AQB59 レストランをめぐるグルメのめくるめくメルクマール (早口言葉)

aqishii.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 20日

미쉐린 코리아 2019

e0254271_2223817.jpg
 미쉐린…、미み・쉐しゅ・린らん…3年目となったミシュランガイド・ソウル版。

 3つ星、変化無し。
 2つ星に2軒が昇格。Alla Prima と Mingles。
 新1つ星は5軒。

3스타:
Gaon 가온
La Yeon 신라호텔 라연

2스타:
Kwon Sook Soo 권숙수
Kojima 코지마
Jungsik 정식당
Alla Prima 알라 프리마 ↑
Mingles 밍글스 ↑

1스타:
Bicena 비채나
Balwoo Gongyang 발우공양
Dining in Space 다이닝 인 스페이스
Dosa 도사
Exquisine 익스퀴진
Gotgan 곳간 ↓
Jin Jin 진진
Joo Ok 주옥
L'Amitie 라미띠에
Soigne 스와니예
Table for Four
Yu Yuan 포시즌스 호텔 유 유안
Zero Complex 제로 컴플렉스
Poom 품 ↑
Hansikgonggan 한식공간 (New)
Lee Jong Kuk 104 이종국 104 (New)
Mosu 모수 (New)
Muoki 무오키 (New)
STAY 스테이 (New)

 大型ルーキーは、サンフランシスコで既に星を獲得していたSung Anhの「MOSU」の凱旋帰国オープンだろうか。
 全体には、韓国料理・韓国素材をベースとしたモダン化が定着してきてるんだなあ、という感じ。
 3-2-1つ星の軒数は、2-3-19 → 2-4-17 →2-5-19 -…かな。
 Gotganが降格、Votre Maison、Ristorante Eo、Keunkiwajipが星を失った…かな。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



[PR]

# by aqishii | 2018-10-20 14:56 | Michelin | Comments(0)
2018年 10月 19日

The Best Chef Awards 2018

e0254271_10130614.jpg
 ポーランド発の、あのアレ…シェフの世界ランキングの、2年目が発表になり、ミラノで受賞式があったようだ。
 いまいち背景がよくわからないのだが、Barilla, Valrhona, Laurent-Perrier, Termomix…などなど、が、スポンサーとなっている。

 シェフの母集団はノミネート制のようで、昨年の300人に新規50人を追加した350人が、まず選ばれているらしい。
 ノミネートされるシェフは、見たところでは、西洋料理及び西洋料理をベースとするイノベイティブ…の総合料理の料理人、、、に絞っているようで、その意味では他のランキングより整理がついていて、リストとして見易いところはある。

 また「『神や巨匠や御大』は別のところで」ということか、Guy SavoyやNadia SantiniやPedro SubijanaやHelmut Thieltgesや斉須政雄やAlice Watersや…といった名前はノミネートされてない、っぽい。Michel Brasは去年は入ってたのに外したくさいし。
 「いま、世界で話題のシェフの一覧ね。単品料理・郷土料理は除いたよ」…ってリストにはなってるかな。

 順位の方は、互選を基調に識者投票など…みたいなのだが、ざっと見、店・料理の質的調査などより、人気度・知名度・交友度のランキングのようで、まあご参考まで…って感じ。

 いずれにしても「シェフ名ランキング」なのは面白い。
 これはクイズ問題に使える!(笑)
 …また、食道楽人の「ボケ防止」に使える!(笑)

