki
065 Studio
e0254271_16194733.jpg
067 Els Pescadors - Lluís Fernández Punset ↑
068 RELAE
069 TORRE DEL SARACINO
070 DE LEEST ↓
071 Bon-Bon
072 Hoja Santa - Paco Méndez ↑
073 The Jane
074 Überfahrt
076 PAKTA
077 Geisels Werneckhof - Tohru Nakamura ↑
078 Neige d’Eté
079 Table (Bruno Verjus)
080 Enrico Bartolini
081 SUSHI TETSU
082 PURE C
083 Agli Amici a Udine dal 1887
085 Atelier ↑
086 Sosein - Felix Schneider ↑
087 Librije's Zusje Amsterdam
088 KITCHEN TABLE AT BUBBLEDOGS ↓
090 Pages
091 JIN
e0254271_20551024.jpg
092 A.T.
093 El Campero - Julio Vázquez ↑
094 YAM’TCHA
095 Souvenir
096 Duomo
097 Konstantin Filippou
098 SPORTSMAN, THE ↓
099 White Rabbit ↑
100 Mraz & Sohn
101 Kei
102 Gymkhana ↑
103 Restaurant Sat Bains ↑
104 Marzapane
105 Gastrologic ↑
106 Dinner by Heston Blumenthal
107 Heart ↑
108 Del Cambio
109 Quadri ↑
110 Abac
111 Kresios - Giuseppe Iannotti ↑
112 Claude Bosi at Bibendum ↑
113 EKSTEDT
114 Meliefste ↑
e0254271_2343621.jpg
115 COMBAL.ZERO ↓
116 Nerua ↑
117 Casa Perbellini ↑
118 Amador ↑
119 LE CHATEAUBRIAND
120 Funky Gourmet ↑
121 ULIASSI ↓
122 Heiko Nieder ↑
123 Ikarus ↑
124 Alkimia ↑
125 Espai Kru by Rías de Galicia
126 Moments ↑
127 Rijks ↑
128 Sabi Omakase ↑
129 Ilario Vinciguerra ↑
130 Amass
131 La Madia ↓
132 AM par Alexandre MAZZIA
133 Noor
134 Alliance ↑
135 L.A. Jordan - Daniel Schimkowitsch ↑
136 Raby Hunt Restaurant - James Close ↑
137 KOY SHUNKA ↓
138 Casamia - Peter Sanchez-Iglesias ↑
139 Lasarte ↓
140 Whatley Manor - Niall Keating ↑
e0254271_4333518.jpg
142 La Tana 
143 AKRAME ↓
144 Bonhams
145 A. Wong
146 Cracco ↓
147 ES Restaurant
148 L’Enclume ↓
149 Dani Garcia ↑
150 Babel Budapest - Istvan Veres ↑
151 Pollen Street Social
152 Core by Clare Smyth ↑
153 Eskalduna Studio - Vasco Coelho Santos ↑
154 Madonnina del Pescatore
155 Lysverket ↑
156 Umu
157 Dinings ↑
158 Culler de Pau ↑
159 Portland
160 DE JONKMAN
161 The Man Behind the Curtain - Michael O’Hare ↑
162 Kontrast ↑
163 The Kitchin
164 Samhoud
165 Bolenius ↑
166 Dill ↑
167 t Zilte ↑
168 Tian ↑
169 Miramar ↑
170 Willem Hiele Lunch & Gastentafel ↑
171 Feitoria Restaurante ↑
172 Coque ↑
174 Ricard Camarena
175 Inkiostro ↓
176 Garance
177 NAKATANI ↑
178 Reinstoff ↓
179 Saziani Stub’n - Harald Irka ↑
180 Yamazato ↑
e0254271_19240066.jpg
181 LA PAIX ↓
182 Essigbratlein ↑
183 Bartholomeus
184 Restaurant Story - Tom Sellers ↑
185 Perceel - Jos Grootscholten ↑
186 Nathan Outlaw
187 Cinc Sentits ↓
188 Belcanto ↓
189 Skina ↑
190 horvath ↓
191 Texture - Aggi Sverrisson ↑
192 Pastorale ↑
193 Kiin Kiin ↑
194 Arabelle Meirlaen ↑
195 Table d’Amis - Matthieu Beudaert ↑
196 Vincents
197 Intense ↑
198 Tribeca - Jan Sobecki ↑
199 Neptune ↓
200 Likoké ↑

