AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 08日

Öppningsdags för "skafferiet"

e0254271_11461073.jpg 今秋、惜しまれながらも17年間のOaxen島での営業に幕を閉じた Oaxen Krog の Magnus Ek & Agneta Green の次の動きに関するメールが届いた。
 (世界のトップレストランとしてすっかり定着していたOaxen Krog、World's 50 Best Restaurantsでの最高位は2009年の32位であった)

●Stockholm Djurgårdenの新店は2013春オープンに
 ストックホルム市内への移転は、当初の予定より1年遅れることとなった。
 まあ1年待たずとも始められるらしいが、「春に始める」ことに拘りがあるらしい(笑)。

●デリカテッセン Oaxen Skafferi が12/9オープン
 www.oaxenskafferi.se
 Mariatorget 2, 118 48 Stockholm
 08-551 531 51
 レストラン開業が延びてヒマだから…と言う訳でもなく、デリもずっとやりたかった「長年の夢」らしい。
 主力は、ハム・ソーセージといった“肉”製品となる模様。
 まあ、ストックホルムに寄るなら覚えとけ…って感じですね(笑)。
 Mariatorget 2 ということは、世界屈指の珈琲店 Drop Coffee, Johan & Nyströmの2軒もすぐ近く。

 それにしても、Oaxen島のレストラン物件は、売却できたのだろうか?(笑)
 今夏、まだ、売っていた…。

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-12-08 11:45 | Guide : Nordic | Comments(2)
2011年 12月 07日

La Ciudad de la Gastronomia 2011 Alicante

e0254271_1144360.jpg 先月の Lo Mejor de la Gastronomia のイベント、その結果やら表彰をちょっと覗いとこ。

●PREMIO INTERNACIONAL LOMEJORDELAGASTRONOMIA.COM 2011
 Paco Torreblanca
 Paco Morales
 Quique Dacosta
 Lorenzo Cogo "El Coq"
 Paolo Lopriore "Il Canto"
 David Toutain "Agape Substance"

 偉大なるパティシエ Torreblanca氏を筆頭に6人。
 LMGランキングで、Quiqueは9.5点、Paco Morales, Il Cantoは9.25点。今年けっこう話題を呼んだAgape SubstanceもRafael Garcia Santosは気に入ったようで、9点を付けている。さすがに素早い。


●Campeonato de Tortilla de Patatas
 Eusebio García Conde "O Pote", de Betanzos (A Coruña)
 トルティーヤのコンペ。アコルーニャ近郊の店。アコルーニャにはEl ManjarとMesón O'Boという名店もある、トルティーヤ詣でをしないといけないか(笑)。


●Campeonato a la Mejor Barra de Pinchos y Tapas
 MarmitaCo (Vitoria-Gasteiz)
 バスクはÁlava州から。バスク風には Marmitako、か。


●Campeonato de Aceite de Oliva
 Gazpachuelo Virgen Extra con Mariscos, Hinojo y Brotes Marinos
 Juan Pablo Gámez "Los Sentidos"
 オリーブオイル料理コンペ。アンダルシアはLinaresの店、サイト写真かっこいい。 どうやって運営してるか詳細は知らないが、2005年にはMassimo Botturaが勝者になってるような賞。


●PREMIOS FLORENCIO SANCHIDRIÁN Y MATÍAS GORROTXATEGUI
 ハム切り大王のFlorencio、肉焼き大王のMatiasが選ぶ賞、…ですかね?
・Premio Matías Gorrotxategi al mejor asador de carne de España:
  Restaurante Alameda en Fuenmayor (La Rioja)
・Premio Matías Gorrotxategui al restaurante con más proyección como asador de carne de España:
  Sidrería Usategui en Marbella (Málaga)
・Premio Florencio Sanchidrián al Establecimiento Hostelero con la mejor tabla de jamón de España:
 Restaurante Casa Robles en Sevilla
・Premio Florencio Sanchidrián al Establecimiento Novel con la mejor tabla de jamón de España:
 Restaurantes La Castellana y Puerta del Carmen en Granada

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-12-07 11:05 | Guide : Spain | Comments(2)
2011年 12月 06日

Guide Lebey des restaurants de Paris et sa banlieue 2012

e0254271_10185669.jpg ルベイのレストランガイド2012の内容が報じられた。ビストロガイドの方が有名(?)かもしれないけど、こちらはレストラン版で、パリと近郊が対象。

 最上位組は、

************
●Les meilleures tables de Paris
L’Arpège (Paris 7e)
Alain Ducasse au Plaza Athénée (Paris 8e)

●Une des meilleures tables de Paris
Carré des Feuillants (Paris 1er)
L’Espadon (Paris 1er)
L’Ambroisie (Paris 4e)
Le Bristol (Paris 8e)
Le Cinq (Paris 8e)
Pierre Gagnaire (Paris 8e)
Senderens (Paris 8e)
Astrance (Paris 16e)
Le Pré Catelan (Paris 16e)
Guy Savoy (Paris 17e)
Michel Rostang (Paris 17e)
************