e0254271_1615362.jpg
#003 David Muñoz
#005 Jonnie Boer
#006 Niko Romito
#007 Alex Atala
#010 Vladimir Mukhin ↑
#011 Grant Achatz
#014 Albert Adria
#015 Nick Bril
#017 Massimiliano Alajmo
#019 Daniel Humm
#022 Norbert Niederkofler ↑
#023 Gregoire Berger
#026 Andrea Aprea ↑
#027 Davide Oldani ↑
e0254271_12191481.jpg
#031 Syrco Bakker ↑
#032 Andreas Caminada
#035 Emma Bengtsson ↑
#036 Pascal Barbot ↑
#039 Christopeher Hache ↑
#040 Eric Frechon
#042 Sven Elverfeld ↑
#043 Vincenzo Guarino
#045 Benoit Dewitte ↑
#046 Dominique Crenn ↑
#047 Corey Lee
#048 Joris Bijdendijk ↑
#049 Nino Di Costanzo
#051 Christian Bau - Germany
#052 Heinz Beck - Germany
e0254271_18164743.jpg
#054 Paolo Casagrande - Italy ↑
#055 Jan Hartwig - Germany ↑
#058 Matt Orlando - USA
#059 Alexandre Couillon - France ↑
#060 Richard Ekkebus - The Netherlands ↑
#061 Jean-Francois Piege - France
#063 Enrico Bartolini - Italy ↑
#064 Michael Tusk - USA
#065 Mauro Colagreco - Argentina
#066 Mauro Uliassi - Italy
#068 Sang Hoon Degeimbre - Belgium ↑
#069 Thomas Buhner - Germany
#070 Tim Raue - Germany
#071 Arnaud Lallement - France
#072 Daniel Boulud - France ↑
#075 Antonio Guida - Italy ↑
#076 Nils Henkel - Germany
#079 Chantel Dartnall - South Africa
e0254271_18260155.jpg
#082 Jacob Jan Boerma - The Netherlands
#083 Clare Smyth - UK ↑
#084 Heston Blummenthal - UK
#086 Brett Graham - Australia ↑
#087 Giuseppe Iannotti - Italy ↑
#089 Fredrik Berselius - Sweden ↑
#091 Julien Royer - France
#092 Felix Lo Basso - Italy ↑
#094 Paul Pairet - France
#096 Tiago Sabarigo - Portugal ↑
#097 Arnaud Bignon - France
#099 Tomaz Kavcic - Slovenia ↑
#101 Stefano Baiocco - Italy
#102 Emmanuel Renaut - France
#103 Christian Le Squer - France
#104 Adam Meszaros - Hungary ↑
#105 Sidney Schutte - The Netherlands
#107 Curtis Duffy - USA
#108 Ryan McCaskey - USA
#109 Isaac McHale - UK
#110 Matias Perdomo - Uruguay ↑
#111 Kei Kobayashi - Japan ↓
#112 Matteo Metullio - Italy
e0254271_10120073.jpg
#114 Pino Lavarra - Italy ↓
#115 Moshik Roth - Israel
#116 Enrique Olvera - Mexico
#117 Jean Sulpice - France ↑
#118 Ivan Ralston - Brazil ↑
#119 Francisco Ruano - Mexico ↑
#120 Emmanuel Stroobant - Belgium ↑
#123 Arnaud Faye - France
#124 Atsushi Takahashi - Japan ↑
#125 Tomas Lidakevicius - UK ↑
#126 Martijn Defauw - Belgium ↑
#127 Yoji Tokuyoshi - Japan ↓
#128 Gaetano Trovato - Italy ↑
#129 Jorge Vallejo - Mexico
#130 Stephane Buron - France ↓
e0254271_15372076.jpg
#133 Georgianna Hiliadaki - Greece ↓
#134 Peter Tempelhoff - South Africa
#136 Andrea Berton - Italy ↑
#137 Salvatore Bianco - Italy ↓
#138 Michel Roth - France
#139 David Bizet - France ↓
#140 Jan Sobecki - The Netherlands
#141 Marcus Wareing - UK ↑
#143 Sebastian Frank - Austria ↑
#145 Matt Lambert - New Zealand ↓
#146 Vicky Cheng - HK ↑
#148 Peter Knogl - Germany
#151 Tohru Nakamura - Germany ↑
#152 Claude Bosi - France
#153 Arturo Dalhuisen - The Netherlands ↑
#154 Kirk Westaway - UK
#155 Terry Giacomello - Italy
#156 Andrew Fairlie - UK ↑
e0254271_14140593.jpg
#159 Sat Bains - UK ↓
#160 Valentino Cassanelli - Italy ↑
#161 Jean-Philippe Blondet - France ↓
#163 Helene Darroze - France ↓
#164 Gennaro Esposito - Italy ↑
#165 Heinz Reitbauer - Austria ↓
#166 Paco Morales - Spain ↑
#167 Ronan Kervarrec - France ↑
#170 Roger van Damme - The Netherlands ↓
#171 Sergio Meza - Mexico ↑
#172 Paolo Gramaglia - Italy ↑
#173 Dieter Koschina - Austria ↓
#174 Richard van Oostenbrugge - The Netherlands ↑
#175 Jonathan Zandbergen - The Netherlands ↑
#176 Angelos Lantos - Greece
#177 Rolf Fliegauf - Germany
#178 Roy Caceres - Colombia
#179 Mikael Svensson - Sweden ↓
#180 Nick Roussos - Greece ↓
e0254271_7431188.jpg
#182 Ryuki Kawasaky - Japan ↑
#183 Davy Tissot - France
#184 Nicolas Lopez - Argentina ↑
#185 Thierry Theys - Belgium ↑
#186 Masa Takayama - japan ↑
#187 Daniel Watkins - UK ↑
#188 Stefan van Sprang - The Netherlands ↑
#189 Francesco Guarracino - Italy ↑
#191 Diego Munoz - Peru ↑
#192 Felipe Bronze - Brazil
#193 Paul Liebrandt - USA
#194 Shannon Bennett - Australia
#195 Heinrich Schneider - Italy ↑
#196 Pascal Bardet - France
#198 Carlo Cracco - Italy ↓
#202 Helena Rizzo - Brazil ↓
#203 Kevin Fehling - Germany ↑
#205 Martin Benn - Australia ↓
#206 Silvio Nickol - Austria ↓
#207 Margo Reuten - The Netherlands
#208 Nick Dostal - USA ↑
#209 Modest Amaro - Poland ↓
#210 Michelino Gioia - Italy ↓
#211 Rogér Rassin - The Netherlands ↓
#212 José Luis 'Chele'González - Spain ↓
#213 Tom Kitchin - UK ↑
#215 Klaus Erfort - Germany
e0254271_14483064.jpg
#217 Giorgio Diana - Italy
#218 Sakai Fumiko - Japan ↑
#219 Simon Hulstone - UK ↓
#220 Paco Roncero - Spain
#221 Sean MacDonald - Canada ↑
#222 Lino Scarallo - Italy ↑
#223 Gregory Czarnecki - France ↑
#224 Fabio Nompleggio - Italy ↓
#225 Thibault Sombardier - France ↑
#226 Stavros Psoumopoulos - Greece ↓
#228 Nelly Robinson - Australia ↑
#229 Tanja Grandits - Germany
#231 Martin Fauster - Australia
#232 Paulo Airaudo - Argentina
#233 Giuseppe Molaro - Italy
#234 Marco Martini - Italy
#235 Daniel Clifford - UK ↓
#236 Kamilla Seidler - Denmark ↓
#237 Agustin Balbi - Argentina
#238 Shaun Hergatt - Australia
#239 Karlos Ponte - Venezuela
e0254271_1471233.jpg
#241 Andreas Bagh - Denmark ↓
#242 Virginie Basselot - France
#243 Kristian Baumann - Denmark ↑
#244 Claude Le Gras - France ↓
#246 James Close - UK
#247 Andy Gaskin - Croatia ↓
#248 Martyn Meid - Lithuania ↓
#250 Colin Clague - UK
#251 Loretta Fanella - Italy
#253 Josiah Citrin - USA ↓
#254 Floriano Pellegrino - Italy ↑
#255 Ryan Clift - UK ↓
#256 Bryce Shuman - USA ↓
#257 Takeshi Iwai - Japan ↓
#258 Corrado Parisi - Italy ↑
#259 Brady Williams - USA ↓
#260 Fabricio Delgaudio - Brazil
#261 Noriyuki Hamada - Japan ↓
#262 Marcello Trentini - Italy
#263 Olivier Elzer - France ↓
#264 Ana Ros - Slovenia ↓
e0254271_13523464.jpg
#266 Ashley Palmer-Watts - UK ↓
#267 Jungsik Yim - South Korea ↓
#268 Vicky Lau - HK ↓
#269 Jerome Mamet - France ↓
#270 Stephanie Le Quellec - France ↓
#271 Rasmus Munk - Denmark ↓
#272 Michael Deg - South Africa ↓
#273 Cristina Bowerman - Italy ↑
#274 Lisa Goodwin-Allen - UK ↑
#275 Stefan Heilemann - Germany
#276 Yannick Franques - France ↓
#277 Dominique Gauthier - France ↓
#278 Jean-Georges Vongerichte - France ↓
#280 Marcin Popielarz - Poland
#282 Paolo Cappuccio - Italy ↓
#283 Fernando Arellano - Spain ↓
#284 Yann Bernard Lejard - France ↓
e0254271_12314886.jpg
#286 Alberto Landgraf - Brazil
#287 James Lowe - UK ↓
#288 Andreas Dollerer - Austria ↓
#289 Coque Mario Sandoval - Spain ↓
#290 Christian Jürgens - Italy ↓
#291 Giuseppe D'Aquino - Italy ↓
#292 Simon Taxacher - Austria ↓
#293 Andrea Camastra - Italy ↓
#294 Jean-André Charial - Spain ↓
#296 Damien Bouchery - Belgium
#297 Vito Reekers - The Netherlands ↑
#298 Diego Rigotti - Italy ↓
#299 Tom Sellers - UK
#300 Martin Klein - France