 『躍進』した店を見ると、Kobe・Frantzen・Goosensの「(様々な意味の)復活組」。
 イマ話題のAna Ros。Lido84も76→21位って凄いんだけど話題なんスカ?(^^;)…Riccardo Camaniniって写真見ると小峠っぽいよなw。
 Els Casals…「へえ」、Koks…「ほほぉ」。

 ダウンはそんなに目立つ店は無いかなあ。Mugaritzの61位は「ずいぶん下がった」ねえ、って感はあるけど、元々このランキングではさほど高い評価でないし、アルサック・ベラサテギも大して上位でないし。

 フランス勢がごっそり抜けたりした空席に入ってきたのは、英・独・バルセロナ…あたりの新店が多いような印象だが、これはまあ、その辺のシーンが勢いある…というよりは、投票者の行動のパターン…によるものが大きそうな気もする。

 在欧日本人の活躍は続いている。拾ってみると、
52 Passage 53 Shinichi Sato
63 Tokuyoshi Yoji Tokuyoshi
64 Araki Mitsuhiro Araki
77 Geisels Werneckhof Tohru Nakamura
78 Neige d’Eté Hideki Nishi
81 Sushi Tetsu Toru Takahashi
90 Pages Ryuji Teshima
91 Jin Takuya Watanabe
92 A.T. Atsushi Tanaka
101 Kei Kei Kobayashi
134 Alliance Toshitaka Omiya
137 Koy Shunka Hideki Matsuhisa
147 ES Restaurant Takayuki Honjo
156 Umu Yoshinori Ishii
177 NAKATANI Shinsuke Nakatani
180 Yamazato Masanori Tomikawa
 …見落としあったら超ゴメソ。
 アジア人での最高位は、
35 L’Air du Temps Sang-Hoon Degeimbre
 かな。

 まあそんな訳で、相変わらず、“何やソレ”も賛成できない点もありはするけど、このランキングは見てて楽しい。
 ランキングウォッチ道楽的には、イマいちばん楽しいかなあ、「OAD European Restaurants」。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




[PR]

by aqishii | 2018-04-26 10:27 | OAD | Comments(0)
2018年 04月 25日

Top 100+ European Gourmet Casual 2018

e0254271_01551813.jpg

 欧州ランキングは2017年の3ジャンルから4ジャンルへ、区切りが増えたのだが、いちおーこの「European Gourmet Casual」は昨年と変わらず…である。

01 Estimar : Rafa Zafra Seafood Asador Barcelona, Spain ↑
04 Trattoria Trippa : Diego Rossi Modern Trattoria Milan, Italy ↑
05 Abri : Katsuaki Okiyama Neo-Bistro Paris, France
06 Septime : Bertrand Grébaut Neo-Bistro Paris, France
07 Compartir : Mateu Casañas, Eduard Xatruch, Oriol Castro Progressive Catalan Cadaques, Spain
08 Clown Bar : Sota Atsumi Neo-Bistro Paris, France
09 Cuchara de San Telmo : Various Tapas Bar San Sebastian, Spain
10 Lyle’s : James Lowe Modern British London, United Kingdom
11 Quimet et Quimet : Various Tapas Bar Barcelona, Spain
12 Bodega 1900 : Ferran Soler Vermouth Bar Barcelona, Spain ↑
13 Bar Nestor : Álex Montiel Tapas Bar San Sebastian, Spain
14 Nina Viejo : Albert Adrià & Paco Méndez Mexican Barcelona, Spain ↑
15 Dos Pebrots : Albert Raurich Historical Cuisine Barcelona, Spain ↑
e0254271_09490354.jpg
18 Suculent : Toni Romero Progressive Tapas Bar Barcelona, Spain
19 Hidalgo 56 : Juan Mari Humada Hidalgo Modern Tapas San Sebastian, Spain ↑
20 Chez L’Ami Jean : Chez L’Ami Jean Basque Bistro Paris, France
21 Le Baratin : Raquel Carena & Philippe Pinoteau Bistro Paris, France
22 Cal Pep : Josep "Pep" Manubens Seafood Small Plates Barcelona, Spain
23 La Cosmopolita : Daniel Carnero Creative Tapas Malaga, Spain ↑
24 Borda Berri : Iñaki Gulín & Marc Clua Progressive Tapas Bar San Sebastian, Spain
25 La Tasquita de Enfrente : Juanjo López Progressive Spanish Madrid, Spain
26 Frenchie : Gregory Marchand Contemporary French Paris, France ↑
27 Quality Chop House (after reopening) : Charles Fontaine Gastropub London, United Kingdom ↑
28 Can Vallés : Josep Álvarez Catalan Barcelona, Spain ↑
29 Noble Rot Wine Bar and Restaurant : Stephen Harris & Paul Weaver Modern British London, United Kingdom