 と、ガチガチのメンツ(笑)。

●PALMARÈS 2012 DES MEILLEURS PLATS
 「夢の4皿コース」という、野球の「ベストナイン」みたいな選出があって、

* maquereau au gingembre, vinaigrette d’agrumes et tagliatelles de carottes
 Thierry Marx : Le Camélia
* Purée de ratte truffée comme un capucino
 Michel Roth : L’Espadon
* Pâté en croûte de volaille et foie gras de canard
 Arnaud Nicolas : le Boudoir
* Tout Chocolat
 Kei Kobayashi : restaurant Kei

 …とここで出てくる「Kei」の名前。ルベイ氏は、かなり買っているようだ。

 2012版には100店の新顔を登場させたようだが、
「フランス料理はオワコンだとか言われてますがね、まだまだパリにも新しい未来が芽吹いてるんでやんすよ」(超意訳byワシ(^^;))
 と言いながら挙げている幾つかの名が、

le Kei, le Camélia, Sola, Agapé Substance, Septime, Cobéa, Akrame, le Shang Palace, Ma Sa, Chatomat, Vivant…

 といったところ。「Kei」を、その筆頭に掲げている。

 ご承知の通り、小林圭氏は今年、「パリ料理界の至宝」Gérard Besson氏の引退を受けてその跡に自店を開業。Alain Ducasse au Plaza Athénéeでスーシェフを勤め上げた彼は、パリにいても、“ほとんど日本人サークルには寄り付かない変わり者だった”という噂も。フランソワ・シモンの評価が高いのも有名で、さて、どこまで驀進するか、注目であろう。

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-12-06 10:22 | Guide : France | Comments(4)
2011年 12月 05日

Guía Repsol 2012

e0254271_2343621.jpg 11月20-23日に行われたGastronomika San Sebastianで、Repsol 2012の内容も明かされた。


●新 3 Solesに、3軒
 Josean Alija (Nerua, Bilbao)
 Ricard Camarena (Arrop, Valencia)
 Ramón Freixa (Madrid)
 長く「LMG単独推薦」みたいな感じ(笑)だったAlijaが、ミシュランに続きここでも高評価。とくにRepsolはコンサバなイメージだが3つ付けてきた。グッゲン内という場所はかわらないが、資本が入って(?)店名も「Nerua」に変わったように、内容も変化アリ…なのかな。気になる。
 ArropのRicardも、ここんとこ、好評(LMG8.5点)。今年行った友人評もバツグンで、個人的に是非、次は狙いたい一軒。
 ラモンフレシャは2011二つ星だし、満場一致に近づいてきた。心機一転大移転は成功だったのだろう。

 3太陽は22軒となる。
AkelarreEl Celler de Can RocaMugaritz、Diverxo、Martín BerasateguiCasa GerardoZuberoa、Via Veneto、Las Rejas、Sant Celoni、La Terraza del Casino、ExtebarriArzak、Sant Pau、Atrio、Hispania、Sergi Arola、Calima、Quique Dacosta

 Gastronomika San Sebastian備忘録も書いておくと、今回は、11月アタマにかなりの水害があり「無事開催できるんかいや」と気をもませたが、大成功だった模様。特集されたのは、今年アチコチで行われたように、Peru.Mexico.Brazil。しかしスペインが会場だと言葉が通じちゃうんだから(ブラジルは“ほぼ”だが)、変なもんだ…というか、どんな感じなのかなあ(笑)。あと、「大試食会」が目玉だったようで、一種の「お祭り」かしらん。

招待
Brasil:
Alex Atala, Claude Troisgros, Helena Rizzo, Daniel Redondo, Rodrigo Oliveira and Roberta Sudbrack
Mexico:
Enrique Olvera (Pujol), Alejandro Ruiz (Casa Oaxaca), Titita Ramírez (Bajio), Abigail Mendoza (Tlamanalli), Bruno Oteiza and Mikel Alonso (Biko)
Peru:
Gastón Acurio, Pedro Miguel Schiaffino and Mitsuharu Tsumura

 最後に出てくる、Mitsuharu Tsumura氏はペルー生まれの日系人のようで、日本は大阪での修業が多少あるらしい。そのレストラン「Maido」は“Cocina Nikkei”と称する。

 日本…といえば、Gastronomikaの直前に、石川でCook It Raw "Shoku-do"が行われた。こちらは、Gastronomikaとは対象的に、事務局の方針かなんかなんだろうけど、人の目から逃れるようにコッソリと挙行されたのだが、石川からサンセバに直行した…と見られるのは、Alex Atala, Magnus Nilsson, Alex Gauthier、かな。
 Atalaは、今年はもう“学会芸人オーケー”って感じだろう。Magnusんとこは案外と冬期に営業するので11月にバーンと秋休み、多分。Sydneyから連戦かなあ? Gauthierは新館がブチ建ってやる気満々、勿論、宣伝して千客万来を期さねば。と。