 昨年から50位以上の変動には↑↓を打ってみた。、、、ら、大変なことになった(^^;)。
 ランキングは変動が大きいほど正確w…としたものだが、まあしかし、ここまでだと、「まだ何をしたいか定まってない、走りながら考える」感じ?(笑)

 各賞は次の通り。
The Best Chef - FoodART : The Musket Room Matt Lambert
The Best Chef - Lady Chantel : Emma Bengtsson
The Best Chef - Rising Star : Bros' Floriano Pellegrino
The Best Chef - Pastry : Antonio Bachour
The Best Chef - Followers : Grégoire Berger
The Best Chef - CityGourmet : Andrea Aprea

e0254271_20583677.jpg
 日本人の名前を拾うとこんなところかな…。
#111 Kei Kobayashi
#124 Atsushi Takahashi - 柏屋香港
#182 Ryuki Kawasaky - Mezzaluna Bangkok
#186 Masa Takayama
#218 Sakai Fumiko - Il Bikini (Vico Equense)
#257 Takeshi Iwai - Ada e Augusto (Cascina Guzzafame)
#261 Noriyuki Hamada

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

El Celler de Can Roca EL CELLER DE CAN R...
価格:9331円(税込、送料無料) (2018/10/19時点)


[PR]

# by aqishii | 2018-10-19 14:57 | 情報(海外) | Comments(0)
2018年 10月 18日

秋の兆しを岩っ手 -Celebrating the signs of autumn- (4)

 8月末~9月頭の話。「夏休み最後の思い出写真」整理中…モード(^^;)。
-----------------------------------------------------------

e0254271_13330838.jpg
 バスでCielarko駅(花巻駅)へ。
 駅蕎麦に「賢治そば」がある。「やっぱり油揚げよね」と喜ぶへべ。
 駅舎横に、「鹿踊り」の扮装展示。「YOKAI NO SHIMA」調だ。
 東北本線で盛岡。沿線をぼーっと眺めてるとやはり賢治が随所に出てくる。さすがは「外国人に聞いた尊敬する日本人」25位。

 *Hors-d'oeuvre divers
  前菜の盛合せ
 *Creme de potiron (froide)
  南瓜のクリームスープ(冷製)
 *Ainame grille a la Jamaiquaine
  大船渡産アイナメの炭火焼、ジャマイカ風
 *Gras-double a l'estragon, Nouilles fraiches aux epinards
  牛ハチノス(第二胃)のトマト煮、エストラゴン風味、ホウレン草入り手打パスタ添え
 *Tripes a la marocaine couscous de Quinoa
  佐助豚テッポウ(直腸)のモロッコ風煮込み、キノアのクスクス風添え
 *3 glaces
  三種氷菓
 +Kronenburg 1664
 +14 Chateau L'Hospitalet La Reserve La Clape Gerard Bertrand
 +Cafe

e0254271_13332239.jpg
 えーと、盛岡の「シェ・ジャニー」へ、行きました。
 えーと、話せば長い…ってか、お店の歴史があり過ぎるような一軒。看板に「depuis 1969」と書いてあって、しかもその当代だというとんでもないウチなのだ。
 その歴史はご承知の方も多かろうし、そうでなければネットで検索してもらえば、詳しい記述が色々と転がっている。

 で、1969年オープンのシェ・ジャニーが東京は渋谷を去ったのが1985年。ワタシはぎりリアルタイムで名前は知っていたが(当時の「グルマン」も初年度1984年版には名前がある)、訪問は(到底)叶わず。
(実はこの「グルマン」関係も壮絶な(笑)裏話がある、キョーミおありの方は細かく検索されれば出てきますぜ(笑))
 その後、安比で開店したのも情報としては知ってはいたのだが、、、。
 で、それが2015年、安比30年を節として盛岡(の駅からも遠からずな材木町)へ移られた…と聞いた。

e0254271_13335032.jpg
 …そんなところに、今回の岩手旅行である。
 すぐにシェ・ジャニーの名前を思い出した。けど、「わーい、シェ・ジャニーへ行けるぜルンルン」…って感じではなかった。
 腕組みしてウ~ンと唸る。
 ウチは二人して「ラララ科学の子」ではあるのだが、同時にすごく「運命論者」なのである。
 (店との)出会い、は「神のお引き合わせ」みたいなものだと思っているところがある。そしてまた、「何でも押し掛ければいい、ってもんじゃない」とも思ってるところはある。
 要するに、悩む。
 ぶっちゃければ、出し遅れの証文…って言葉もあるように、遅過ぎるレジェンド訪問ではないのか、とか。異なる世代の空間を荒しに行くようではないのか、とか。
 行くべし…なのかなあ?
 まあしかし結局、好奇心に負けて(?)盛岡に電話することになり、後に、色んな神様に感謝することになる(笑)。

 やっぱりシェ・ジャニーへ行こう、と決まって、へべは「あ、そうだ」とトイレ前のグルメ本棚から一冊の文庫本を出してきて読んでいた。
●古波蔵保好「ステーキの焼き加減」
 この本にはジャニーさんがよく出てくるのである。あるが、この文庫本、出してきてみると、もう、紙なんかまっ茶色なワケ(活字が沈みこんでいる)。古波蔵さんだって亡くなって20年近くになるし、登場人物もほとんど「歴史上」みたいな感じなワケ。
 なんか、年月の厚みが、想像を絶している(^^;)。

e0254271_13333501.jpg
***

 材木町のお店は、盛岡駅から歩いても15分くらいか。100円循環バスで2停留所くらい乗ると更に近い。
 いい天気。太陽が眩しい。
 さりげなく建つ、小体な店。クリーンで愛らしい。
 事前要予約の日曜昼、このランチは僕らだけ。

 真ん中の席につく。
 オーディオセットの正面。JBLの4348をアキュフェーズでドライブする。
(…ってのが、後々になってみると、実に、「らしい」。オールドの4343…とかじゃなくて。4348をアキュフェーズ…って、イメージで言えば「ダイナミックでリジッド…で艶がある」って感じでそ? うーん、料理とリンクしてるわ(笑))