 昨年59位の「Estimar」が首位奪取、また昨年62位の「Trattoria Trippa」が4位へ躍進。…は、何かあったのか、OAD特有の事情によるのか、よ~わかりまへんが(^^;)。

 渥美創太氏の「Clown Bar」はベスト10内キープ。氏の独立により、「Clown Bar : Sota Atsumi」としてはラストイヤーとなる。

 以下、自分めも(^^;)

e0254271_23260492.jpg
38 Dersou : Taku Sekine Asian Small Plates Paris, France
50 Bar Txepetxa : Manu Marañón Tapas Bar San Sebastian, Spain
52 Breizh Café : Fumio Kudaka Crêperie Paris, France
78 Punto MX : Roberto Ruiz Mexican Madrid, Spain
109 108 Kristian Baumann New Nordic Copenhagen, Denmark ↓
134 Saltimporten Canteen : Ola Rudin and Sebastian Persson New Nordic Malmö, Sweden ↓
140 Oaxen Slip : Magnus Ek Swedish Stockholm, Sweden ↑
157 Bar Goiz-Argi : Various Tapas Bar San Sebastian, Spain ↑

 「108」の108位奪取、ならず、惜しい(笑)。

 理由はわからんけど、昨年から大幅ダウンした上位店は、
「Pepe in Grani」 3→リスト外
「Pinotxo」 4→43
「St. John」 13→47
「Breda」 19→80
 など。

 カジュアル版…は、読者側の気分としては、何か知らん町の小さい店…とか載ってても欲しいところだが、投票集計の性質上、みんなが行く大きい町のみんなが知ってる店がランクインする…のは致し方ないか。
 それでも、これだけ名前出しされてるのは、ありがたい♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




[PR]

by aqishii | 2018-04-25 09:59 | OAD | Comments(0)
2018年 04月 24日

20周年 : AQ!&へべの「楽しいレストラン」 (7)

 ウチのサイト内ページ「楽しいレストラン」は20周年を迎えている。
 まあ記念祭をしよう…って訳じゃあ無いのだが、ぼちぼちと、20周年記念「20年前を振り返ってみる」雑記は記してみようと思う。

 手っとり早く…というか、単純に、1997年の食べ歩きメモを見てみる。

----------------

1997年 2月
 *仔羊の舌の冷製
 *牡蠣のコロッケ
 *チヌのソテ、黒オリーブソース
 *スペアリブとひな鳥のポトフ
 *柑橘のカッサータ風
 +ホウズキとスズのシャンパン、柚と白胡椒の白ワイン
 +62 Chianti Classico Fossi

[AQ!]
 久しぶり。マダム原田は旦那との新店を世田谷辺りに開く予定で、独立して準備にはいるそうです。楽しみ。

[ヘベ]
 ほんとに久しぶり。外のテラス空間を囲いこんでテーブル置いたのが、いい雰囲気になってました。プラスティックの軽い椅子はヴィヴァロア調?マダム原田は相変わらずでお元気そうで、3月(だったか?)には引き継ぎで「しらとり」に出てますとのことでした。マダムと旦那の新店、たのしみです。

牡蠣のコロッケ:意表をついて、細かく刻んでエスカルゴのような扱い。コロッケって香りを封じ込める効果があるんですね。カリリとした衣の中にはふわっと牡蛎の香りが一杯。
柚と白胡椒の白ワイン:多彩で目移りする、食前酒の中から選んだこれは大当たりでした。柚の香りから入って、後半にすぅっと白胡椒の爽やかな辛み。
 店内はなぜか女性がほとんどで、華やぎつつもくつろいだ雰囲気。「Hanako」の西麻布特集に出たせいかも、とのことで、「マガジンハウスの取材はしっかりしている、まず覆面で食べに来てから編集会議で取材先を検討して取材に入るらしい」、との話でした。ラ・プリムールでもマガジンハウスは好感もたれていたようでしたね。