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-12-05 02:41 | Guide : Spain | Comments(2)
2011年 12月 02日

米芝蓮指南 2012 香港/澳門

e0254271_1125999.jpg ミシュラン香港・マカオ版2012の内容が報じられた。

 この版は、毎年、変動が激しいのだが(その割には、というか、そのせいか、あんまし相手にされてないが(笑))、今年も色々変化があったよう。

 英字紙は淡々と報じて「またロブションか」とつけ加えるくらいのものが多いが、中国紙では「鏞記則被奪去1星」をトップにもってきているものが目立つ。
 (後日付記:香港通の友人によると、近年の鏞記は“お家騒動”的ゴタゴタを抱えており、味の凋落を指摘する声もあると言う)

鏞記、一つ星を失う
 無星として記載、のよう。

●新同樂、三つ星を失う
 えーと、たしか、昨年昇格だった筈。一年天下でしたな。二つ星。

●新三つ星が2軒、初のイタリア以外のイタリアン
 1軒は「またロブション」。
 もう1軒、たしか昨年に二つ星昇格したイタリアン Otto e Mezzo が三つ星に昇格した。これは、「イタリア以外では初めてのイタリアン三つ星」という記録的快挙となる。(…が、何となく「ミシュランガイド・カルトQ」みたいなクイズでもやる時のネタにしかならなそうな気も…(^^;))

 Bo Innovationがまたまた上がったり、桃花源小厨 (HK) が下がってたり、…とかという辺りになると、毎年フォローしててもしょうがないような…(笑)。
 IFC國金軒は、まだ星持ってなかったの?…って感じ。あれ、そういえば、文華も「新」?


Three Stars:
Caprice
L’Atelier de Joel Robuchon
Lung King Heen
8-1/2 Otto e Mezzo Bombana
Robuchon a Galera (Macau)

Two Stars:
Amber
Bo Innovation N
Celebrity Cuisine
Lei Garden (Mong Kok) N
Ming Court
Pierre
Shang Palace N
Spoon by Alain Ducasse N
Sun Tung Lok
Ye Shanghai (Kowloon) N
The Eight (Macau)
Wing Lei (Macau) N
Zi Yat Heen (Macau)

New One Stars:
Ah Yat Harbour View
Cuisine Cuisine (IFC)
Lei Garden (Causeway Bay)
Lei Garden (Elements)
Man Wah
Mirror
St. George
The Chairman
Tin Lung Heen
Xin Dau Ji (Jordan)
Yue
Golden Flower (Macau)

 会見で、ディレクターのBob Miaoは、しきりに、ミシュランガイド中国本土版に触れていたようだ。いずれ「赤」も出るのだろうか?
 そういえば、ほとんどの国で、会見で答えるのはガイドブックディレクターだと思うのだが、なんで日本は、タイヤを売ってる社長と社長室長…なんていう、ガイドの内容についてなんかよくわかって無さそうな人が出てくるんだろう? 権威には弱いが内容についての質問とか出来ない記者クラブ体質ってことなんですか?上杉さん?(笑)

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2011版発表時の感想

●香港澳門 2011

 新三ツ星に「新同楽」…と懐かしい名前が(笑)。
 まあ、一回倒産してるし、その意味ではオールドネームでは無いのだけど。最近はどんな経営なんでしょうねえ? ざっと検索した程度だと、みつかるのは「あそこ美味しくないのにね」…くらい(^^;)。
 新二つ星に国金軒のMiraの方(多分、妥当)と、イタリアンのOtto e Mezzo。

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2010版発表時の感想

 おっとそういえば、今年の香港マカオ版はほったらかしでしたが、東京版がヒドイ関西版がヒドイなんて甘っちょろいことを言ってはいけません。上には上がある、の、香港マカオ版。2010は更に凄いことになってるようです。
 凄いことになってるのとは別に、諭吉一枚じゃなくて英世一枚でミシュラン星付きさ食えるだ、…という廉価店評価展開もかなり話題の模様ですが。(^^;)

 利苑の支店みんなに星を付けてしまったのもしきりに言われていますね。
 日本で言えば、うかい亭、ってとこですか?
 「ミシュラン」…って言葉に思い入れているフランス料理店のシェフたちには、気の毒になるような話ではあるけど…

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2008版発表時の感想

法國權威飲食指南米芝蓮推出 香港/澳門 指南

以下為香港米芝蓮星級食肆:

***米芝蓮香港3星級食肆***
Lung King Heen 龍景軒 ( 四季酒店 )

**香港2星級食肆**
Amber
Bo Innovation
Caprice
L'Atelier de Joel Robuchon
Shang Palace 香宮
Summer Palace 夏宮
T'ang Court 唐閣

*香港1星級食肆*
Fook Lam Moon (Wanchai) 福臨門(灣仔)
Forum 富臨
Hutong 胡同
Lei Garden (IFC) 利苑酒家(國際金融中心)
Lei Garden (Tsim Sha Tsui) 利苑酒家(尖沙咀 )
Ming Court 明閣
Petrus 珀翠
Pierre
Regal Palace 富豪金殿
Shanghai Garden 紫玉蘭
The Golden Leaf 金葉庭
The Square 翠玉軒
Tim's Kitchen 桃花源小廚
Yung Kee 鏞記


***澳門3星食肆***
Robuchon a Galera 法國餐廳

**澳門2星食肆**
Tim's Kitchen 桃花源小廚

*澳門1星食肆*
Imperial Court 金殿堂
The Eight 8 餐廳
Tung Yee Heen 東怡軒
Ying 帝影樓

 ゴーミヨに遅れること15年、ミシュランも香港マカオ版出しやがった(笑)。 (ゴーミヨ版はもう無いよ)

 私の香港知識はまったくアップデートしてないので、何も言えないけど、一眺めして、香港は、「割りと顔ぶれ変わらないものだ」というのが第一印象かなぁ。
 20年前の目で見られるもんなー。

 福臨門がワンチャイ店なのは意外。改装でもした? 10年前の感じだと、チムサーチョイ店だよなぁ、外人・ミシュラン向きは。
 ホテル引き抜き競争は、ミシュラン的にはフォーシーズンスの勝ちか。此処は知らない。何時からの店だろ。
 夏宮は相変わらずイイのか香宮・唐閣は巻き返したのか、と思いつつ、嘉麟樓欣圖軒港灣一號満福樓・文華あたりは駄目なんすかにー。

 ナレだと基準自体がバラバラ(…というか、多分、あまり考えてない)で何とも言えないけど、ネジュラン編集長時代なら、香港は東京より、ミシュラン的格付けはしやすい町だったろうな、とも思う。


>アジアでもロビュション
>既にデュカスを軽く上回ってますね。

 何かちょっと不思議にそうですよね。

 10年前に皇位継承したんちゃうか、オマエラ的。(^^;)

 上皇帰り咲きか、っちゅう。

 また不思議に、本人に会うととても頭がよさそうなのに、たしかに日本の展開を見る限りあまり上手くないですね、デュカス。

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-12-02 11:35 | Michelin | Comments(0)
2011年 12月 01日

De Lekker gids voor 2012

e0254271_14134288.jpg オランダのLekkerのレストランランキング2012の内容が報じられた。

 こちらは順位で発表するので、つい細かい見方になってしまうが、De Zwethheulの躍進が目立つ。広域で言えばロッテルダム郊外、シェフも料理もルックスは“兄ィ”系か?
 Gault MillauのChef van het Jaarを獲得したDa Vinciはこちらでも上昇し、10位以内に復帰。
 まあ、上位はある程度固まってるけど、「3軒目の三つ星」が輝くのは、何処なんでしょうね?

 Oud Sluisは2005年からほぼ連覇(2008のみBelugaに譲る)中。…ってゆーか、三つ星・20点・Lekker連覇・サンペリ17位、…は、ほぼ世界中が認めるトップレストランなのだが、なんでか日本では話題になることが少ない…(^^;)

 いわゆる“ハイエストクライマー”は、62→40位の’t Nonnetje。

1.Oud Sluis
2.De Zwethheul
3.Restaurant De Librije
4.INTER SCALDES
5.De Leest
6.Beluga
7.Restaurant Ivy
8.La Rive
9.DA VINCI
10.DE BOKKEDOORNS

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2011版発表時の感想

Lekker 2011 top 100 が出ました。Oud Sluis強し! そして、三つ星を睨むInter Scaldes.

2011 2010 Naam Plaats
1 1 Oud Sluis Sluis
2 5 Inter Scaldes Kruiningen
3 3 De Leest Vaassen
3 2 De Librije Zwolle
5 4 Beluga Maastricht
6 7 De Zwethheul Schipluiden
7 2 0Ivy Rotterdam
8 8 La Rive Amsterdam
9 10 De Bokkedoorns Overveen
10 13 Boreas Heeze

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-12-01 14:15 | 情報(海外) | Comments(0)
2011年 11月 30日