 料理は電話の事前相談、「おまかせ」で予算を決めてある。
「内臓とかも大丈夫ですか?」「大好きです」
 と、まんまをお答えしていたのだけど、それは「大当たり♪」となる。
 外の太陽の張り切り具合に敬意を表して乾杯はクローネンブルグ、後にほどよさそうな赤を一本。

e0254271_13340262.jpg
Hors-d'oeuvre divers
 コハダのマリネ、モロッコ風ラタトゥイユ、人参のモロッコ風
 鶏レバーパテ、ピクルス
 見た目は穏やかな、少なくとも驚くものではない盛合せなのだが、いただき始めると、ピピピっ…と背筋が伸びる。ピシリと決まった、正確な、そして粋な…。正調に美味しい♪
 “これはイイお昼になりますな”…と2人で目配せ、、、とかする所だけ食い意地のベテランなのがどうなのかね、ワシら(笑)。
 それにしても、レバパテのナイフが可愛い。

Creme de potiron (froide)
 ナチュールなポティロンの香りで夏を整えて。


Ainame grillé à la Jamaïquaine
 大船渡産アイナメの炭火焼、ジャマイカ風

 おお!…っと、ドン♪ 迫力ある存在感。その前ちょっと台風で魚の手配など心配だったそうだけど、いいアイナメが入ってきて…とのこと。それを、香草マリネ焼のちょいスパイシー版=ジャマイカ風…で(へえ!)。
 文句なく旨い、夏の焼き魚。
 大きめのミニトマトがまた、素晴らしい働き。…ですねえ、と後で言うと、「ま、ちょっと前から塩して置いとくとイイよ」だそう。

e0254271_13341621.jpg
Gras-double a l'estragon, Nouilles fraiches aux épinards
 牛ハチノス(第二胃)のトマト煮、エストラゴン風味、ホウレン草入り手打パスタ添え

 う、うう、美味い!
 まず言うべきなのは、この豊かな誘惑の力のことなのだろうか、この端正な品格のことなのだろうか、、、
 凡百のハチノストマト煮の「ウマイんだからいいっしょ、こんなもんでヨロシク」感から100万光年離れた、フィネスのあるフランス料理である。

 皿が進むに従い、しょーじきに記しておくと(何でもしょーじきに書き残しておけばいい、というものでもないが(^_^;))、2人どちらともなく
“うわあ現役だあ”
 …という呟きが漏れる。(…というのも失礼な話なのだが、、、)

 そのココロは、、、
 まあボクら、普段、なんだかんだ前振りの情報があっても、お店に伺う時はけっこー白紙に戻って行くんですよ。ヒトに聞いた話程度に振り回されてウマイもマズイもわからん、とかサイアクだから(笑)。
 コチラでもそれはそうなんだけど、この日記でも散々、前振りしてしまったくらい、「シェ・ジャニー」ともなると「まるっきり白紙」ってワケではない。
 どっかには「レジェンドの表敬訪問」かなあ…みたいなアタマ、ってのは残ってたのよね。
 それが、食べてみて、ばっさーんと現実の大波に洗われる、というか。
 つまり、どこか「シニア・オリンピック」みたいな気持ちであったのが、行ってみたら「オリンピックだった」という。
 9秒なんちゃらで駆け抜ける世界だったという。

e0254271_13342888.jpg
Tripes a la marocaine couscous de Quinoa
 佐助豚テッポウ(直腸)のモロッコ風煮込み、キノアのクスクス風添え

 入店時、卓上に本日コースの品書きが置かれていた。
 着席しながらざっと一瞥、目がこの料理名にさしかかって二人、内心、既に小躍りしていた一品、かな(笑)。
 欣喜雀躍…小スズメがピョン、とはワシらのことである(^^;)。
 電話の時、「内臓は?」と聞かれてナニゲに…というかただしょーじきに「大好き」と答えたのが、報われました(笑)。

 とはいえ、ホントに書き残しておかねばイカンのは食べてからの話w。
 ああ美味しい。キレイで、豊かだ。
 ホントに小躍りも大躍りもしたいような旨さの一方、どこか凛としている。へべがジャニーさんのブログのどっかに「抑えること・正しくコントロールすることが品を生む」…みたいな記述があったよ、と言うのだが、まさにそういう感じかなあ。
 艶然と微笑む、大腸。
 アリサ添え。クスクスがキノア…というのは色んな意味でナイスアイデア。


コンテとアペリシェーヴル
 チーズの用意もありますが、とのことで、いただく。
 最近はチーズの段はパスすることがほとんどだけど、コチラでは流れと空気がチーズへ誘う。
 アペリシェーヴル、ちゃーみんぐ。

e0254271_13344353.jpg
3 glaces
 有機レモンシャーベット、ブルーベリーシャーベット、塩キャラメルアイスクリーム
 すっきりナチュラルな3色、火照りをさます。

***

 春田光治シェフ、1940年生まれ。最後にご挨拶できて本当に良かった。
 シェフはお店ブログの更新が熱心な方で、後日談になるが、数日後にはボクらが行った時の話もあがっていた。そこで、
「見事な食べっぷりで完食して頂きました」
 と書いていただいていたのだが、ほんとにキレイに食べた(笑)。舐めるように食べた(舐めてないよ(^^;))。
 まあボクら、まず大概、完食はする方だが、この日はソースの一滴も残ってなかったように思う。
 何かさあ、「見事な食べっぷり」と言ってもらえるのが一番イイし、こちらも結局、料理については、「見事な食べっぷり」をお見せできるのが、一番イイ。(笑)

 ジャニーさん。
 ボクらには、しみじみした味、や、豪快な味、とはちょっと違って、明晰で居住まいを正した、だけど蕩ける味。
 …怖い味、ではある。



[PR]

# by aqishii | 2018-10-18 13:39 | 美味しい日々 | Comments(0)
2018年 10月 16日

Good Food Guide 2019

e0254271_10135677.jpg
 オーストラリアの「Good Food」のレストランガイド2019版が発表された。
 全土まとめての発表は、昨年に引き続きの模様。

 主なアワードを見てみると、

Restaurant of the Year - Restaurant Orana, Adelaide
New Restaurant of the Year – Laura, Merricks, Victoria
Regional Restaurant of the Year – Brae, Birregurra
Chef of the Year - Peter Gilmore, Quay, Sydney
Legend Award - Stefano de Pieri, Stefano's Cantina, Mildura, Victoria
Young Chef of the Year - Jodie Odrowaz, Iki Jime, Melbourne
Service Excellence Award - Kylie Javier Ashton, Momofuku Seiobo, Sydney
Food For Good Award - Sydney Doesn't Suck
Bar of the Year - The Dolphin Wine Room, Sydney
Sommelier of the Year - Travis Howe, Carlton Wine Room, Melbourne
Wine List of the Year - Otto, Brisbane
Regional Wine List of the Year - Wickens at the Royal Mail, Dunkeld