1997年 3月
 *白アスパラガス
 *ヒッパタキとトリ貝
 *真鯛のポワレ
 *ロニョンとハラミ
 *仔羊のロティ
 *デセール
 +87 Bonnes Mares R.Groffier

[AQ!]
 O氏と。今日は白鳥さんがロワゾーで、原田さんがこちらに応援に。

----------------

[2018年感想]

 昔はワインが安かったな(^^;)。

 そっか~これが1997年かあ…という懐かしさが強烈にあるなあ、白鳥シェフ周辺。
 だいたい、慣れると何とも思わなくなるけど、フランス料理のシェフの姓が「白鳥」って、漫画だよなあ(^^;)…はともかく、シテ~馮の白鳥さんが「しらとり」をオープンしたのが1992年、支店…と言っていいのか麻布「ロワゾーブルー」を出したのが1994年。
 そして、
「いいんだけどさあ、夜中に金勘定するのが面倒くさくなっちゃって、ヒトにあげることにした(笑)」
 と(たしか、そんな風に言ってたような)ロワゾーブルーは閉めることにしたのが、この年か翌年だったか。

 1999年に引き継いで出来たのが、インコントロのマウリツィオが開いた「アルドジェ」で、ここで後年、弘前で天下を取ることになる笹森さん平塚の巨匠梶山さんに出会うことになる…んだから、一々ロングヒストリーだわ(^^;)。

 ロワゾーブルーで思い出すことは幾らもあるが、やっぱ謎の「3つ股獲得」とか、ね。
 一世を風靡した「東京いい店やれる店」シリーズだけど、ホイチョイの馬場さんは、こと「美味しい店」枠となると、「え、そこ?」みたいな店にも股を広げてたりしてた。
 ロワゾーブルーの3つ股も、意外なセレクションだったね~。

 …とまあそんな記憶が残ってるのだが、ささやかなウラ取りをしてみると股の数がよくわからん(^^;)。
 まず単行本は、手元にあるのが初版なんだけど、ここには発刊時期からしてロワゾーブルーは未掲載。
 その後「東京いい店やれる店」って、改訂もされた筈だし、雑誌誌面なんかによく特集で出てたんだよね、、、多分。
 スクラップブックにあたったら、雑誌版に一つみつかったけど、ロワゾーブルー、2つ股だった。
 う~ん、3つ付けてたのもあったような気がするんだけどなあ。

 折角、本を掘り出してきたので、1994年初版3つ股を記念パピコ♪
 パ・マル、イスタップ、みかわ、ブルーウォーター、ラ・フェット、ダイヤモンドホースシュー、クチーナ・ヒラタ、ラ・ビスボッチャ
 …うーん、わかるようなそうだっけかな…チョイスw。
e0254271_15294478.jpg

 白鳥シェフは2013年に「しらとり」も閉めて、現在、久慈の「Bistrotくんのこ」。遠くて未訪(^^;)。
 1997年に「マダム原田は旦那との新店を世田谷辺りに開く予定」と聞いてたんだったか、「ブーケ・ド・フランス」は六本木にオープン。最近また更に調子イイように感じます♪
 ロワゾーブルーの1997年は中島完シェフかな。翌年「ア・テ・スエ」開業、何回か行ったけど2009年閉店。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[2016] ロベール・グロフィエ ボンヌ・マール 【正規品】
価格:53460円(税込、送料別) (2018/4/25時点)



[PR]

by aqishii | 2018-04-24 00:09 | 年代記(総合) | Comments(0)
2018年 04月 23日

India’s 50 best restaurants 2017

e0254271_13565824.jpg
 CNTが発表、「the CNT & Himalayan Sparkling Top Restaurant Awards 2017」受賞店とのこと。