Michelingids Nederland rode 2012

e0254271_13274375.jpg ミシュラン・オランダ版2012の内容が報じられた。

 ここは「無風」区に近く、主な変動は

●新二つ星が3軒
 CHAPEAU!、DE KROMME WATERGANG、Librije's Zusje
 やはり、『Gault Millau 2011 の感想』で「これから出るミシュランでも2つ星の噂があるそうな」と記した通り、注目のKromme Watergangが昇格した。
 Librije's Zusjeはその名の通り、De Librijeのセカンドだが、もう二つ目の星。Oud Sluisのセカンド Pure C も一つ星を獲得している。店の力量から行って展開も力強いが、「客の経験則」としては「本店は、そろそろ食っとかないと遅刻になるんちゃう?」という気もする(笑)。

 そんなこんなで、話題に乏しいこともあり、目立つ見出しは、

●「歴史上初めて、二つ星店の数でベルギーを抜いたでよ!」
 …だそうで。以下の16店で、ベルギーの15店を上回った。
 …いやあ、この辺の中小国らしい議題(^^;)。
 ただ、「食の先進国ベルギーに対して、研鑽を積み努力した新進の俺ら」的な報道は、ケナゲ(笑)。「二つ星以上」の店数は、まったく同数。ベルクス版とオランダ版のディレクターは、電話で手打ちでもしてるのか?(笑)


[3 sterren]
Oud Sluis
Restaurant De Librije

[2 sterren]
RON BLAAUW AMSTERDAM
Ciel Bleu
CHAPEAU!
De Lindenhof
Boreas
DE KROMME WATERGANG
INTER SCALDES
DA VINCI
Beluga
DE BOKKEDOORNS
BROUWERSKOLKJE
Parkheuvel
De Zwethheul
DE LEUFUBACHSBERG
De Leest
Librije's Zusje

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2011版発表時の感想

 オランダ版ミシュラン2011は、オランダ国内の「大変化予想」をまるっきり覆し、新2・3星が一軒も無し、という、平行移動だそうでヽ(^~^;)ノ。
 噂通り、Sluis村の若い店トリニテ…だっけかな、に1つ星はついたようで、Sluis旅行はより有意義になったか?(笑)

--------------------------------------------------------------------------------

おまけ:ミシュラン東京・横浜・湘南2012

 ここで取り上げるほどのことも無いが、発表になったので、ちょっとだけ。
 人口規模で言うと上記オランダ版に匹敵する版だが、掲載店は半分以下…とお手軽版というか手抜き版なのは相変わらず。

 以前に触れた、肝毒の食中毒を出した「ふぐ福治」は、二つ星をキープ。ちなみに、出版・印刷関係者によれば、事件発覚から、内容の差し替えには十分な時間的余裕があった。
 まあアレだ、例えばの話、外国人と話してて「日本のミシュラン」の話題となると、そのビミョーな在り様の説明に窮するのだが、これからは、
「日本版ミシュランってのはさ、違法毒物で客が食中毒入院するような店で二つ星もらえるのよ。チミとこの国の“Guide Michelin”とはちょっと違うんだべさ」
とでも切り出せばよかろう。
 象徴的なトピックというのは、なるほど、モノゴトの概要の説明を簡単にする。
 ちなみに本件については、記者会見での質問があったようだが、「残念だ」という答えだったと報じられていた。ま、読者からすると、“残念なガイド”であることだ。

 新登場の、カーエムが二つ星、コートドール北島亭が一つ星。
 なんなんだソレ? フツーにどう見える?と言われれば、
「今まで私ども(ミシュラン)が間違っていました、悪ぅございました」
だよなあ、コレ。あわよくば“手打ち”も…と目したのかもしれないが、報道によると、コートドールと北島亭は写真非掲載とのこと。蹴っ飛ばされたか?(笑)
 何で今年?何でまとめて?、…を考えると、いや考えもしないんだが、これはやっぱり、Jean-Luc Naret退任(更迭?)の年…ということなのでしょ? 何年か後に、日本のPascal Rémyが現れるならば、その辺りのことはよく書いてほしいものです(笑)。

 龍吟がようやく三つ星。地球の裏側のAndy Haylerすら、「遅過ぎだよミシュラン」と呟いてました。

 と、ま、こんなとこ。
 …、いや勿論、(ネットじゃなくて)リアル俺としては、各店個別には、電話・メールをくれたシェフにはお祝いを申し上げ喜びを分かち合ったし、これからあちこちで祝杯をあげることになるわけですが(笑)…

 ああでも、開店半年で星を獲得したラッセ村山シェフだけは、本当に良かった!おめでとう!…と此処にも書いておこう。若い才能の応援…ってこって。

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-11-30 13:31 | Michelin | Comments(0)
2011年 11月 29日