 レストランオブジイヤーは近年、名前の挙がることの多いOrana。
 アワード全体を見ても、昔の「ほとんどシドニーでメルボルンがちょこちょこ」…って地域事情は、すっかり様変わりしている。

 レストラン・ランクは、

e0254271_048524.jpg
●THREE HATS
 NEW SOUTH WALES:Quay, Momofuku Seiobo ↑, Sixpenny ↑
 SOUTH AUSTRALIA:Restaurant Orana ↑
 VICTORIA:Attica, Brae, Minamishima

●TWO HATS (NEW SOUTH WALES)
Aria,Automata, Bennelong, Bentley Restaurant & Bar, Bert's Bar and Brasserie, Biota Dining, The Bridge Room, Cirrus, Est., Ester, Firedoor, Fleet, Fred's, Icebergs Dining Room & Bar, Lucio's, LuMi Dining, Monopole, Mr. Wong, Muse Restaurant, Ormeggio at The Spit, Oscillate Wildly, Paper Daisy ↑, Pilu at Freshwater, Porteno, Restaurant Hubert, Rockpool Bar & Grill, Saint Peter, Tetsuya's, Yellow ↑

●TWO HATS (VICTORIA)
Amaru ↑, Cutler & Co., Dinner by Heston Blumenthal, Flower Drum, Grossi Florentino Upstairs, Ides ↑, Igni, Iki Jime ↑, Ishizuka ↑, Lake House, Laura ↑, Lume, O.My, Matilda 159 Domain ↑, Provenance, Rosetta, Vue de Monde, Wickens at Royal Mail Hotel ↑, Woodland House

●TWO HATS (QUEENSLAND)
Aria Brisbane, Otto ↑, Stokehouse Q, Wasabi

e0254271_19570229.jpg
●TWO HATS (AUSTRALIAN CAPITAL TERRITORY, SOUTH AUSTRALIA, TASMANIA, WESTERN AUSTRALIA)
Aubergine, Hentley Farm, Magill Estate Restaurant, The Agrarian Kitchen Eatery & Store, Franklin ↑, Cullen Wines, Vasse Felix, Wills Domain ↑, Yarri ↑

 評価の更新のマメなランキングなので「延々と3つ帽」をやっているのは、要するにQuayAtticaだけ(及びBraeは開店以来ずっと)。

 Gerard's Bistro, GOMA Restaurant, Ottoman Cuisine, Ezard, Rockpool Bar & Grill(Vic), Saint Crispin, Spice Temple(Vic)は降格。

 SepiaとUrbaneはじめ、幾つかの店がランク全体からいなくなってしまったんだけど、何かあったんかいな?
 (後日注:FBでH田さんに教わったところ、Sepiaは閉店・Urbaneはシェフ交代…とのこと)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



[PR]

# by aqishii | 2018-10-16 13:45 | Guide : Australia | Comments(0)
2018年 10月 15日

秋の兆しを岩っ手 -Celebrating the signs of autumn- (3)

 8月末~9月頭の話。「夏休み最後の思い出写真」整理中…モード(^^;)。
-----------------------------------------------------------

e0254271_19434643.jpg
 *ラムカタロース、ラムモモ、マトンカタ
 *定食

[AQ!]
 行くことになるまで知らんかったけど、遠野はジンギスカンで有名なんだそうな。
 じゃあ!…ってんで、お昼はジンギスカンにする。
 元祖とも言うべき1947年創業の「あんべ」さん。(「満州で食べた羊の味」のイメージだったらしい)
 こちらは、駅から歩きで行けるのも助かる(10分ほど)。
 さすがは人気店で、13時40分着でも1組待ってらした。ワシら2組目、10分待ちくらい。

 お座敷でスタート。The ジンギスカン。
 遠野はだいたい、豪州産チルド輸入らしい(創業時は国産だったとか)。ラムとマトンが用意されてるのがイイが、部位はそれぞれのカタ・モモ・カタロースだけ…はちょびっつ残念。(豚ホルモンや牛…は、ある)
 お馴染みのジンギスカン鍋焜炉の下には新聞紙を広げて敷いてあるのがイナタイ。
 味わいもThe ジンギスカンで満足、タレが平均的札幌なんかに比べてスッキリした印象で食べ易い。

e0254271_19443004.jpg
*****

 駅前の観光交流センターのカフェが美味そうだったな…と、テイクアウトでエスプレッソもらって列車に駆け込む。
 「Michael's Café」…シアトルから来たヒト、だっけかな、ナイス♪

 Stelaro駅こと新花巻駅に戻って駅前からバス。花巻南温泉郷無料シャトルバス。
 岩手のこの辺まで来といて温泉無しじゃ帰れまへん♪
 今回は(前回取れなかった)大沢温泉。バスは7箇所ほどの温泉を巡るが、まあやっぱエース格ですかね。
 一軒で、山水閣・菊水舘・湯治屋と3タイプの旅館を営む。ボクらは自炊部にあたる「湯治屋」。温泉はほぼ3館とも共通で入れるのが嬉しい。
 到着。鄙びてて嬉しい。

 中は、鉛温泉の湯治部に比べると“実用本位”って感じかなあ。お風呂の作りも、実利実用タイプ。
 メインの風呂「大沢の湯」は豊沢川の「すぐ川っぺり」なのが印象的。

e0254271_19451266.jpg
 土曜の宿泊のせいもあってか、湯治屋の客も純然たる自炊組は少数か。
 食事処「やはぎ」で、枝豆・餃子をアテに「遠野ズモナビール」で乾杯。…個人的には、温泉旅館って、「例の、黒ずんだ鮪を先頭にゴテゴテ並ぶ冷えた旅館メシ」だったら、「ラーメン・カレー食堂併設」タイプの方が、好き(^^;)。(まあでもこの10年くらいは、「温泉メシ」もだいぶ工夫する所が増えたけど)
 途方もなくボケーっと呑んで、〆は、たぬきぶっかけそば。この蕎麦が、か~なり良い。仕様も悪くない。ツユは、、、ちょびっつ残念(^^;)。

[へべ]
 大沢温泉でテレビ。
 「やはぎ」で「外国人に聞いた尊敬する日本人」。25位賢治!、1位宮崎駿、2位黒澤明、3位龍馬、4位春樹…5位式部、6位杉原千畝、10位イチローなど。
 部屋に帰ってから、別の「ロシアで有名な日本人」番組…安部公房(特に砂の女)、恋のバカンス、セーラームーン、こっちはスポーツ選手もイチローとかより断然羽生結弦。

[AQ!]
 フツーに全国ネット番組だと思うのだが、宮沢賢治がバーンと出てしばらく「SL銀河」の話が放映されて、ビックリw。さっき見たよ、ソレ。
 まあしかし、誰でもアリのアンケで25位って、未だにビッグネームなんだなあ、賢治。



[PR]

# by aqishii | 2018-10-15 19:45 | 美味しい日々 | Comments(0)
2018年 10月 12日

Top 100+ North American Cheap Eats 2018

 OADの2018。
 この枠は昨年の「US Cheap Eats」の拡大版改編…というところか、と思うが、2017版のCheap Eatsって、項目は立ったけど発表されたっけ???