 まあ印度となると様々な切り口があるものだが、モダンガストロ調リストかな、メモメモ♪

2 The Bombay Canteen, Mumbai
3 The Table, Mumbai
4 Bomra’s, Goa
6 Wasabi by Morimoto, The Taj Mahal Palace, Mumbai
7 Masque, Mumbai
8 Artusi Ristorante e Bar, New Delhi
9 The Spice Route, The Imperial New Delhi
10 Gunpowder, Goa
11 Trishna, Mumbai
12 Yauatcha, Mumbai
14 Toast & Tonic, Bengaluru
15 China XO, The Leela Palace Chennai
16 Le Cirque, The Leela Palace New Delhi
17 La Plage, Goa
18 Karavalli, The Gateway hotel, Residency Road Bengaluru
19 Adaa, Taj Falaknuma Palace, Hyderabad
20 Bastian, Mumbai
21 The Black Sheep Bistro, Goa
22 Gajalee, Mumbai
23 The Flying Elephant, Park Hyatt Chennai
24 Paragon, Kochi
25 Yeti, The Himalayan Kitchen, New Delhi
26 Thai Pavilion, Vivanta by Taj – President, Mumbai
27 Baan Thai, The Oberoi Grand, Kolkata
28 Caperberry, Bengaluru
29 Wasabi by Morimoto, The Taj Mahal Hotel, New Delhi
30 SodaBottleOpenerwala, Hyderabad
e0254271_03365866.jpg
31 DIVA – The Italian Restaurant, New Delhi
32 1135 AD, Jaipur
33 Mum’s Kitchen, Goa
34 Blue Ginger, Taj West End, Bengaluru
35 Indigo, Mumbai
36 Olive Beach, Bengaluru
37 Mocambo, Kolkata
38 Palácio do Deão, Goa
39 A Reverie, Goa
40 Wild Garden Cafe, Amethyst, Chennai
41 Bohemian, Kolkata
42 EDO, ITC Gardenia, Bengaluru
43 Southern Spice, Taj Coromandel Chennai
44 Simply South, Hyderabad
45 The Fatty Bao, Bengaluru
46 Royal Vega, ITC Grand Chola, Chennai
47 Avartana ITC Grand Chola, Chennai
48 Spectra, The Leela Palace Chennai
49 Neung Roi, Radisson Blu Plaza Delhi Airport
50 Savya Rasa, Pune

 こーゆーリストだと、ムンバイ・デリー・チェンナイ・ゴア・バンガロールが強いのはワカタ(^^;)。

 上位は、印度の中では「超高級」かもしれないけど、コテコテの豪華店じゃなくて、現代らしい素軽い店作りかな?…って感じは受ける。



[PR]

by aqishii | 2018-04-23 10:50 | Guide : Asia | Comments(0)
2018年 04月 22日

コラボ 「オード x アビス」

 先週の話。
----------------

e0254271_18172213.jpg
 *ドラ○ンボール?  オマール カカオバター [Ode]
 +07 Maurice Vesselle Champagne Grand Cru Brut Millesime
 +Orange/Lemon grass/Black pepper
 *ハマグリ  地蛤 葉わさび [Abysse]
 *色々な魚介  鯵 雲丹 アオリイカ ボタンエビ トリガイ キャビア [Abysse]
 +17 Gaia Wines / Santorini Assyrtiko wild ferment
 *豆  空豆 塩トマト シュークルート 昆布 和からし [Ode]
 +17 Le Sake Naturel 90 / Domaine Sogga
 *稚鮎  鮎魚醤 コシアブラ セリ ワラビ 新じゃがいも [Abysse]
 +15 Nando / Rebula
 *仔羊  ラベンダー モリーユ バナナ [Ode]
 +14 Beaujolais / Yvan Metras
 *カツオ  もち鰹 新玉ネギ フキノトウ チョリソ 完熟梅 [Ode]
 +16 Grande Polaire 甲斐ノワール / Sapporo
 *仔牛  乳飲み仔牛 行者にんにく ホタルイカ 春トリュフ [Abysse]
 +11 Bongrain / Vire Clesse Cuvee EJ Thevenet
 *スープドポワソン  桜エビ 花山椒 [Abysse/Ode]
 +NV Cappeliano / Barolo Chinato
 *ごま  黒ゴマ ほうじ茶 黒大豆 八重桜 [Ode]
 +NECTARD'OR / Glenmorangie
 *苺  瑞の香 アーモンド クリームチーズ [Abysse]
 +17 Alain Renardat-Fache / Bugey Cerdon melhode ancestraie
 *ドラ○ンボール?  キャラメル マンゴー [Ode]

e0254271_18180913.jpg
[AQ!]
 生井シェフ目黒シェフでコラボやて。へ~、そら行かんと。
 と、ツラツラ伺う。
 大好きなシェフたちで、そら伺いますけど、コラボと聞くと「へぇ?」って感じ。
 才能溢れる優秀な料理人…だけど、コラボって「同じ道を行く同志」とか「真逆な相対感」とか「何が起こるかわからん化学反応」とか…みたいな2人の“角度”があるぢゃん。
 このコラボは、その辺が「なんで勃発したか、すぐにはわからん」感じ。