Espresso Guida Ristoranti 2012

 エスプレッソ2012の内容が報じられています。

 部門賞
Pranzo dell’anno : Enrico Crippa, Piazza Duomo
Giovane dell’anno : Francesco Sposito di Teverna Estia
Novità dell’anno : il Caffé Quadri di Venezia
I piatti dell’anno : Risotto al Pomodoro al Cinzia di Manuel e Christian Costardi

e0254271_11111738.jpg 点数は、

19.75
Osteria Francescana

19.5
Le Calandre
Vissani
La Pergola

19
Uliassi
Piazza Duomo

18.5
Combal.Zero
Cracco
Dal Pescatore
Enoteca Pinchiorri
Il Canto
Reale
Villa Crespi

18
Torre del Saracino
Antica Corona Reale
il Duomo a Ragusa
La Madia a Licata
La Peca a Lonigo
La Madonnina del Pescatore
L’Osteria del Povero Diavolo
Trussardi alla Scala

 目につく点数の上下としては、ミシュランでは未だ三つ星を保持しているAl Sorrisoが0.5点下がり、ついに16点。ガンベロロッソで階段を上がったLa Gazza Ladraはこちらではダウンで15.5点。

 かなりどーでもいいことだが(^^;)、ガンベロロッソ・エスプレッソ・ミシュランの3ガイドブック・グランドチャンピオン(笑)を拾ってみると、

Osteria Francescana
Le Calandre
La Pergola
Dal Pescatore

 の4軒となるようです。今年はマッシモ一色の年でしたねー。

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-11-29 11:13 | Guide : Italy | Comments(2)
2011年 11月 28日

Gambero Rosso Ristoranti d’Italia 2012


ガンベロロッソ2012の内容が報じられています。

95 Osteria Francescana, Vissani
94 Pergola
93 Le Calandre, Don Alfonso 1890, Piazza Duomo, Reale
92 Laite, Oasis, Dal Pescatore, La Torre del Saracino, Villa Crespi
91 Combal.Zero, La Madia, La Madonnina del Pescatore, St. Hubertus, Trussardi alla Scala
90 Da Caino, La Gazza Ladra, Lorenzo, Il Pellicano, La Stua de Michil, Uliassi
e0254271_14114150.jpg Gambero Rosso のTre Forchetteも常連の顔ぶれが多いが、新顔は3軒で、いずれもホテルのレストランらしい。
 La Gazza Ladra(泥棒カササギ)は、シチリアRagsa近郊の店。料理写真は結構モダン。
 il Pellicanoは、トスカーナの豪華ホテル。
 La Stua de Michil はTre Forchette復帰…らしい。アルトアディジェはBolzanoの東、ヴェネト州境に近い山の中で、91点のSt. Hubertusがすぐ近く。

 一方、Tre Forchette陥落は次の3軒。
 Il Pagliaccio、Miramonti L’Altro、Enoteca Pinchiorri。
 エノピンの3フォーク転落は、どのくらいの“ニュース度”なんでしょうかね? そういえば、ミシュラン2012版発表前の「予想記事」で、「マッシモ取れるか? エノピン守れるか?」という見出しがあったような。そんな感じなんかな。

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2010版発表時の感想

95/100
Vissani

94/100
La Torre del Saracino

93/100
Le Calandre
Combal.Zero
Don Alfonso 1890
Enoteca Pinchiorri
La Pergola

92/100
Osteria Francescana
Dal Pescatore
Piazza Duomo
Villa Crespi

91/100
Da Caino
Il Canto
Laite
La Madonnina del Pescatore
Perbellini
Reale
Uliassi

90/100
La Madia
Met Restaurant Hotel Metropole
Oasis Sapori Antichi

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2009版発表時の感想

ガンベロロッソです。拾い物(^^;)。

95 Gambero Rosso, San Vincenzo (LI)
95 La Torre del Saracino, Vico Equense (NA) ↑
94 Le Calandre, Rubano (PD)
94 Combal.Zero, Rivoli (TO) ↑
94 Enoteca Pinchiorri, Firenze ↑
94 Vissani, Baschi (TR) ↑
93 Il Canto de l'Hotel Certosa di Maggiano, Siena ↑
93 Cracco, Milano ↑
93 La Pergola de l'Hotel Rome Cavalieri, Roma
93 Dal Pescatore, Canneto sull'Oglio (MN)
92 Don Alfonso 1890, Sant'Agata sui due Golfi (NA)
92 Piazza Duomo, Alba (CN) ↑
92 Villa Crespi, Orta San Giulio (NO) ↑
91 Da Caino, Montemerano (GR) ↑
91 Osteria Francescana, Modena
91 Laite, Sappada (BL)
91 La Madonnina del Pescatore, Senigallia (AN)
91 Perbellini, Isola Rizza (VR)
91 Uliassi, Senigallia (AN) ↑
90 Arquade de l'Hotel Villa del Quar, San Pietro in Cariano (VR)
90 Duomo, Ragusa
90 Guido, Bra (CN)
90 La Madia, Licata (AG) ↑
90 Gualtiero Marchesi, Erbusco (BS)
90 Reale, Rivisondoli (AQ) ↑