 まあ、そのソレ。
 デリカテッセン、バーベキュー、タコス、フライドチキン、ベーカリー、、、みたいな。

1 Gjusta - Venice
2 Franklin BBQ - Austin
3 Guerrilla Tacos - LA
4 Willie Mae's Scotgch House - New Orleans
5 b.patisserie - SF
6 Birrieria Zaragoza - Chicago
7 Tacos Los Cocuyos - Mexico City
8 Parkway Bakery & Tavern - New Orleans
9 La Barbecue - Austin
10 La Taqueria - SF

 こーゆーの見るのも楽しいんだが、いかんせん見当がつかん(^^;)。
 首位はカリフォルニアのデリ。
 北米版なので7位にメキシコシティのタコスが入ってる、、、のだが、200位以内に入ってるメキシコのタコス屋はここ一軒だけ。
 日本くさいとこでは、ラーメンの一風堂NYCが17位。



[PR]

# by aqishii | 2018-10-12 14:25 | OAD | Comments(0)
2018年 10月 11日

秋の兆しを岩っ手 -Celebrating the signs of autumn- (2)

 8月末~9月頭の話。「夏休み最後の思い出写真」整理中…モード(^^;)。
-----------------------------------------------------------

e0254271_20490104.jpg
[朝食]
 *一晩仕込みの塩昆布大根
 *干し山女焼
 *蕨
 *もろみ醤油
 *昨日練りの生麩 ホヤ塩
 *ピーマン・夕顔
 *粥 汁椀

 穏やかに朝。
 粥の湯気が待つ♪
 パッと見、フツーの「日本の旅館の朝ごはん」…その通りながら随所に細かい工夫や配慮があって、とっても美味しい。抜群の生麩、干しのヤマメ、大根に蕨(季節ハズレ…だけど出てたから、って話だっけ)に夕顔♪
 (ついつい、比良が…余呉が…みたいなヒソヒソ話をしてしまうw)

e0254271_20484644.jpg
 朝ごはんの元気を駆って、クルマに乗せてもらいちょっと離れた「田んぼ」見学をさせていただく。
 米は勿論、遠野1号。…だが、最初はあきたこまちでチャレンジしていたそうで、「でもなんか違うな(笑)(名前もな)」ってとこで絶滅寸前の遠野1号に出会ったそう。
 無農薬・無肥料栽培の自然農法で、伝統に学びながらエビデンスを出しつつ、深化させている。
 雑草(「…という言い方はイヤなんで草(クサ)と呼んでます」とのこと)も生かし、十分なスペースをもって栽培されてて、稲穂の間あいだで咲いてる可憐な草花が可愛い♪ 「全ては土」。
 ま、あんま、シロートが農業話をすると“沼”に落ちやすいんで、そんなとこにするが、食う側・客側的なお気楽な視線をメモっとけば、「要」さんの田んぼは、

 自然か?不自然か?…と聞かれれば、自然!に見える
 美しいか?醜いか?…と聞かれれば、美し!く見える
 贅沢か?貧相か?…と聞かれれば、贅沢!に見える

 とオモタ。

 目はすぐに慣れるもんで、フツーの田んぼ/要さんの田んぼ…の境目に来ると、やはり「今のフツー」は不自然…には、見える。
e0254271_20491882.jpg
 蜻蛉とか蝶とか。
 低木の幹は、けっこー鹿に齧られてる。
 薄に松。
 田んぼの向こうに見える、朴の大木。その朴葉には昨ディネでお世話になりました♪

e0254271_20502352.jpg
*****

 次の目的地に出発する4人と別れ、ボクらは遠野ミニミニ観光。
 レンタカーを借りてる。
 遠野は観光地として見ると、けっこー広い。
 レンタサイクルという手もあるが、フツーにはタクシー…の料金を考えるとレンタカーが借りられるか。…じゃ、「レール&レンタカー」で。…ってな感じ。

 まずは綾織の「続石」。山中の謎の巨石…だと言う。
 遠野駅から10km弱。
 道路脇に「名勝続石 これより登り五百米」の碑と駐車場。山中へ分け入る。
 すぐに登り。歩くのに困難はないが、大雑把な整備の登山道…なのがイイ♪
 15分ほど進むと、ちょっと開けた「弁慶の昼寝場」。そしてそこから見上げた辺りに、林の木の間に挟まっているような大岩「泣石」がある。何やら不思議な眺め。
 ちょっと右手に進むと、デターーーー!!!、巨石「続石」の怪異な威容♪
 けっこー、唖然・呆然・ぽかーーん! 思ってたよりずっと、デカくて、変! (ググれば、7m x 5m x 2m)
 すんごい迫力で、怪しい空気が漂っている♪

e0254271_20512373.jpg
 名称・由来なんかは「遠野物語」参照アレ、かな。
 「遠野市指定天然記念物」らしくて、じゃあ天然か?…って、ま、岩は天然だろうけど、この作りはドルメンなんじゃなかろか?…って話らしい。
 まあ、岩ってクル…よなあ。世界ドルメン巡りでもしよーかなーw。
 よく見ると凄いのが、この続石、「2つの岩の上に巨岩が渡しかかってる」ように見えるのだが、近づいてよく見直すと、片方には1cnばかりの空隙があり、手前の岩だけに巨岩は乗っている…という形なのだ。
 しかし、よく東日本震災にも耐えたなあ(^^;)。

*****

 ひや~凄かたす♪ (あと、周辺にお店や自販機や看板の類がまったく無く、標識も最小限だけ。…ってのが、日本の観光地離れしてて素晴らしい)
 と、クルマに戻る。
 次、どうしようか…と相談するが、ボクらの貧弱な観光キャパ・タンクはけっこー満ちてしまったようだ。
 観光スポットは次の機会でもいっかあ…と「道の駅」へ。
 想像通り…というか、「カッパ捕獲許可証」やら「かっぱカレー」やらの素敵グッズを生温く眺め楽しんだ後、河童にはあまり関係ない産物を2,3仕入れる。

e0254271_20504543.jpg
 のんびりした後、はなはだ簡単ではございますが、レンタカーを返却。
 …と、駅のあたりに煙が立ち込め、何やら騒がしい。
 行ってみるとC58、「SL銀河」って奴なのであった。鉄じゃないんで萌えないけど。旅先でSL、けっこー出会うなあ。