 …といった第一印象は、あとで聞いたら、お客さんの多くが持ったそう、だ。
 で、ワシらなんか当日も「なんで?」のとこを知らんまま伺ったのだが、実はこのコラボには、ハッキリしたテーマ…というか主旨があったのだ。
 3月に、「Tokyo New Wave: 31 Chefs Defining Japan's Next Generation, with Recipes」(Andrea Fazzari)という東京のシェフの写真集が出版された。
 「Ode」「Abysse」もその31 Chefsに選ばれており、まあその“出版記念”イベント…みたいな…催しを、というのがキッカケであるようだ。
 そんな訳で今日は引出物(?)としてその写真集が1人1冊もらえると言う(…重い(^^;)。「1家に1冊でいいのに…」と老人連中は言う(^^;))。
(写真集の31人のシェフは多士済々、『インスタ映え』枠から『世界の話題』枠・『発信/シェア力』枠・『ゲイシャフジヤマ』枠…などなど、、、そんな中では『美味しい店』枠寄りの2人のコラボ…は、やっぱり美味いモノが食いたかったんだろうか(笑))

 席は、M家と一緒に手前の(半)個室。ちゃんとお客としては『座敷牢(老)』枠の我々である(笑)。
(先に言っておくと、料理の出来の素晴らしさもあって、座敷老は盛り上がり杉♪ 騒いでるうちに本日内容は忘却や記憶違いも多そうだがご容赦…)
 卓上にメニュー、どれどれ?…と老眼鏡を取り出すと、
『Amuse1/Amuse2/Entree1/Entree2…』
 なんだ、枠組みしか書かれてへん。
「ナニ? 内容、直前まで決まんなかったんでそ?(笑)」
「いえいえ、詳しい内容が記された品書は後ほど…何なら今お渡ししてもいいのですが。クイズ…というか、ひと皿ごとに“サプライズ”でお出ししたいということで♪」

e0254271_18192042.jpg
 シェフズの軽いご挨拶。
 今回は話をする回数(打ち合わせ回数)の多かったコラボで、ひと皿ひと皿はめいめいの分担だが、リレースタイルとでもいうか、呼び水インスピレーション的に相互に影響を受けつつ出しあって一つのコースを作るという、構成クレアティフなコラボ…ということのようだ。

 ま、いずれにしても、始まりがドラ○ンボールでないわけは、ない♪

ハマグリ  地蛤 葉わさび [Abysse]
 何故だか見た目で、アタマが冷製と判断してしまって、食べて温製でビクリ(^^;)。
 ぬくい温石的スターター。さすがにこの時期の蛤は美味い…をナイスキャッチ。
 山葵花が可憐。…、飾りだと思うが下に敷かれた山葵花・葉もけっこー摘んでいただくヒトビト(^^;)。

色々な魚介  鯵 雲丹 アオリイカ ボタンエビ トリガイ キャビア [Abysse]
 アビスサイドスタッフが「ウチでは珍しいんですがw」と切り出す、『色々な』魚介のひと皿。
 美々鯵が主役格だが、ほんとに色々な魚介、更には蓴菜。オイルはディル・フェンネルだったかな。食感の尖ったハーブが多用されてるのも面白い。豊かなおいしさと切れ味。
 目黒シェフの今宵テーマの一つは「ウチではやらないこと」のようだ♪

e0254271_18201370.jpg
豆  空豆 塩トマト シュークルート 昆布 和からし [Ode]
 お豆さんに、4,5種のハーブ、花はボリジ・ルッコラ…だったか。
 そして、昆布出汁シュークルート…みたいな。
 シェフがサイホンからエスプーマ…これが自家製熟成和からし…だっけ?
 …ま、構成はともかく、快心の美味。

[ヘベ]
 豆、旨かったねー♪
e0254271_18210876.jpg
e0254271_18213137.jpg
[AQ!]
稚鮎  鮎魚醤 コシアブラ セリ ワラビ 新じゃがいも [Abysse]
 パンプルネル、ルッコラ花。
 緑の淵に隠れ、飛びかからんばかりの鮎。緑の構築と鮎魚醤の巧み、「アビス」でもそうだが目黒シェフの鮎は他にまるで似ない。ポイントが違う。

[ヘベ]
 稚鮎、よかった!