 個人的、行けるものなら行きたい名簿上位のコンバルゼロがついに天辺近くに来てしまいましたー(^^;)。気付いたら予約無理…とかかなぁ(^^;)。

 イタリア共和国アブルッツォ州ラクイラ県が略して「AQ」なのも、個人的新発見(^^;)。
 タラゴナの「AQ」とラクイラ県は、死ぬまでにいっぺん、行ってやるんだい!
 ヽ(^~^;)ノ

--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-11-28 14:13 | Guide : Italy | Comments(0)
2011年 11月 25日

Guía Michelin 2012 de España y Portugal

e0254271_1402885.jpg ミシュラン・ガイドのスペイン(及びポルトガル)版2012年の内容が報じられた。

●三つ星店が2軒減る
 El Bulli、閉店(休店)で対象外に。
 Can Fabes、シェフ Santi Santamaria の逝去で二つ星に降格。
 これで三つ星は、Can RocaMartin Berasategui、Sant Pau、ArzakAkelarre の5軒。


●新二つ星
 MadridのDiverxoとEl Club Allard、返り咲きのÀbac…と3軒。
 El Bulli HotelのLa Alqueríaも、El Bulli同様で、二つ星を持って消えた。
 新一つ星で目立つところでは、Josean Martínez Alija(Nerua - Guggenheim Bilbao)が漸く戴冠。「ミシュラン以外みな絶賛」状態が、少しだけ解消(笑)。でも此処の無星は、ミチェリン・エスパニョル版らしいコンサバさで良かったんだけどな(笑)。
 ボデガのレストラン、Marqués de Riscalに星が付いたのは、ひょっとして一つの流れになるかもしれない…という意味で、面白いかも。我が家のミニ小自慢、アケラーレでいただいた1938リスカルの味わいの想い出とともに(^^;)。Frank O. Gehryを見られるしなあ。













 語られる総論…。内容的には「無風」、…あるいは少々ネガティブというかダウンスロープな印象となる、だろうか。だから、無理矢理に時代を反映させて読むならば…、、、

 “レストランの21世紀”は「スペインのディケイドが始まった」という風の中、幕を開けた。
 そして、たちまちに21世紀も10年を経過した。始まりがあるならば終わりもある…。
 2012スペイン版はその象徴と目されることだろう。
 それは余りに“とってちてた”ような見方であるが、モノゴトを“象徴的に”削りとって眺める所為を“歴史”と呼ぶならば、それが歴史ということであろう。

 それは、El Bulliのリタイア(休養)(転職)である。
 それは、Santiの逝去である。(合掌)
 それは、Arzakの代替わりである。
 それは、Subijanaの赤いチャンチャンコである。
 それは、Mugaritzの火事である。(^^;)
 それは、Joan Rocaの言葉「21世紀がスペイン料理で明けた理由? 少なくとも主因の一つは、スペイン経済の好況さ。不動産バブルであったかもしれないけど。バブルは弾けた? そうだね、ボクはこれからの料理界についても心配している」である。(完全なウロ覚えで書いてるので、違ったらスマソ)
 我々は、一旦は、新スペイン料理の“夕暮れ”を見ているのかもしれない…

 そして、しかしまた。
 歴史書の記述が、その時々の市民の実感・皮膚感覚とズレているのも、常なることである。
 2011年の我が家は、ビスカイヤとアストゥリアスを旅したものだが、若手の才気煥発、勢いの良さには魅了された。すなわち、Eneko Atxa, Marcos Moran, Nacho Manzano, Benat Ormaetxea,,,。彼らは、“黄金ディケイド”のケミカル・ハイテク・思想の自由…の果実を十分に頬張り咀嚼しながら、テロワ・トラディションへの敬意ある回帰を目しているように見受けられる。
 …ってかウマイし(笑)。
 個人的には、スペイン料理の魅力・その将来について、何も心配してなかったりはするのである(^^;)。
 でもまあ、2012年からは、ロカさんじゃないけど料理界といえども、スペイン国債利率を横目で睨みながら…的な御苦労は多々あるでしょうが、ねぇ(^^;)。

******
 スペインの新聞サイトなどをザっと眺めた感じでは、やっぱ、「ミシュランわかってねぇ」的な抗議は多い。「Mugaritz, El Pobletは三つ星だろ」…っての、結構あった。
 個人的感覚だと、スペイン版は、それはそれで一貫性はあるんだけどねー。面白おかしく言うと、アンドニとキケが三つ取れないのは、例えば1995年時点でブラスとトラマが三つ取れなかったような感じ?(^^;)。
 ただ、スペインマスコミが指摘するように、ミシュランが「国際標準」的な発言を強めるのならば、スペインの店の扱いが低過ぎるだろ?…というのは、その通りだと思う。何をどーしたら、アンドニ・キケがAmadorより下になるんだよ?(笑)


--------------------------------------------------------------------------------

参考:2011版発表時の感想

 此処も、“無風”分類寄り、かなあ。
 三ツ星変動無し。
 残念ながらやはりabacは一つ星にダウン (経営がヤバくてシェフが逃げて交替しても、『ダウンは一個』。やはりエディションの件について言えば、「日本版」は、Guide Michelinでは、無い(笑))。
 新二つ星は、スペインから4軒。
 ラモンフレシャはマドリッド移転が成功したようで2つ星獲得、この御時世を思うと良かったねー。
 ビルバオ近郊のazurmendi。
 El Bulliの近所のMiramar。
 MarbellaのCalimaは、ダニガルシアの、新店?…みたいなことかなあ?