[PR]

# by aqishii | 2018-10-11 20:55 | 美味しい日々 | Comments(0)
2018年 10月 10日

秋の兆しを岩っ手 -Celebrating the signs of autumn- (1)

 8月末~9月頭の話。「夏休み最後の思い出写真」整理中…モード(^^;)。
-----------------------------------------------------------

e0254271_13183377.jpg
 ストックホルム在住の友人から「日本へ帰るから岩手で呑もう♪」とのメール。
 何か知らんがそれは行かねばならんw。場所は遠野。
 遠野かあ。多少は日本のファンタジーにも関わる仕事をしていながら、遠野に行くのは初めてだ(^^;)。正確に言うと、通過したことはあるんだけど逗留は初めて。

 ランチ:焼鳥丼

 東京駅から東北新幹線でおでかけ。
 手短なランチなら何処ぞで食べられそう…なので、ざっと調べて、八重洲口の焼鳥「栄一」へ。
 11時15分くらいに行ってみたら玄関前の掃除中で、伺うと「11時半から」とのこと。
 出直して32分くらい着くと、もう数組が始まっていた。

 1階と地下があり、地下に案内される。
 昼はあっさりしたもんで「焼鳥丼」と「親子丼」の2種類だけ(それぞれ大盛可)。ビジネス街のランチらしい仕様で、はいソレはいソレと皆、たいらげていく。
 かなり多くの客が「焼鳥丼」をチョイスしていて、ワシらも焼鳥丼。
 ごはん・海苔に、もも・つくね・レバ・砂肝・鶉玉子…が焼鳥の串を外したような形で乗っかる。鳥スープとお新香。
 もう「見たまんま」としか言い様の無い、正統でまっつぐな丼。質実剛健ながらフワっとした焼鳥はさすがの名店。

e0254271_13205858.jpg
 新幹線ホームまで10分も見れば大丈夫だし、今日みたいなシチュエーションには覚えときたい感じだし、夜の本格焼鳥店モードも試したいね~。土日祝休…と、多少、休みは多い。

*****

 新花巻駅。
 ここで釜石線に乗り換える。新幹線と釜石線はほぼ直角に交差し、その交点に駅はあるのだが、釜石線新花巻駅を利用するには、新幹線駅から外に出て回り込んで地下を潜って…という経路を強いられる。
 そんな力関係(^^;)の路線は、1~3両程度(多くはワンマンカー)の編成でノンビリと走る。
 Stelaro駅からFolkloro駅まで小一時間。…ってさ、釜石線は別名「銀河ドリームライン」と言い、各駅はホーリーネーム…じゃないや、エスペラントでつけた別名称を持つ。…そうですわ。
 勿論、賢治にあやかって…のこと。さすが岩手です。
 Folkloro(遠野)駅は沿線中の主要駅。

 *ポテサラ団子・ベーコンクリーム 柚子・ワインのジュレ
 *くずきりと帆立の碗 青海苔がけ
 *雪下納豆のスフォルマート
 *帆立・大根の飯鮨 柿の葉
 *ヒラガニと雲丹のスープ仕立て
 *豚肉の熟鮓 胡桃・カリフラワー・実山椒
 *冬瓜 おおひらたけ・椎茸・木耳 鶏とその出汁
 *おにぎり茶漬(遠野1号) 2010年唐墨
 *コーン・ミモレット
 +民宿とおの 玄米スパークリング 遠野1号
 +どぶろく各種
 +14 Bonavita Rosato Terre Siciliane

e0254271_13215795.jpg
[AQ!]
 本日の宿、どぶろくオーベルジュ「とおの屋 要」は遠野駅前。…地図上は駅前なのだが「要」側に出口が無いのでグルっと回り込まないといけない(^^;)。
 近道は、駅を出てすぐ左手のスナック街…というか歓楽街路地を抜ける。抜けたところで左に折れると、釜石線を跨ぐ歩道橋。
 橋上からは駅や引込み線がパノラミックに望まれ、「鉄萌え」な感じw。
 …で、駅の反対側に回った辺りに、忽然と、趣きある囲いが現れる。

 「とおの屋 要」。そう言えば名前は伺ったことがあったけな…くらいの印象だったのだが、どぶろくニューウェーブの旗手。
 現代的なナチュールな、どぶろく作りに挑んでおり、ガストロ向けのわかりやすい話をすれば、Mugaritzでもペアリングに使われている。
 ご主人・佐々木要太郎氏は遠野最古の民宿「民宿とおの」(「要」に隣接)4代目であり、「とおの屋 要」は一日一組限定のオーベルジュとして営まれている。(詳しくは公式サイトをどうぞ)

 こちらでストックホルムのJさんら4名と合流して本日は6名で「一組」となる予定だが、ボクらが先着。17時過ぎ。夕飯は19時。
 いちばん乗り…で館内の案内。基本3部屋と小ぢんまりした宿は、うわービックリするくらい、落ち着いたお洒落さん♪ 民家調とアート調を上手に折り合いつけてる感じ。
 んで、おおそうだ「みんな来る前に風呂っちゃおうぜぃ」で、順繰りにお風呂をもらう。(檜がすんごく気持ち良さそ…だったから、とは言える(^^;))
 入ると、すんごく気持ちイイ(^^;)。勿論ただの沸かし湯だが、沸かし湯は馬鹿んなんない…その土地の水の入り心地は料理の食い心地に通暁するのだ!…という邪念を、比良山荘や徳山鮓で成長させているワシらは、今宵のディネへの期待を膨らませる(←バカw)。
「食堂は浴衣でいいですよ」と聞いたので、すっかり寛いで準備OK♪
 18時55分、仕事熱心な皆の衆も合流して、宴が始まる。

e0254271_13230579.jpg
[へべ]
 調度、アート、檜のお風呂、シャンプーやソープ、部屋の椅子、寝台、タオルケット…この空間内にあるすべてが目に心地良く、手触り良く、気持ちがゆったりほぐれてくるそんなオーベルジュでした。

ポテサラ団子
 じゃがいもサラダ。ベーコンとクリームチーズ。とろりとした柚子ビネガー。

[AQ!]
 大テーブルにつくと、卓上にクシャクシャに丸めた紙が放られている。おや、字が書いてあるぞ…とほぐしてみると、これがドリンクメニュー♪
 まずは泡…「民宿とおの 玄米スパークリング 遠野1号」で乾杯!