[AQ!]
仔羊  ラベンダー モリーユ バナナ [Ode]
 生井シェフらしい「かくれんぼ」仕立て。
 甘やいで軽やかで華やかな、前菜の、仔羊・モリーユ詰め。こーゆータイプの味、俺も好きだが、若手のフーディーズさん達とか大好物ちゃうかなあ…って思う(笑)。

e0254271_18221470.jpg
カツオ  もち鰹 新玉ネギ フキノトウ チョリソ 完熟梅 [Ode]
 傑作か? ずいぶん、ずいぶんと美味くいったもんだ♪
 サイホンからヌーべのソースを仕上げに足す、、ベアルネーズだっけ?かなあ?、まあ構成要素はけっこう多い皿だが、見事にみんな働いていた。
 ペアリングの甲斐ノワールが素晴らしい。おそらく酒単体としては「まあな」なワインだろうが、鰹との出会いは魔法のかけあいのようだ。

[ヘベ]
 鰹、旨かったねー♪

[AQ!]
仔牛  乳飲み仔牛 行者にんにく ホタルイカ 春トリュフ [Abysse]
 「一夜限りの目黒浩太郎!」感満載(笑)のひと皿。
 仔牛の旨みを魚系の出汁で、ある種ピュアに、引き出す試み。たしかに、旨みのコアが凝縮されて迫ってくる印象になる。
 蛍烏賊参戦、サンダ対ガイラの“フランス古典”調アンサンブル。
 更に、春トリュフらしい春トリュフ、が、けっこーよく香る。
 眺めもシリアスに、美しい。

e0254271_18230708.jpg
スープドポワソン  桜エビ 花山椒 [Abysse/Ode]
 共作。桜エビたっぷりスープが目黒シェフ・麺が生井シェフって感じかな。
 麺は、ジャガイモを使ってるあたりが巧みで、実にスープに寄り添う。
 Cappeliano / Barolo Chinatoは、ソーダと柑橘だっけ?…で割って。

[ヘベ]
 スープドポアソンにじゃがいも麺はコラボ企画らしいおもしろさ。
e0254271_18234952.jpg
e0254271_18241702.jpg
[AQ!]
ごま  黒ゴマ ほうじ茶 黒大豆 八重桜 [Ode]
 カモフラージュ・メレンゲ・スタイル。
 ほうじ茶チョコ粉…だっけ?、をふりかけて。

苺  瑞の香 アーモンド クリームチーズ [Abysse]
 「オーソドックスですかね?」…うん、美味しい!
 瑞の香:北海道の新苺、章姫系?

 ま、いずれにしても、終わりがドラ○ンボールでないわけは、ない♪
 ボールのお座布団は、紫から赤へ。

*****

 主旨が主旨だし、サルのお客さんも華やか。…って、最後にサルを覗いたら知った顔が多くてビクリね(^^;)。
 美味し・楽し・めるし、です♪
 クールな顔してバサッバサッと「ウチではやらない」試みにジャイアントステップインする目黒シェフ。
 いつもは冷静王的でもあるのに、刺激にスイッチをおされてか、(料理が)弾けまくる生井シェフ。
 2人に共通する「スマートさ」は今日もその通りなんだけど、そのすぐ下にダイナミックな脈動が感じられて、すんばらしー。




[PR]

by aqishii | 2018-04-22 18:15 | 年代記(日本) | Comments(0)
2018年 04月 21日

各賞 the Elite 100 Restaurants 2018

 先にふれた「the Elite 100 Restaurants 2018」だが、各賞も発表になっていた。

Chef of the Year : Eric Ripert

Rising Star of the Year : John B Shields

Lifetime Achievement : Daniel Boulud

 あめ~りかん♪

 John B Shieldsはチャーリートロッターやアリネアで修業、シカゴ「Smyth + The Loyalist」のシェフ。

 昨年、
---------
 レストランランキングに伴う「各賞」として、
Chef of the Year 3名/Rising Star of the Year 3名/Lifetime Achievement
 …ってのは、整理がついてて見やすいセット…と思う。
---------
 って言ってあげたのに、なんか、各1名の発表に変更されたみたい(^^;)。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