******
>スペインの三ツ星で陥落しそうな店は無いですよね。何処も

 来年、だっけ、に El Bulli が消えますねー。
 他はたしかに安泰っぽい、不安要因はSantiの健康(あの体型で持病とかないのか?)とかPedroの年齢(といってもそんなにいってないか)くらいしか…。(笑)

 El Bulli がなくなって空く「一議席」は、どうでしょうねえ。
 ムガリッツは最近はいい話を聞かないしアンドゥニは不在がち。無さそう。
 キケのとこもねえ、三ツ星ぽさ、となるとどうかなあ。
 昔から名前のあるところでは、あと、セルジアロラくらいですか。

******
 ↑だから心配だって言うたじゃん、Santi、、、、(涙)

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2010版発表時の感想

●Can Roca、3つ星獲得

 やっと。(^^;)
 「移転」「借金」…が無いと腰が重いミシュラン…という伝統はまだ残ってるのか(笑)。
 スペイン版ミシュランでは、ナチョマンサーノが新2星・ビクトルアルギンソニスが新1星、ラモンフレシャがマドリッドに移転して新1星(というかキープというか)、などが目につきました。
 ベラサテギのバルセロナ店が新2星など、ミシュランでは「支店」の強さも相変わらず。昔のミシュランからは考えられませんが(^^;)。

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2009版発表時の感想

 おお、そんな季節ですかー。

 噂通りとして、変動がセールスに結びつかないのか、動きが少ないですね(笑)。
 降格?…「スベロア」は、まぁ、そうかも。
 東京基準(^^;)からすると、相変わらず、スペイン版(イタリア版も?)は、星が厳しいですね。

 「エチェバリ」はようやくつくんですかね?
 ここはめっちゃ行きたいですねぇ。

 2009の空港立ち読みでは、Ca'Sentoは、1つ星でした。

 実力は、俺ら的には、スペイン版基準だと1つ星くらいに感じました。スペイン版の星、厳しいからなぁ(とゆーか、基準に見直しかけると大変な騒ぎになっちゃうからでしょうが)。
 いきなりパリに出現したら、2つ星だと思いますが(^^;)。

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2008版発表時の感想

(ある意味、21世紀スペイン料理の絶頂期で、ロカもキケもアドゥリスもみんな三つ星や~!とスペインマスコミの事前予想は盛上がっていました)

 スペインは星の出が悪かったですからねぇ、東京とあわせるには大盤振る舞いしないとヽ(^~^;)ノ。

 カンロカ三つ星は、「ミシュラン以外」のガイドの評価から言っても当然ですか。
 ってか、ワシらは一番だと思ってるし(^^;)。

(しかし、蓋を開けてみると、、、ヽ(^~^;)ノ)

--------------------------------------------------------------------------------

参考:2007版発表時の感想

 アケラーレ三つ星? わおっ、ほんとですか。やったね、スビハナ!

 実のとこ、あの辺を回った感じで、レストランの諸要素がもっとも高次元にバランスしてるのは「アケラーレ」だという印象だったので、この三ツ星は大賛成です。
 まぁ料理の方も、面白さ美味しさともに、ベラサテギ・アルサック・ムガリツに決してヒケを取らないものと思ったし。

 エルポブレ二つ星?
 一昨日たまたま、Fujiya1935のシェフからキケダコスタの話を聞いてたんですけど、かなり狂った料理で めちゃ面白いそうですよ。ある意味ムガリツがそうであるように…、だそうです。


--------------------------------------------------------------------------------

参考:2006版発表時の感想

El 'club Michelin' se ampl誕

Andoni Luis Aduriz logra la segunda estrella para el 'Mugaritz' y la catalana Carmen Ruscalleda convierte su 'Sant Pau' en el quinto 'tres estrellas' espa撲l

とのこと。
 まぁ、スペイン国内的には、今はGarcia Santosがいるから、Michelinはガイドとしては意味が低いけど、国際的な注目度はありますからねー。


--------------------------------------------------------------------------------

AQ! Ishii web site
「楽しいレストラン」
美味しいCDもあります
[PR]

# by aqishii | 2011-11-25 23:51 | Michelin | Comments(0)