 ゴロリと芋…じゃがいも見立てのポテサラ…とでも言うか(笑)。お凌ぎ♪

くずきりと帆立の碗
 葛切りを被った帆立。楽しい食感。

e0254271_13240728.jpg
 さて、お猪口を選んで、どぶろく時代の幕開けである。
 ちなみに遠野市は、「どぶろく特区認定第1号」なのだ。
 まずはスタンダード。

[へべ]
 どぶろく。スタンダード、きもと、水もと、生酛の前?、など。
 水もとは古く鎌倉時代とか、生米を乳酸菌で。生酛は硝酸還元菌~亜硝酸でいったん無菌に。
 米の粒感、ふくよかできれいな酸味。賛否両論という玄米スパークリングは玄米の香ばしい香り。

雪下納豆のスフォルマート
 秋に大豆を収穫後に仕込んだ納豆を、朴葉でくるんで雪の下で熟成させたもの…が主役の一品だという。
 大ぶりなカマンベールくらいに成形し、表面は薄くこんがりパネしてある。てっぺんに黒い大粒のが一粒(とろりと柔らかくコク深く絶品)、中には納豆と枝豆、大根のもろみ漬など。
 これが旨い!

e0254271_13244712.jpg
[AQ!]
 めちゃウマ♪ 衝撃の美味さだガーン…とか言うよりはもうちょっと馴染みのある味わい…であるのだが、これがジワジワ、ジワジワと、やがて全身からジワジワ感がこみ上げてくるように、美味しい。

 で、どぶろく。ウチの亡くなった父親なんかも「ドブちゃん」とか言って作ってたもんだが、まあ近年、そう飲むものじゃなかったのだが、美味しいのだ、此処のどぶろく。
 すんご~く雑に言っちゃうと、日本酒より好きかも♪…とか呟いちゃうくらい(^^;)。
 真面目に言っても、ペアリング用途なんかには、とっても使い易いとオモタ。

帆立・大根の飯鮨
 緑深い柿の葉に、よく漬かった飯鮨。The発酵食…の誘惑。

ヒラガニと雲丹
 赤紫蘇の蓋を取ると、ヒラガニと雲丹のスープ碗。スターキャストの滋味な味わい。

豚肉の熟鮓 胡桃・カリフラワー・実山椒
 ヌッとそそり立つモダンな姿は、、、豚熟鮓!
 岩手の亜麻豚を、遠野1号・実山椒・ニンニク・塩で漬けて1ヵ月とか。
 うまいのなんのって、たまらんす♪
 やっぱ、ネームとかスワンローとか、アジア発酵肉料理をちょろっと思い出す部分もある味わい。

e0254271_13255230.jpg
[へべ]
 豚熟鮓、これは素晴らしい!
 表面炙って。実山椒。胡桃、カリフラワーなどピクルス。

[AQ!]
冬瓜 おおひらたけ・椎茸・木耳 鶏とその出汁
 卓上に現れる河童!、、、冬瓜鉢の射込みに緑の強い冬瓜で蓋をしているのが、カッパっぽいヽ( ´▽`)丿。
 中身は茸フェスタである。椎茸は「天然・栽培…というか、“勝手に”出たの」だそうw。
 へり削って側壁がペカペカになるまでいただく冬瓜の魅力♪

おにぎり茶漬(遠野1号) 2010年唐墨
 さっぱりと。本宴の“縁の下の仕掛け人”である遠野1号とここで直接ご対面w。
 そして、塩味に乗っている色濃い唐墨が、やたら凄い。聞くと、2010年の仕込みと言う。ぐむぅ(笑)。

e0254271_13264857.jpg
コーン・ミモレット
 お抹茶と。コーン香がフワッといただけて幸せ。
e0254271_13272667.jpg
 キャッキャと盛り上がっても気兼ねないのが、貸切のありがたさ(^^;)。
 めちゃ楽しいままに、箸が伸びる伸びる。美味しい。
 部分的には、イマジネイティブでイノベイティブな、モダンな料理なのだが、落ち着いた感じや打ち解けた感じ、胸襟開き固め!…みたいなワザの印象が上回るw。
 まあそこが発酵系料理の強みであろうが、こちらの連想が時に、岩手~賢治~遠野~國男…といった辺りを彷徨うのも確か♪
 翌日、田んぼ見学に行く折りに、要太郎さんに料理の方の基礎を聞いてみたのだが、
“まあ色々あるんだけど、「食べ歩き好きの独学」くらいが根幹”
 …みたいなことだった。
 それは、とても、腑に落ちる。



[PR]

# by aqishii | 2018-10-10 13:28 | 美味しい日々 | Comments(0)
2018年 10月 09日

ミシュランガイド京都・大阪+鳥取 2019

e0254271_22444480.jpg
 京都・大阪版10年目、に、鳥取が加わったw。
 10年連続3つ星は「菊乃井 本店」「吉兆 嵐山本店」「瓢亭」の3軒。
 火災の「千花」が3つ星から消えた。

 新規1つ星に「エニェ」の名が。
 見て、しょーじき言うと、「アレ、まだだったっけ?」と思ってしまったのだが(^^;)、おめでと~♪



[PR]

# by aqishii | 2018-10-09 23:05 | Michelin | Comments(0)
2018年 10月 08日

Top 100+ North American Gourmet Casual 2018

 OADの2018。
 この枠は昨年の「U.S. Gourmet Casual」の拡大版改編…というところか。

 ベスト10内維持が6軒。
 他のジャンル区分に比べると変動が激しいようで、「ランキングレース」と見ると楽しいのかもしれないが、ジャンル特性上、自分には各店の見当がほとんどつかないのがなあヽ( ´▽`)丿。
 その町に行くことになったら役立ちそうだけど。

01 Bouillon Bilk ↑
02 Rose's Luxury
03 The Loyalist ↑
04 Roberta's
05 L’abattoir ↑
06 Peche Seafood Grill
07 Bestia
08 Husk
09 Ox
10 Little Sister ↑

 いきなり首位を奪取したビストロ「Bouillon Bilk」は本年版から“対象”となったモントリオールの店。画像検索する限り、現代的な人気を呼びそうなインスタ映え。
 3位に入ったシカゴの「The Loyalist」は昨年122位から119ランクアップである(!)。
 2位の「Rose's Luxury」の料理ジャンルは「Eclectic/Southern」。…えーと、eclecticって何だっけ、と見ると「折衷料理」だ。…まあ、現代の料理なんてみんな折衷やんか~w、という話もあるが、今年ランキング200軒で「eclectic」と区分されてるのはこの店だけ。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



[PR]

# by aqishii | 2018-10-08 16:05 | OAD | Comments(0)