[PR]

by aqishii | 2018-04-21 09:38 | 情報(海外) | Comments(0)
2018年 04月 20日

the Elite 100 Restaurants 2018

e0254271_015955.jpg
 The Elite Travellerのレストランランキングの2018版。
 相変わらず、ちょいアメリケンに派手派手しいリスト。

 10位以上の順位変動には↑↓を付けてみたのだが、このリストの不動心はなかなかすごいw。


1 ALINEA
3 ELEVEN MADISON PARK
6 ROBUCHON AU DOME Macau
7 THE RESTAURANT AT MEADOWOOD
9 RESTAURANT B.Violier
10 The Fat Duck
13 DANIEL
14 D.O.M.
15 DINNER BY HESTON BLUMENTHAL
17 LA PERGOLA
18 PUJOL
19 STEIRERECK
e0254271_09520194.jpg
22 RESTAURANT GORDON RAMSAY
23 JEAN GEORGES
24 LE CALANDRE
26 THE FRENCH LAUNDRY
27 Victor's Fine Dining ↑
28 DIE SCHWARZWALDSTUBE
31 AQUA
32 DiverXO
34 DA VITTORIO
35 THE LEDBURY
37 ALAIN DUCASSE LE LOUIS XV
38 AMBER
e0254271_01551648.jpg
40 ASTRANCE
41 Next
46 THE TEST KITCHEN
47 Saison
52 Noma new↑
53 Epicure
54 Atelier Crenn ↑
55 Manresa
57 The No Mad
58 Alain Ducasse au Plaza Athenee
59 AL SORRISO
62 TANTRIS
e0254271_19595899.jpg
64 Chef's Table at Brooklyn Fare
65 VUE DE MONDE
66 ARZAK
67 LA VAGUE D'OR
68 Toque
70 Coi
71 MADE IN CHINA ↓
72 RESTAURANT PATRICK GUILBAUD
73 KITCHO
75 QUAY
78 Quintonil
80 Mirazur
81 Benu
83 Le Cinq
84 La Palme d'Or
85 Adaa at Falaknuma Palace
86 Single Thread Farm new↑
87 Marea
88 Cosme
89 MELISSE
90 The Modern new↑
e0254271_10135677.jpg
91 Quince
92 Sat Bains new
93 Le Coucou new↑
94 Masa new↑
95 Brae new↑
96 SMYTH + THE LOYALIST new↑
97 Bibendum new↑
98 Joel Robuchon Las Vegas
99 Spondi
100 La Dame de Pic new↑

 ま、とにもかくにも世界ランキングなので、眺めてて楽しくなくはないw。

 上位から消えたのは、GraceとBIKO…いずれも「閉店」である。BIKOは移転予定…かな?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ALINEA(H) [ GRANT ACHATZ ]
価格:9331円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)



[PR]

by aqishii | 2018-04-20 18:06 | 情報(海外) | Comments(0)
2018年 04月 19日

藤尾シェフ、世界へ

 例年のthe S.Pellegrino Young Chef、2018年はラ・シームのスーシェフ藤尾康浩氏が挑戦、で、とりあえず「VOTE FOR YOUR FAVOURITE YOUNG CHEF!」が始まってるようでやんすよ♪
 清き一票をヾ(〃^∇^)ノ。






[PR]

by aqishii | 2018-04-19 00:50 | Bocuse d'Or, Concour | Comments(0)
2018年 04月 18日

シカゴの3つ星「Grace」閉店

 ニュース…じゃなくて去年の話だけど、珍しいのでメモ(^^;)。

 ミシュラン・シカゴ2018版が発表されたのが2017年10月、「Grace」は引き続きの3つ星(2015版で獲得)。
 その2ヵ月後、閉店となった。
 シェフCurtis Duffy・マネージャーMichael Muserと、オーナーMichael Olszewskiが決裂したそーです。

 まあ、珍しいよね。ミシュラン3つ星…って、昨今はそんなもんか…という、メモ♪


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】70ダイニング7点セット シカゴ
価格:84360円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)



[PR]

by aqishii | 2018-04-18 12:40 | Michelin | Comments(0)